2014年06月02日

2013-11 英国旅行記(9) 〜15/11/2013 Depeche Mode @Phones 4u Arena, Manchester, UK LxIxVxE Report〜

[2013-11 英国旅行記(9)の前後を読む]

(各画像はクリックで拡大)

オープニングアクトのThe Jezabelsが終了し、休憩時間が40分ほど経過した
21:03に会場にDelta Machineの1曲目である"Welcome To My World"のイントロ
の重低音が流れる。最近のツアー(Touring The Angel、Tour Of The Universe)
の1曲目はアルバムの1曲目でスタートしていたが、今回のツアーもそうだった。
このイントロはアルバムのテイクとは異なり、長めに延ばされ、ライヴ向けに
アレンジが加えられている。
イントロの流れる中、メンバーが登場。

Members:
- Dave Gahan (lead vocals)
- Martin Gore (guitars, backing and lead ocals, keyboards)
- Andy Fletcher (keyboards)

Touring members:
- Christian Eigner (drums)
- Peter Gordeno (keyboards, bass, backing vocals)


01_P1050094_s640_DS

Daveが両手を上げてクルクルと回り始めた姿がカッコ良く、Depeche Mode
を観ているんだという実感が急に沸いてきた。
Delta Machineは低音が重視されたアルバムであると思うが、この低音が
ライヴではどのように聴こえるのか凄く興味があった。もちろん、ライヴ会場
にて体中で浴びる低音はCDの比ではない凄いものであった。



02_P1050122_s640_DS

02_P1050142_s640_DS

2曲目は"Angel"。ここまでの2曲はDelta Machineと同じ曲順なので、まるまる
CDの再現となった。



03_P1050158_s640_DS

03_P1050167_s640_DS




04_P1050186_s640_DS

3曲目は"Walking In My Shoes"、4曲目は"Precious"と最近のツアーでは
必ず演奏される定番曲が続く。
この後に演奏される定番曲もそうであるが、バックで流れる映像は使い回し
ではなく、ツアー毎に変更されているようで、2009年の前回のツアーである
Tour Of The Universeで観た時と違っていた。



05_P1050216_s640_DS

5曲目は久しぶりにセットリストに入った"Black Celebration"。



06_P1050225_s640_DS

6曲目に再びDelta Machineから"Should Be Higher"。後ろのスクリーンで
火花が散るカッコいい演出の中が、Daveの「♪Love is all I want〜」という
裏声がとても心地良い。



07_P1050247_s640_DS

07_P1050255_s640_DS

7曲目は"Policy Of Truth"。個人的にはDepeche Modeの中で一番好きな曲
なので、待ってましたという感じだ。



08_P1050265_s640_DS 09_P1050284_s640_DS

ここでMartinとサポートメンバーでKeyboardsのPeter以外のメンバーが下がり、
Martinのソロコーナーの始まり。ソロコーナーはDelta Machineからの
"The Child Inside"と旧曲"But Not Tonight"の2曲を楽器は弾かずに
ヴォーカルに専念して感情を込めて歌われた。Martinが"But Not Tonight"を
歌い終わっても観客の「♪Oh〜 Oh〜 Oh〜 Oh〜・・・」の大合唱が終わらず、
楽屋から戻ってきたDaveが煽って、さらに大合唱は続き、感動的な場面となった。



10_P1050313_s640_DS

10_P1050327_s640_DS

Martinのソロコーナーの8曲目、9曲目が終わり、10曲目はDelta Machineから
5曲目となる"Heaven"。アルバムリリース前の先行1stシングル曲がここで登場。
バックのスクリーンに映る3人をフィーチャーした映像が曲とマッチしていて
良かった。



11_P1050331_s640_DS

11曲目は"Behind The Wheel"。ここから人気定番曲の嵐が始まる。



12_P1050339_s640_DS

12_P1050351_s640_DS

12曲目は"A Pain That I'm Used To ('Jacques Lu Cont's Remix' version)"。
なんとこの曲ではPeterがBassを弾いていた。さすが多才なPeter。



13_P1050370_s640_DS

13曲目は"A Question Of Time"。Daveのマイクスタンドを持ってクルクル回る
パフォーマンスと終盤の小刻みな手拍子が盛り上がる曲だ。



13_P1050378_AntonCorbijn_s640_DS

曲の途中で、最前列の客が柵の中にいる誰かに握手を求めている光景が、私の
座っているスタンド席から見えたのだが、誰かと思ったら、ツアーに同行して
いたAnton Corbijnだった。



14_P1050396_s640_DS

14曲目は"Enjoy The Silence"。超人気曲ということもあり、観客の盛り上がり
も合唱も凄い。



15_P1050465_s640_DS

15曲目は"Personal Jesus"で、サビの"♪Reach out and touch faith"に
合わせて観客は両手を上げる。
これが本編最後の曲となり、5人がステージから下がる。



16_P1050472_s640_DS




16_P1050480_s640_DS

アンコールは、まずはMartinとPeterの2人だけが登場し、16曲目は2回目の
Martinのソロコーナーとる"Condemnation"。



17_P1050491_s640_DS

そして、
他の3人も登場し、5人が揃った17曲目は"Halo ('Goldfrapp Remix' version)"。



18_P1050515_s640_DS

18_P1050544_s640_DS

美しいバラードが2曲続いた後の18曲目は"Just Can't Get Enough"。
ヨーロッパ1st Legではこの曲でFletchの笑いを誘うキーボードソロコーナーが
あり、それを楽しみにしていたのだが、今回観に行ったヨーロッパ2nd Legでは
残念ながら無くなっていた。



