2014年06月08日

2013-11 英国旅行記(12) 〜帰国〜

[2013-11 英国旅行記(12)の前後を読む]

英国滞在最後の日となる英国4日目の11/17(日)がスタート。
最後の滞在日といっても、朝4:00に起きて8:05の帰国便に乗らなければ
いけないので、ほんのわずかな時間しかない。
しかも帰国便は羽田空港に日本時間の11/18(月)4:55に到着し、家に帰って
スーツに着替えて、8:30までに普通に会社に出勤しなければいけないので
とても慌ただしい。



P1050745_s640_DS

朝4:00に起きて身支度をして5:00にチェックアウト。
7:00開始の五つ星ホテルの朝食は泣く泣くパス。以前の2012年のOxford滞在
でも帰国便の時間の都合で五つ星ホテルの朝食をパスせざるを得なかったが、
短期弾丸ツアーには付き物のことなので、仕方が無い・・・。

歩いてHeathrow空港ターミナル5に行くと、まだ5:00ということもあり、
ロビーはガラガラだった。ちなみに、ターミナル5はBritish Airways専用と
なっている。
帰国便のBA007は事前に座席指定のできない航空券なので、通路側の席を確保
するために早めにカウンターに行ったが、席は余裕で空いていた。



P1050746_s640_DS

出国審査を済ませ、免税店のエリアに入るとパブが沢山あるので、HUXLEYS
というパブに入る。このお店は2011年の渡英でも入ったことがあるが、
ビールがいろいろ揃っていることがわかったので、また入った。



P1050747_s640_DS

イギリス滞在最後のエールはLONDON PRIDE。



P1050751_s640_DS

朝食はEnglish Breakfast。大好きなので何度食べても飽きない。(笑)



P1050752___IMG_1073_s640_DS_s640_DS

朝食を食べ終わって免税店で買い物をしてのんびりする。
出発時刻は8:05、ゲートクローズは7:35なので、チンタラと7:25頃に
ゲートまで移動しようとしたところ、出国ロビー出口のゲートの案内には
電車のマークが・・・!?
出国ロビーからゲートまではモノレールを使う必要があることをすっかり
忘れていた。これは本当にヤバイと思い、次に来たモノレールに乗り、
ゲートのある建物に到着するとそこからは猛ダッシュ。走ってゲートに
向かっているときに、「今、ゲートクローズしました。」とのアナウンス
があったが、なんとか滑り込むことが出来た。のんびりしすぎて乗り逃し
たら洒落にもならない・・・。今後は気を付けようと思った。
ちなみに日本のカウンターだと、出発時刻の30分前がゲートクローズだと
すると、さらにその30分前にはゲートに行くようにと航空券にペンで書いて
くれるので、日本らしくてとても親切だなぁと思った。



P1050752_s640_DS_s640_DS

帰国便のBritish Airways BA007便。



P1050755_s640_DS

走って機内に入ると、ゲートクローズして出発間近だというのに、座席は
ガラガラだった。ビジネスクラスにはほとんど乗客はいなかったし、
エコノミークラスでもほとんど空席で、パラパラと人がいただけだった。
現地8:05発、日本4:55着と不便な時間の運行なので不人気な便だと聞いていた
が、ここまで乗客が少ないとは思わなかった。
不人気便のせいか機体もけっこう古かった。機内エンターテイメントの
システムも古く、iPhoneを充電するつもりだったがUSB端子も無かった。
あと直行便だと普通は日本人のCAさんがいるのだが、日本語を話せるスタッフ
しかいなかった。
しかし、その分、航空券代も安く、機内が静かでトイレも混まなかったのは
快適で良かった。



P1050759_s640_DS

離陸してすぐに朝食のサービス。さきほど空港のパブでEnglish Breakfastを
食べたばっかりだったが、機内食もEnglish Breakfastだった。(笑)
ManchesterでDepeche Modeのライヴを観るという目的を達成し、無事に帰国便
に乗れたことにホッとして、タイガービールで祝杯を挙げる。



P1050761_s640_DS

いつも機内ではビールを飲みまくるのだが、今回は帰国して出社しなければ
いけないので、ビールは1杯で止めておいた。



P1050766_s640_DS

日本に到着する直前に機内食が出た。確か鶏の照り焼きだったか。



日本には11/18(月)4:55に到着予定であったが、実際には30分早い4:25には
羽田空港国際線ターミナルに到着した。この30分の貯金は大きい。
入国審査を済ませ、預けていたスーツケースを受け取ると、宅配便の
カウンターへ行く。スーツケースを宅配便で自宅に送る手配をして身軽になる。
5:33の京急の始発に余裕で乗ることができた。その後、京急、JRと乗り継いで
6:30には自宅に到着し、お風呂に入って、スーツに着替えて、自宅を出て、
始業時間の8:30には十分に余裕を持って出社することができた。
今回は家に帰るまでではなく、無事に出社するまでが旅行の終わりだったので、
これにて3泊4日イギリス・マンチェスターのデペッシュ・モード海外遠征が
終了した。
会社の人間は誰も、私が木・金の2日間の休みを取ってイギリスに行っていた
とは思わないだろう。(笑)

最後に、次回(13)でまとめて、長かった旅行記も終了とする。

(つづく)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jage/52536688