2014年02月26日

2013 英国旅行記(13) 〜Meet and Greet with OMD @Roundhouse, London, UK〜

[2013 英国旅行記(13)の前後を読む]



0001_P1010318_LondonRoundhouse_s640_OS

ホテルから歩いてライヴ会場のRoundhouseへ。
OMDのミート&グリートの集合時間の15:15よりも少し前に到着。



0002_P1010309_s640_OS

「Roundhouse」を日本語に訳すと「中央に転車台のある円形機関車庫」であり、
この円形の会場Roundhouseは、かつては機関車庫だったが現在はライヴ会場
となっている。キャパはスタンディングで3300人と大きめの会場である。
日本の会場と比べると、キャパ2700人のZepp東京よりもさらに大きい。



0003_P1010305_s640_OS

会場の外の壁には今後の予定が貼られている。
Adam Ant、Dead Can Dance、Atoms For Peace、David Byrne、Deep Purple、
Gary Numan、等、日本でもお馴染みのアーティストもライヴの予定がある。



0004_P1010310_s640_OS

翌週にライヴが行われるAdam Antのポスターがあった。



0005_P1010365_s640_OS

今晩のOMDのライヴについても貼ってあった。



0006_P1010312_s640_OS

中に入ってみる。



0007_P1010311_s640_OS

ステージは2階にある。



0008_P1010374_s640_OS

中も当然、円形になっている。



0009_IMG_2267_s640_OS

中の壁にはRoundhouseの歴史について書かれた資料が沢山貼られていた。
これはかつて機関車庫であったことを示す絵。



0010_P1010367_s640_OS

受付に行き、今日のチケットとVIPチケットの特典グッズを受け取る。
VIPの特典グッズは前日のIpswich公演でもらったものと同じものなので、
2013 英国旅行記(7) 〜Meet and Greet with OMD @Regent Theatre, Ipswich, UK〜
を参照のこと。
チケットはスタンディングだが、日本と違い整理番号の記載は無し。
イギリスでは整理番号順に並ばせるような慣習はなく、当日並んだ順に入場する。


0011_P1010377_s640_OS

VIPのリストバンドを装着。



0012_P1010375_s640_OS

Roundhouseでの物販。



0021_P1010557_s640_OS

16:00よりサウンドチェック見学開始で、フロアに入る。
VIPチケット保有者はGold Package(ミート&グリート無し)とPlatinum Packege
(ミート&グリート有り)を合わせて50〜60人くらいか。
円形の会場内。



0023_P1010559_s640_OS

円形の天井。


0024_P1010520_s640_OS

こんな感じでステージが設置されている。



以下、サウンドチェック中に撮影した写真を載せる。

IMG_2301_s10_OS

IMG_2302_s10_OS

IMG_2339_s10_OS

IMG_2379_s10_OS

IMG_2384_s10_OS

IMG_2417_s10_OS

IMG_2422_s10_OS

IMG_2425_s10_OS

IMG_2430_s10_OS

P1010383_s10_OS

P1010411_s10_OS

P1010428_s10_OS

P1010444_s10_OS

P1010454_s10_OS

P1010460_s10_OS

P1010469_s10_OS

P1010489_s10_OS

P1010490_s10_OS

P1010507_s10_OS





1時間弱でサウンドチェックが終わり、Gold Packageの人はここで一旦解散。
Platinum Packegeの人はこれからミート&グリートが始まる。
ミート&グリートの参加者は30人くらいだった。



P1010537_s10_OS

ミート&グリートの様子。その1。


P1010541_s10_OS

ミート&グリートの様子。その2。


P1010551_s10_OS

ミート&グリートの様子。その3。


P1010553_s10_OS

さて、我々の順番が回ってきた。
Andyとは今朝のIpswichのホテルのロビー以来、Paul、Martin、Malcolmも
前日のIpswichのミート&グリート以来と、会ったばかりで、前回、日本から
観に来たという大きなインパクトを残したことから、当然憶えていてくれて、
「やぁ、また来てくれたんだね!ありがとう!」という感じだった。
Paulからは「昨日、最前列に居たね!」と言われたので、ステージから客席は
よく見えているのだろう。
昨日お土産を渡すときに、自分達の名前と自分が運営しているファンサイト
OMD STATION ( http://jage.jp/omd/ )のURLを書いた付箋紙を貼りつけて
渡したが、マメなMartinは早速アクセスしてくれたようで、見たけど日本語
なので読めなかった。と言っていた。(笑)
記念写真はちょっとポジション取りが悪かったのか、Andyの顔が被って
しまった。(涙) でも、Ipswichのミート&グリートで撮影した6ショット写真
(この旅行記には未掲載)が上手く撮れていたのでヨシとすることにした。



P1040491_s10_OS

前日は"Architecture & Morality"のCDジャケットにサインをもらったが、
今日はツアーパンフレットにサインをもらった。

ミート&グリートは17:30に終了し、一旦解散となった。
一般客の開場時刻は19:00で、VIPチケット保有者の優先入場は18:45となるが、
優先入場まで まだ1時間ちょっと時間があるので、一旦ホテルに戻ることにした。

(ちなみに、Ipswichと同様にOMDのミート&グリートの後、John Foxx And The Maths
のVIPチケット購入者を対象としたサウンドチェックとミート&グリートもある
のだが、当日のスケジュールがわりと直前まで発表されなかったこともあり、
この日のJohn先生のVIPチケットは購入しなかった。)

(つづく)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jage/52522206