19_P1050561_s640_DS




20_P1050630_s640_DS

19曲目の"I Feel You"を挟んで、最後となる20曲目はお決まりの
"Never Let Me Down Again"。曲の途中からDaveの合図で観客全員が両手を左右
に振って会場が一体となって盛り上がり、内容の濃かった約2時間(117分)の
ライヴに幕を閉じた。

20_P1050665_s640_DS




21_IMG_1037_s640_DS

ライヴ後は宿泊しているホテルのバーにて、Manchesterの地元のエール
Boddingtonsで素晴らしかったライヴに祝杯を挙げた。



ここでセットリストについて振り返ってみる。
各オリジナルアルバムからの演奏曲は下記の通り。

Speak & Spell (1981)・・・1曲
A Broken Frame (1982)・・・なし
Construction Time Again (1983)・・・なし
Some Great Reward (1984)・・・なし
Black Celebration (1986)・・・3曲
Music For The Masses (1987)・・・2曲
Violator (1990)・・・4曲
Songs Of Faith And Devotion (1993)・・・3曲
Ultra (1997)・・・なし
Exciter (2001)・・・なし
Playing The Angel (2005)・・・2曲
Sounds Of The Universe (2009)・・・なし
Delta Machine (2013)・・・5曲


全20曲中、新譜"Delta Machine"からの曲が5曲、旧曲が15曲の割合だった。
新譜のツアーだというのに新譜から5曲というのはちょっと少ない。
ヨーロッパ1st Legでは新譜から、"Soothe My Soul"、"Secret To The End"、
"Goodbye"等の3曲も演奏され、さらに同一会場2公演目(例えばLondon The O2
公演 2Days等)では"Soft Touch/Raw Nerve"が演奏されていたのだが、
ヨーロッパ2nd Legではバッサリとカットされてしまった。前回のツアー
Tour Of The Universeも日程の都合上、ヨーロッパ2nd Legを観に行ったのだが、
ヨーロッパ1st Legで演奏された新譜の曲が数曲カットされていたので、
2nd Legを観に行く宿命として覚悟はしていたのだが、やっぱりちょっと残念
だった。
Delta Machine収録曲の中ではDeluxe Edition Disc 2収録の"All That's Mine"
が個人的には好きなので、サプライズ的に演奏してくれることを期待したが、
さすがにそれは無かった。
また旧曲は中期に集中しており、初期や最近の曲が少ない。それでも最近の
曲の中では前々作の"Playing The Angel"から"Precious"がツアーの定番曲に
なりつつあるが、前作の"Sounds Of The Universe"からは何故か1曲も無し
というのが意外だった。次のツアーでは前作や0曲のアルバムかも是非演奏して
欲しい。

あと、ツアーを観るタイミングについてだが、今回のツアーは2013年5月4日に
スタートしてから、自分が観る11月15日までに半年経っているわけであるが、
その間にフェスに出演した際のストリーミング中継が何度かあり、それを
観てしまったため、ライヴの内容がネタバレしてしまい、実際に生で観た時の
新鮮味が薄れてしまっていた。
前述の2nd Legは新譜からの曲が減るという話とあわせて、ネタバレ対策
としても、次回のツアー(4年後の2017年頃?)は、出来るだけ都合をつけて
1st Legで観たいと思った。

セットリストの内容や新鮮度についていろいろと書いてしまったものの、
やはり生でDepeche Modeを観れたという感動は大きく、短期弾丸ツアーで
無理してでも観に行った甲斐のある本当に良いライヴだった。



15/11/2013 Depeche Mode, The Delta Machine Tour @Phones 4u Arena, Manchester, UK

Setlist:
01. Welcome To My World [Delta Machine]
02. Angel [Delta Machine]
03. Walking In My Shoes [Songs Of Faith And Devotion]
04. Precious [Playing The Angel]
05. Black Celebration [Black Celebration]
06. Should Be Higher [Delta Machine]
07. Policy Of Truth [Violator]
08. The Child Inside [Delta Machine] (Martin Solo)
09. But Not Tonight [Black Celebration] (Martin Solo)
10. Heaven [Delta Machine]
11. Behind The Wheel [Music For The Masses]
12. A Pain That I'm Used To ('Jacques Lu Cont's Remix' version) [Playing The Angel]
13. A Question Of Time [Black Celebration]
14. Enjoy The Silence [Violator]
15. Personal Jesus [Violator]
-----Encore-----
16. Condemnation [Songs Of Faith And Devotion] (Martin Solo)
17. Halo ('Goldfrapp Remix' version) [Violator]
18. Just Can't Get Enough [Speak & Spell]
19. I Feel You [Songs Of Faith And Devotion]
20. Never Let Me Down Again [Music For The Masses]

(approx. 117min)
(カッコ[]内は収録オリジナルアルバム。
なお、Remix Versionもオリジナルアルバムを記した。)


(つづく)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jage/52535857