[TRPG] ブログ村キーワード

剣神(4)
デモンパラサイト・リプレイ剣神(4)挑戦者 (富士見ドラゴンブック 25-7)著者: 力造 /グループSNE
出版社: 富士見書房
 富士見ドラゴンブックス
 デモンパラサイト・リプレイ
発行年月: 2008年05月
ISBN:9784829145289
本体価格 680円 (税込 714 円)


【K家の本棚 Amazon分館】

 せっかくの四巻。
 せっかくの四巻、なのに。

オロシ兄ちゃんが表紙じゃねえ〜!(涙)

 ええい、ヤンデレ沙織、どけい!
 そこはオロシ兄の指定席だったハズじゃあ!!
 グラビア2枚目の一番目に入りやすいところにブチ抜きだからって認めねえ!
 ぶち抜きのオロシよりも嵐にいに&ポッキーがルパンダイブしている方にどうしても目が行きがちだが、それは仕様だ諦めよう!(諦めるんかい)

……ああ、あれですか。
 かつて浜田よしかづさんがへっぽこ冒険譚2巻の挿絵書きの時に「表紙は女の子にしなくちゃいかん縛りがある」みたいな事を書いてましたけど(ブログ削除に付き、発言行方不明。魚拓っとけばよかった)、そういうオトナの事情ですかああそうですか。
 嵐にいにはちゃんと表紙張ってるのにさあ。
 5巻こそは……! 5巻こそは是非ともオロシ兄さんをっ!!(懇願)

 とまあ、表紙に関する愚痴はこの辺にしておいて。

 今回、こんなに金まみれでいいんでしょうか?
 演出が田中さん、という辺りなので余り気にしても負けという気がしますがさておき。
 私的には、青少年健全育成によろしくないが、まぁ面白いのでOKかと思います。
 だって、ある程度回復が自由な方が、ストレス無く話楽しめるしね。今回のように探す要素と日本神話の世界観を存分に楽しむ事に重きを置くならなおさら、そっちの方でストレスかけるよりも、プレイ上の方で追いつめていく方が絶対面白いって。(三角関係とか三角関係とか三角関係とかで)
 だから逆に、TRPG上級者がやるなら、いっそ回復リソースである金を渋りまくってストレス与えてのプレイも面白いかもしれない、と思ってみたり。ダブクロのデモンズシティ風の世界観で、食料配給制だと、多分結構カツカツプレイが楽しめるかと思うのよ。

 相変わらずテンポがよくて文章の勢い&ダイナミズムのある力造GMのリプレイっぷりも最高です。
 リプレイの良さというのは、やっぱりプレイヤーのセリフを如何に面白く拾い、且つそれを描写/GMの説明セリフで補うというところにあるんじゃないかなー、と思ったりしているので、そういう意味だと、やっぱりよくまとめてあるなあ、と毎回思うのだ。
 特に田中天さんの暴走っぷりとか。でもあのエリア51からのレーザービーム的な剛速球を、キャッチャー◎級の肩で受け止めているかのような丁々発止が出来るというのは本当に尊敬。あれを制御出来るのはクレバー先生及び昔からのゲーム仲間さんたち&きくたけだけだと思っていたよ(苦笑)

 後は描写のやり方かな。
 従来より連綿と続くSNE的なセリフだけで回すリプレイというよりは、F.E.A.R.的な描写を大事にするリプレイであるだけ、SNEリプレイとしてはかなりの異端に入るけれども、私はこういうのも好きだし、所属云々の方針に関わらずアリだと思う。
 それを補完し高めるのは、でもんぱ特有の「やった!クリった!ダメージどっかーん!」「ぐはあっ! どっこい生きてるなんとやら!!」って感じの丁々発止も強いんだろうね、きっと。「かわす」よりも「喰らう、しかし耐える(だけのHPがある)!」というシステムだと、当てる方も楽しいし、喰らう方もスリリングだから、結構ゲームしてるって感じがするのよねえ。ダイス目の悪くて、そもそも動き方が全然わからんという初心者でも、そこそこ楽しめるっていうのは、TRPG接触感染の為には重要だと思うのよ、うん。
 それをリプレイの形で綺麗に見せている、それは何よりの強みだと私は思うんだ。

 ちなみに今回のサブタイの「挑戦者」って、マヤマヤの事かなあ、と思ってみたり。
 敵方であり、世界秩序に対する「挑戦者」カイン、というのが主題なんだろうけど、ある意味マヤマヤもそうだよね〜、とふと思ったのだ。
 彼女とオロシ兄ちゃんの話はこういう幕切れだったけれども、いつかは二人が幸せを勝ち取るために「挑戦者」となって欲しい、そう願ってやまない結末ではありました。
 いやあ、河村さんのプレイヤー力、最高だあ〜!

……ところで。
 なんで相変わらず情報更新が薄いんですかでもんぱブログご本尊様(涙)

 とりあえず、今回の新刊に関係ある鬼御魂発売の話のところにトラバさせてもらっちゃおっと。
 相変わらず田中天さんのところにも図々しく貼りに行ってみたり。
デモンパラサイト異聞 鬼御魂 [Role&Roll TRPG] (Role&Roll RPGシリーズ)

 しかし、本当にご本尊様の元気がないのが少し寂しい限りです。
 あああ、さてはみんなSW2.0に駆り出されたな!そうに違いない!みんなそっちで忙しくてでもんぱ構ってくれなかったんでしょ!!(決めつけ)
 個人的にはでもんぱの方が好きなので、これからも頑張って欲しいところです。いやあマジでマジで。
 それはそうとして、このたびはうちの旦那を発売記念コンベンションにご招待下さいましてありがとうございます。いやあまさかあんなヒース兄さん流のお願いを通してもらえるとは思いませんでした(笑) ちゃんとるるぶも買いましたよ〜!
……でもそれって個人情報割れてるってこと?(多分違)
ソード・ワールド2.0ルールブック I (富士見ドラゴンブック 29-1)ソード・ワールド2.0ルールブックII (富士見ドラゴンブック 29-2)