2014年12月04日

2014 英国旅行記(2) 〜決断〜

[2014英国旅行記(2)の前後を読む]

ここではErasure The Violet Flame TourのBrighton公演とCardiff公演を
観に行く決断に至った経緯について書きたいと思う。

2014年 5/27(火)の夜、会社から帰宅してtwitterを見ていると、
ErasureのOffcial twitterより新譜とツアーに関する告知があった。
新譜のタイトルは"The Violet Flame"で9月22日にリリース予定、
またツアーは8月から始まり、UKでは15公演を行う予定とのこと。
そのUKツアーの日程は下記の通り。
(***の印を付けた12/15 London公演は後日発表された追加公演。)


Erasure_2014_UKtour


NOVEMBER 2014
WED 12 - READING - Hexagon
THU 13 - SOUTHAMPTON - Guildhall
SAT 15 - NOTTINGHAM - Royal Court Concert Hall
SUN 16 - GUILFORD - G-Live
MON 17 - BRISTOL - Colston Hall
WED 19 - ABERDEEN - Music Hall
THU 20 - EDINBURGH - Corn Exchange
FRI 21 - GLASGOW - O2 Academy
SUN 23 - BRIGHTON - Dome
MON 24 - CARDIFF - St David's Hall
TUE 25 - PRESTON - Guildhall
FRI 28 - NEWCASTLE - O2 Academy
SAT 29 - WOLVERHAMPTON - Civic
SUN 30 - MANCHESTER - Apollo

DECEMBER 2014
SUN 14 - LONDON - The Forum
MON 15 - LONDON - The Forum ***




この日程の中で、観に行けそうな日がないか考えてみたところ、
「11/23(日) Brighton Dome」があった。日本では11/23(日)は
勤労感謝の日で祝日であり、11/24(月)が振替休日のため、
11/22(土)、11/23(日・祝)、11/24(月・休)と3連休になる。
日本〜イギリス直行便の格安チケットの対象となる現地イギリスでの最低
宿泊数3泊を満たそうとすると、
11/21(金)と11/25(火)の2日の休暇を取得しての11/21(金)〜11/25(火)の3泊5日、
もしくは
11/25(火)と11/26(水)の2日の休暇を取得しての11/22(土)〜11/26(水)の3泊5日、
のどちらかの日程が2日間の休暇取得で可能となる。
過去の旅行記にも書いたが、私の仕事の都合上、平日3日以上の休暇は取得
しづらいが、2日までならなんとか休める状況にあるのでこの3連休に絡める
日程は都合が良い。
しかも会場のBrighton Domeは、2005年5月にJohn Foxxを、2009年4月にUltravox
を、と2度も行ったことがある会場であり、勝手がわかっているため
さらに都合が良い。
Erasureの大ファンである相方にも訊いてみたところ、Brighton公演なら
休暇の取得や自分達のスキルも大丈夫そうとのことで、Brighton Domeの1公演
を観に行くことに決めた。

また、今回のツアーには下記の内容のVIPチケットが設定されていた。

・the best 30 seats available in each venue
・a meet & greet with Andy & Vince
・a CD of 'The Violet Flame' delivered to you on release

・各会場で最良の30席の配席
・Andy BellとVince Clarkeとのミート&グリート
・新譜"The Violet Flame"を発売日に発送


価格は事前発送するCDとチケットの梱包と発送の料金も含めて£120。
(当時のレートで約20,000円)
せっかくなのでVIPチケットを狙ってみることにした。
過去に購入した他のアーティストのVIPチケットの様子からすると
20〜30人限定と思われるので、競争率は高く瞬殺が予想される。

