2013年09月

2013年09月15日

2013 英国旅行記(9) 〜Meet and Greet with John Foxx @Regent Theatre, Ipswich, UK〜

[2013 英国旅行記(9)の前後を読む]

John Foxx And The Mathsのサウンドチェックとミート&グリートは17:30に
会場入口集合となっていたが、ちょっと早めにスタッフで照明エンジニアの
Chrisが迎えに来た。Chrisとは2012年9月にULTRAVOX Brilliant Tourを
観に行ったOxford公演以来の8ヶ月ぶりの再会だ。
持っていた名簿を見せてもらうとIpswich公演のVIPチケットを申し込んだのは、
我々2人を含む3組4名だけだった。



P1040508_JF_VIPpass_s640_UJ

参加者4人の名簿チェックをした後、VIPパスとお土産のUnderpassのプロモ盤CD
をもらい、Chrisの先導で再び会場の客席内に入る。



P1000535_JohnFoxxAndTheMaths_s10_UJ

客席に入ると既にサウンドチェックが始まっていた。
John Foxx And The Mathsのメンバーは、John Foxx (Vocal、Keyboards)、
Benge(Drum)、Hannah Peel(Keyboards、Violin)、 Serafina Steer
(Keyboards、Bass)の4人で定着していたが、今回のツアーにはSerafina Steer
は参加していないので、3人編成となっている。



P1000552_JohnFoxx_s10_UJ

John Foxx (Vocal、Keyboards)



P1000540_Benge_s10_UJ

Benge(Drum)



P1000575_HannahPeel_s10_UJ

Hannah Peel(Keyboards、Violin)



IMG_1753_JohnFoxx_s10_UJ

エンジニアと打ち合わせるJohn先生。

サウンドチェックは我々が見学し始めてから15分くらいで終了。
サウンドチェック終了後は、BengeとHannahは楽屋に戻り、John先生1人が
客席に降りてきた。(ミート&グリートはJohn先生とのみ。)
John先生とは、2011年10月に観に行ったJohn Foxx And The Mathsの
London XOYO公演以来の1年半ぶりの再会だ。

客席では、John先生のお話を参加者4人が取り囲んで聴くという形で、
先に行われたOMDに比べると、とても贅沢な人数比のミート&グリートが
行われた。

45分ほどJohn先生のお話と質疑応答が続き、最後に日本から用意していった
お土産を渡し、サインをもらって一緒に写真を撮ってもらい、お開きとなった。



P1000587_JohnFoxx_2_s7_UJ

元気そうなJohn先生。
お話からは、まだまだ創作意欲に溢れているという感じだった。
OMDのツアーに後からオープニングアクトに決まるという思いがけない形で
久しぶりに再会できて本当に嬉しかった。



P1040517_Underpass_s640_UJ

VIPパス購入者のお土産のUnderpass Remixのプロモ盤CD。



P1040519_Evidence_s640_UJ

Evidenceのブックレット。



P1040520_DNA_s640_UJ

手塚眞氏ともコラボレーションしたD.N.A.。



P1000434_TimeTable_s640_UJ

John先生とのミート&グリートが終わると18:30頃になっていた。
貼り出されたタイムテーブルによると、John Foxx And The Mathsの
ライヴは19:50から開始とのことで、まだ時間があるので、沢山買ったグッズ
を置きに一旦ホテルに戻ることにした。
(タイムテーブルが"John Fox"と"x"が一つ足りないのは、まあ御愛嬌と
いうことで。(笑))

(つづく)

jage at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2013 英国旅行記 
Recent Comments
Counter
My Blog List
AA