2014年08月23日

2011 英国旅行記(7) 〜John Foxx先生と再会 @XOYO, London, UK〜

[2011英国旅行記(7)の前後を読む]

英国2日目の10/25(火)がスタート。

昨晩はけっこう酔ったので遅くまで寝ていて、朝食の営業時間ギリギリに
ホテルのレストランに行ったら大行列だった。
席利用で効率の悪い一人客は後回しにされたのだが、同じく1人のドイツ人の
おじさんが一緒に食べようと声を掛けてくれたので2人組になり、すぐに席に
着くことができた。



P1150268_s640_UJ

朝食はビュッフェ形式のEnglish breakfast。
英国旅行の楽しみの一つである。
食べながらドイツ人のおじさんと話したところは出張でLondonに来ていて、
日本の企業に勤めているとのことで、親近感がわいた。



P1150269___IMG_3885_s640_UJ

食べ終わった後は、ホテルの周辺をぶらぶらしてみる。
Vodafoneの広告に塗られたユニオンジャック柄のタクシーが走っていた。



P1150294_s640_UJ

P1150297_s640_UJ

ホテルの近所にある今夜のライヴ会場XOYOを下見。

中に入ってみると、ロビーでカフェ営業をやっていた。
まだチケットを受け取っていないので、今交換できるかスタッフに訊いたら、
今は対応していないとのことだった。
またホテルに戻る。

ホテルに戻ると、
ちょうどHeathrowに着いたあたりから仕事関連のメールがいくらか届いていた
のでそれを処理したり、昼寝したりして、夕方までのんびり過ごした。

18:00を過ぎて、私より1日遅れの10/25(火)の便でイギリス入りするCから
ホテルに到着したとの電話が入った。今まで1人だったが、Cが到着し心強い。
ホテルでCと合流し、19:00頃に会場のXOYOに行ってみる。



P1150302_s640_UJ

XOYOの入口にはタイムテーブルが貼ってあった。
前座は2組で、Tara Buschが20:15から、Gazelle Twinが21:05から、
ヘッドライナーのJohn Foxx And The Mathsは21:55からと、John先生の
出演はけっこう遅い。

中に入ってみると、John先生のマネージャーのSがいた。Sとは2008年9月に
高田馬場AREAで行われたJohn Foxx来日公演以来の3年振りの再会。
John先生はどこにいるのか訊くと、あそこだよと指をさした先のロビーの
ソファーでは、John先生がインタビューを受けていた。
少し経ってインタビューが終了し、John先生がこちらに来て我々を見つけて
くれたので挨拶をする。John先生とも3年振りの再会。3年間長かったなぁ・・・。
ちなみに、Cは2010年にLondonのRoundhouseで行われたデビュー30周年記念
ライヴを観に行っているので1年振りの再会。
この後にやるサウンドチェックを観るよう誘っていただいたので、お言葉に
甘えて会場の中に入りサウンドチェックを見学させてもらう。
初めて観る4人編成のJohn Foxx And The Mathsはカッコ良かった。

サウンドチェックが終わり開場までまだ時間があるので、John先生とゆっくり
話す時間を取ってもらえることになった。
まずは日本のお土産をJohn先生に渡す。

そしてここからが今回の渡英における重要な大仕事だ。

この渡英の7ケ月前の2011年3月11日に東日本大震災が起こってしまったが、
John先生とスタッフの皆様がOfficial Site "Metamatic"のフォーラムにて
日本のファンに向けて下記のメッセージをくださった。

---------------------------------------------------------
(03/15/11 09:29 PM)
Message to fans in Japan...


Everyone here in Britain is very moved by the quiet courage of the Japanese people as we see the great difficulties you are overcoming.

We hope this terrible time may soon be over.

Our thoughts are with you.

John Foxx, Benge, Louis Gordon, Steve Malins, Karborn, Rob Harris, Cerise Reed, Jonathan Barnbrook, Chris 1 and Chris 2.

---------------------------------------------------------

このJohn先生達のメッセージに対して、Cが取りまとめ役となって
ファンの有志でお礼のメッセージのカードを書き、それを集めたポスターを
作成した。そしてこのポスターをJohn先生に渡すというミッションが今回の
渡英にはあった。
この場においてJohn先生にポスターを渡し、また、その際にJohn先生から
日本のファンに向けての新たなメッセージを直筆でいただくことができた。
無事にミッションを達成することができ、Cと2人でホッとして大喜びをした。

なお、そのポスターと直筆メッセージについては、2011年12月3日(土)に開催
された「第24回 ULTRAVOX OFF会 & 2011忘年会」の場で、メッセージカードを
書いてくださった方々にもお渡しした。
(もともとポスターはネット上では非公開という約束だったので、ここでは
載せません。)

John先生と別れた後は、そのまま会場に残って良いとのことだったので、
あらためて入口から入場することはせずに、会場に残った。
20:00になると開場し、客がフロアを埋めていった。



P1150303_s640_UJ

物販を見てみる。
CDやTシャツ等が売られていたが、その中で持っていなかった
John Foxx And The Mathsの新作のTシャツを購入した。



P1150304___IMG_3477_s640_UJ

John Foxx And The Mathsの新作のTシャツ。



20:15になり、前座が始まる。



P1150308_s640_UJ

P1150313_s640_UJ

前座の1組目は女性ソロアーティストのTara Busch。
ヴィンテージシンセを演奏しながら歌うというスタイルなのだが、
日本のタレントのベッキーがヴィンテージシンセをゴリゴリいじっている
ように見えるミスマッチ感が良い感じだった。
サウンド的には、明らかにJohn FoxxやGary Numanの影響を受けている
ような感じだった。



P1150315_s640_UJ

21:05からは前座2組目のGazelle Twin。
中東的なルックスの2人組。ジャンルはIndustrial-pop。
こちらもJohn Foxxの影響を受けているような感じだった。



前座2組も終わり、いよいよヘッドライナーのJohn Foxx And The Mathsの
ライヴを待つだけとなった。

(つづく)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jage/52547481