2014年03月16日

2013 英国旅行記(19) 〜おわりに〜

[2013 英国旅行記(19)の前後を読む]

2013年5月1日(水)〜5月6日(月)の4泊6日の日程を19回に分けて綴ってきた
「2013 英国旅行記」も最後にまとめて終わりにしたいと思う。

自分にとっては、ライヴ観戦旅行の終わりは「家に帰るまで」ではなく、
「旅行記を書き終わるまで」なので、長い時間が掛かってしまったが ようやく
自分の気持ちに一区切りつけることができた。

いつも旅行記の最後に書くこの「おわりに」では反省等が多いのだが、今回の
旅行でトラブルといえるのは、Stonehenge観光ツアーの送迎バスが来なかった
ことくらいで、それ以外は、OMDの最新ツアーも観れて、ヘッドライナー級の
オープニングアクトであるJohn Foxx And The Mathsも観れて、OMD、John Foxx
とのミート&グリートも参加できて、さらに、過去8回の渡英の中で初めて
移動もライヴ観戦も無い観光の日を設定することができたりと、大成功の旅行
だったのではないかと思う。
また、2泊や3泊の弾丸ツアー渡英といえども、渡英の際にいつも一番のネック
となるのは、どうやって休みを取るかなのだが、今回はOMDのツアー日程が
上手くGW連休にハマってくれたため、休暇取得に関する苦労が無かったのも
良いことだった。

充実した大成功の旅行ということで、「おわりに」をダラダラ書くのは
止めにしたいが、最後に一点だけ。

何かといえば、OMDのメンバーMalcolm Holmesのことである。
今回観戦したOMD English Electric Tourであるが、5/14(火)のOMDの地元
Liverpool公演を最後にUKツアーは終了し、その後はオランダ、フランス、
ベルギー、ドイツ、デンマーク等の欧州ツアーや、アメリカやカナダ等の
北米ツアーを行った。そして、7/19(金)のカナダのTronto公演にてステージ上
の温度が45℃以上にもなり、演奏中にMalcolmが熱中症になってしまうという
アクシデントがあった。もちろん、その日のライヴは中止となり、また、
Malcolmは2004年に心臓発作で倒れたこともあることから、数か月はドラムを
叩かないよう医師からのアドバイスもあり、2013年に予定されていた残りの
ライヴ予定は全てキャンセルすることになった。
その後、11/20のOfficial Siteのニュースによれば、Malcolmはゆっくり
だけれども確実に回復しているとのこと。但し、医師からは完全に回復する
には6か月から1年が掛かるとのことだった。復帰するのは早くても2014年の
5月から11月になりそうとのことだが、この旅行記を書いている2014年3月16日
現在は、まだMalcolmを含むメンバーでのOMDのライヴ活動再開はまだ発表
されていない。
確実に回復しているとのことで一安心だが、無理せずに病気療養をして
早く良くなって欲しいと思う。English Electric Tourの日程はほぼ毎日
ライヴ開催という過密気味のスケジュールだったので、今後はライヴの日程を
最低でも1日おきにする等、余裕を持っても良いので、また4人で活動再開
する日が来ることを心から祈っている。

過去の旅行記と同様に今回も大変長くなってしまいましたが、
最後まで読んでくださった皆様、どうもありがとうございました。

(おわり)


IMG_1956_s640_OS

(写真はStonehenge観光で購入した模型。)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jage/52524831