2014年06月09日

2013-11 英国旅行記(13) 〜おわりに〜

[2013-11 英国旅行記(13)の前後を読む]

2013年11月14日(木)〜11月18日(月)の3泊4日の日程を13回に分けて綴ってきた
「2013-11 英国旅行記」も最後にまとめて終わりにしたいと思う。

毎回書いていることなのだが、自分にとっては、ライヴ観戦旅行の終わりは
「家に帰るまで」ではなく、「旅行記を書き終わるまで」なので、長い時間が
掛かってしまったが ようやく自分の気持ちに一区切りつけることができた。

今回は早朝羽田着の帰国便(BA007)を利用して帰国日に普通に出社し、2日間の
休暇取得のみの3泊4日でイギリスManchesterでDepeche Modeのライヴを観るという、
2012年の2泊3.5日でイギリスOxfordにULTRAVOXを観に行ったときと同じくらい
タイトな旅程に挑戦したわけだが、無事に成功することができたのが大きな
収穫だった。今後もどうしてもイギリスでライヴを観たいが2日しか休暇が
取れないときに使える策をまた広げることができた。

しかし、今回利用したBritish Airways BA007便はヒースロー8:05発、
羽田4:55着であったが、その後2014年3月30日に運航時刻の改正が行われ、
これを書いている時点(2014年6月9日)では、ヒースロー11:30発、羽田7:20着
と一般的に便利な時間帯にシフトしてしまった。羽田着が7:20になってしまうと、
帰国日に8:30に出社するには直接羽田空港から職場に向かう必要があったり、
もしくはまったく別の航空会社の便を使う作戦に変更する必要があったりする
わけだが、何度も短期弾丸ツアーをしていると、そういったことを考えるのも
けっこう楽しいもので、こんな自分のことだから、きっと次回はまた新しい策
を考えることだろう。(笑)

今回の旅のメインイベントだったDepeche Modeのライヴのほうは、ライヴ
レポートの本文にも書いたが、(おそらく2017年頃の)次回のツアーは、
ツアー序盤でネタバレの可能性も低く、ニュー・アルバムからの曲数も多いと
予想されるヨーロッパ1st Legの公演を是非観に行ければと思う。観に行ける
ように今からコツコツと作戦を練っていきたいが、発表されるツアーの
スケジュールや、そのときの自分の都合もあるので、こればっかりはどうなるか
わからないが、どんな手を尽くしても行ってやるぞ!という意気込みで可能な
限り頑張りたいと思う。

過去の旅行記と同様に今回も大変長くなってしまいましたが、
最後まで読んでくださった皆様、どうもありがとうございました。

自分の経験、アイデアが何かの役に立てばと思い、旅行記を書いているので
参考にしてくださった方がいらっしゃれば幸いです。

(おわり)

P1050705_s640_DS


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jage/52536907