September 04, 2009

×キャラメルシフォンで比較撮影してみた3

 仕事で遅くなったのに残業食食べなかったから、町田の「和カフェ yusoshi」に初めて入ってみた。
 デザートのキャラメルシフォンを手持ちのトイデジ全部で撮ってみました。

ViviCam5050×キャラメルシフォン

 ViviCam5050。いちばん「見た感じ」に近いかなぁ。

AGFAPHOTO sensor 505-E×キャラメルシフォン

 AGFA sensor 505-E。み、見えねぇ……!これでも露出補正+2.0かけてます。暗所には弱いらしい。
 お店じゃ迷惑になると思ってやりませんでしたが、きのうフラッシュ焚いたら真っ白な画像ができあがったんだよな。

VQ1015 Entry×キャラメルシフォン

 VQ1015 Entry。周辺減光も相まって全体的になんだか「濃い」。デフォルトファームウェア。

Xiaostyle×キャラメルシフォン

 Xiaostyle。光量少ないところだと白い部分が青みがかるのがXiaostyleクオリティ。

デジタルハリネズミ×キャラメルシフォン

 デジタルハリネズミ。ピントがグラスのほうに当たっちゃったな……ISO800。とにかく赤い。

MiniDigiAF5.0×キャラメルシフォン

 MiniDigiAF5.0。オートフォーカスなのもあって「ちゃんと」写っているけれども空気感含めて色がやや浅い。

jadepebble at 00:12│Comments(2)TrackBack(0)試してがってん 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 駐在 de 中国語翻訳   November 02, 2009 20:12
ViviCam5050 に決めた 決め手記事です。
ありがとうございます
2. Posted by TwinStar∞   November 02, 2009 21:18
あ、ありがとうございますー??
お役に立てたようで何よりです!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