仕事が忙しくて、更新できませんでしたが、その反動で、ロンドンまで行ってきました。

試合が行われたWembley Stadiumはサッカーの聖地です。
IMG_1166
そこのロッカーはサッカー用に作られているため、アメフトの46人もの選手は納まりきりません。
オーナーから申し入れているものの、年に数回の興業のためだけに、なかなか改善してはもらえません。
なかなか進まないんなら、わしが買い取ろうという大金持ちの発想で、入札まで行ったわがオーナーの心意気に感じて、ここまでやって来ましたが、残念ながら、この試合の直前に札を取り下げたというニュースが入って来ました。

少しテコ入れが必要な老朽化したスタジアムかと想像していたら、立派な近代的なスタジアムでした。
ロンドン中心部から地下鉄で20分ほどです。最寄駅はWembley Park駅ですが、Wembley Central駅
から歩いてもそんなに遠くありません。

地下鉄の車内から、想像以上にアメリカからやってきたイーグルス・ファンがいっぱいで、スタンドも半分ぐらいはイーグルスファンです。でも、アメフトが好きなロンドン市民はいろんな応援するチームのユニホームを着ているので、かろうじて2番目に多いのがジャガーズファンという感じです。

Wembley Central駅から歩いていると、ジャガーズの年間シートを20年以上保有した記念品のキャップを被った筋金入りのファンのおじいちゃんが前を歩いていて勇気づけらました。気温は9°Cで、
観戦中は途中からダウンのコートを羽織りました。

残念ながら、4連敗を阻止することはできませんでしたが、ロンドン観光と観戦が一緒にできるので、見どころ一杯のツアーになりました。

この試合の後、Dante Fowler Jr.がラムズにトレードされました。来年キャップは厳しいので、とても契約更新はできませんでしたので、ここまで働いてくれて、来年の3巡と再来年の5巡は十分です。その前にブラウンズから5巡と引き換えにRBのCarlos Hydeを手に入れましたが、お釣りがきそうです。

Bye Weekの後、少しでも怪我を治して、いいプレーを期待します。できれば、後半戦のQBはBortlesではなく、Kesslerでいってもらったほうがうれしいです。