2014年09月09日

2011 英国旅行記(12) 〜Erasureライヴ前〜

[2011英国旅行記(12)の前後を読む]

Westcliff駅から会場のCliffs Pavilionに向かう。
Southend-on-Seaは地球の歩き方等のガイドブックにも載っておらず、日本人
観光客はあまり行かない場所である。
日本に住むイギリス人の友人に、Southend-on-Seaを日本の観光地に例えて
もらったところ、「熱海」とのことだった。
確かに熱海っぽい感じがする。

海沿いというかテムズ川の河口沿いを歩く。

01_P1150928_s640_JE

02_P1150930_s640_JE

03_P1150926_s640_JE

05_P1150929_s640_JE

会場が見えてきた。



04_P1150927_s640_JE

熱海だとすると10月の今はシーズンオフなので、沢山あるFish & Chips屋さん
も全て閉まっている・・・。
もしここで食べれるなら、きっと美味しいに違いない。



06_P1150650_s640_JE

16:00くらいに会場に到着。手前に停まっているのはツアーの機材やステージ
セットを運んできたトラックだろう。



07_P1150925_s640_JE

会場側面。



08_P1150661_s640_JE

会場Cliffs Pavilionの正面。



09_P1150651_s640_JE

近々の催し物のフライヤーが貼ってある。



10_P1150654_s640_JE

本日の催し物のErasure Tomorrow's World Tourのポスター。



11_P1150671_s640_JE

会場に入り、まずはBox Officeに行く。
チケット購入時のE-Mailをプリントアウトしてきたものとクレジットカード
を見せて、預かってもらっていたチケットを無事に受け取り、ホッとする。
ライヴ直前に日本に発送されてしまったら受け取れなかったので、Box Office
預かりに変更できて本当に良かった。
1階のスタンディングは避けて、2階席5列目中央を購入した。

その後、まだ時間があるのでホテルにチェックインをしに行こうとしたところ、
突然豪雨になったので会場のロビーで雨宿りをする。
すると、Erasureファンのカップルが我々に話しかけてきた。
話を聞いてみると、なんとはるばるアルゼンチンからErasureを観に来ている
とのこと。アルゼンチンといえば我々日本よりもさらに遠くイギリスへは
片道20時間は掛かる国だ。
前日のLondonのRoundhouse公演も観に行き、サウンドチェックに入れて
もらったそうで、そのときの動画を見せてくれた。
「最前列でまた会おう!」と言われ、その場は別れたが、我々は2階席だったり
する・・・。(^^;



12_P1150663_s640_JE

豪雨も止んで、会場の目の前にあるホテルWestcliff Hotelに行き
チェックインを済ませる。



13_P1150665_s640_JE

ホテルの入口。
部屋はとても良い感じのホテルだった。



14_P1150920_s640_JE

開場の19:00のちょっと前に、またライヴ会場に向かう。



15_P1150659_s640_JE

入場する。ここは会場のロビー。



16_P1150656_s640_JE

会場のロビーから見える景色。



17_P1150657_s640_JE

18_P1150658_s640_JE

会場の目の前にテムズ川の河口が広がる。



19_P1150679_s960_JE

Erasure Tomorrow's World Tourの物販。(画像はクリックで拡大)
自分用には右側の黒いツアーTシャツを購入。
残念ながら今回来れなかったErasureの大ファンの相方へのお土産として
Tシャツ3種、トートバッグ、パンフレット、と沢山購入した。
沢山購入したので物販の店員に覚えられ、ライヴ後に物販の前を通ったときに
挨拶をしてくれた。(笑)



20_P1150678_s640_JE

こちらはオープニングアクトのFrankmusikの物販。
Tシャツ2種。



21_P1150680_s640_JE

2階の席に着く。
1階のスタンディングは、まだ人が疎らである。
先ほどのアルゼンチンからのファンはきっと最前列をゲットしたのだろう。



22_P1150687_s640_JE

オープニングアクトのFrankmusik。
今回のErasureのツアータイトルになっているアルバム"Tomorrow's World"
のプロデューサーでもある。



23_P1150689_s640_JE

音はシンセポップだった。

オープニングアクトのFrankmusikが終わり、いよいよヘッドライナーの
Erasureの登場を待つだけとなった。

(つづく)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jage/52549809