2014年10月14日

2011 英国旅行記(14) 〜Southend-on-SeaからLondonへ、Pub Cambridgeで充電〜

[2011英国旅行記(14)の前後を読む]

感動のErasureのフルライヴから一夜明けた英国4日目の10/27(木)がスタート。



01_P1150914_s640_UJ

やっぱり朝食はホテルのレストランでEnglish Breakfast。
ここSouthend-on-SeaのホテルはLondonのホテルよりも品数が充実していて
美味しかった。

朝食を食べ終わると、荷物をまとめてLondonに帰る準備をする。



02_P1150937_s640_UJ

ホテルから歩いてWestcliff駅へ。



03_P1150936_s640_UJ

このNational Railに乗ってLondonの終点Fenchurch Street駅に向かう。
50分ほど乗ってLondonのFenchurch Street駅に到着。Tower Hill駅まで歩いて
地下鉄Circle Lineに乗り、Moorgate駅で降り、歩いてLondonで泊まって
いるホテルに向かう。



04_P1150949_s640_UJ

途中の道にHMV。



05_P1150950_s640_UJ

London市警察の騎馬警官もいた。

Londonのホテルに到着し、荷物を整理してから、今度はLondon中心部の
Oxford Circusに向かう。



06_P1150954_s640_UJ

ホテル最寄のOld Street駅からNorthern Line、Central Lineと乗り継いで
Oxford Circus駅へ。
目的はといえば、現在発売中の雑誌2冊を探しに来た。



06_P1150955_s640_UJ

Oxford CircusのHMV。この店舗はイギリスにあるHMVの中ではおそらく最大規模
であるが、目当ての雑誌は無かった。



07_P1150956_s640_UJ

ちょっと歩いて、Tottenham Court Road駅近くのQueenの"We Will Rock You"
のミュージカルを上演しているDominion Theatreの前を通る。
フレディ像。ここはいつ来ても変わらない。



CDショップや書店を何店か寄ってみたが、残念ながら目当ての雑誌は
見つからない・・・。
あきらめムードであったが、Tottenham Court Road駅からLeicester Square駅
の間にある通りの大きな書店に入ったところ、目当ての雑誌が2冊とも見つかった。



08_IMG_4151_s640_UJ

1冊は雑誌"ARTROCKER"でJohn Foxx先生とGary Numanの記事が載っている。



09_IMG_4150_s640_DM

もう1冊は雑誌"Q Magazine"でU2のアルバム"Achtung Baby"を様々な
アーティストがカヴァーしたCD "(Ahk-toong Bay-bi) Covered"が付録として
付いている。この中には、Depeche Modeがカヴァーした曲"So Cruel"も
収録されている。これが真の目当て。



10_IMG_3929_s640_UJ

欲しかった雑誌も手に入り、ホッとしてPubに入る。
このPub "Cambridge"は気に入っていて、行くのはこれで3度目だ。



11_P1150959_s640_UJ

ハンドポンプのリアルエールがずらりと揃っている。
やっぱりイギリスに来たら、英国リアルエールを飲まないと。



12_P1150960_s640_UJ

Tributeという度数4.3%のリアルエールを1パイントのサイズで頼み、充電。



13_P1150962_s640_UJ

料理はFish & Chipsと



14_P1150965_s640_UJ

Mushroom Pieを頼んだ。どちらも美味しかった。

遅めの昼食としてPubで充電した後は、最寄のLeicester Square駅から
Piccadilly LineとNorthern Lineを乗り継いでホテルのあるOld Street駅へ。
駅で夕飯(軽食)を買ってホテルに戻り、今夜のJohn Foxx And The Mathsの
ライヴに備えて、のんびり過ごした。

(つづく)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jage/52554642