チケットの発売日は日本時間で、このニュースが流れた5/27(火)の翌日
5/28(水)の17:00からPledge Musicのサイトにおいてと急である。
急といっても、過去に購入した他のアーティストのイギリス公演のチケットも
ツアー日程発表の翌日もしくは翌々日にチケット発売というスケジュールは
当たり前のようによくあることだったので、驚くことではなく、
対応できるようにすぐにいろいろな準備をすることにした。
翌日5/28(水)17:00にパソコンの前に待機し、クリック勝負に参戦。
Pledge Musicのわかりづらいサイトの構成に戸惑いながらも
11/23(日)Brighton公演のVIPチケット2枚をゲットすることができた。
無事にVIPチケットも買えたので、当日の夜は前祝いでビールで乾杯した。

この時点で3泊5日の日程を、11/21(金)〜11/25(火)か11/22(土)〜11/26(水)の
どちらにするかはまだ検討中であるが、前者なら11/22(土)が、後者なら
11/24(月)がフリーの日となるので、その日にBrightonもしくはLondonで
催されている他のアーティストのライヴが観れないか探してみる。
すると、下記のライヴが出てきた。

11/22(土) Brit Floyd @Brighton, The Brighton Centre
11/22(土) Bryan Adams @London, The O2
11/24(月) Jesus and Mary Chain @London, Troxy


Erasureを観る会場Brighton Domeのある同じBrightonで行われるBrit Floyd
(Pink Floydのトリビュートバンド)を観ることにし、3泊5日の日程は
下記に決めた。

11/21(金)日本発→英国着
11/22(土)Brit Floyd @Brighton
11/23(日・祝)Erasure @Brighton
11/24(月・休)英国発→
11/25(火)日本着



しかし、少し気になることがあった。というのは、1回の遠征で本命(Erasure)
のライヴが1公演のみというのは、けっこう危険である。海外のライヴは
意外と中止になることが多い。また、中止にならなくても、たまたま変な客
のいる席の近くになったりして、楽しめないこともある。(この辺の話は日本
も同じか。) 実は過去のライヴ観戦渡英の中で1発勝負(1公演勝負)を何回か
やったことがあるが、大成功だったときもあれば、残念ながら不完全燃焼で
辛酸をなめたときもあった。
そんな経験もあったので、弾丸ツアーといえどもせっかく海外まで行くの
だからもう1公演は保険としてなんとか2公演観れないものかと考えてみる。
一番手っ取り早いのは、11/23(日)Brighton公演の翌日の11/24(月)Cardiff公演
に行くことである。CardiffといえばWales国の首都であるが、Londonから
遠いイメージのあるWalesに行くなんて全く頭に無かった。そして調べてみると
Londonから電車で2時間であり、それほど遠いわけではないことがわかった。
しかし、11/24(月)はBrightonからCardiffまで移動しなくてはいけないので、
4〜5時間の大移動となる。慣れない大移動をした後にライヴ観戦というのは
ハードである。
ツアーの発表のあったのが5/27(火)、Brightonのチケットを購入したのが
5/28(水)だったが、5/29(木)、5/30(金)はCardiffをどうするべきか
しばらく悩んでいた。

慌ただしい週であったが、仕事も終わった週末の5/30(金)の夜、相方と
家で飲み会をする。そのときにCardiff公演も観ることにして合計2公演観る
ことを相談してみた。相方も1公演のみは危険だと考えていたこともあり、
話し合った結果、Cardiffも行くという結論になった。
お互い、大移動は大変だと思いつつも、酒の力で気持ちが大きくなっていた
のかもしれない。(笑)
そこで、飲むのを一時中断し、パソコンに向かってPledge Musicのサイトに
アクセスしてCardiffのチケットを購入することにする。
LondonのVIPチケットは発売日の5/28(水)に瞬殺で売り切れてしまっていたが、
幸いなことに地方公演の一部ではまだVIPチケットが残っていた。
もちろんVIPチケットを2枚購入。
こうして下記の3泊5日の日程でErasureを2公演観ることに決めた。

11/22(土)日本発→英国着
11/23(日・祝)Erasure @Brighton
11/24(月・休)Erasure @Cardiff
11/25(火)英国発→
11/26(水)日本着



Erasure


(つづく)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jage/52560907