2014年12月18日

2014 英国旅行記(5) 〜HeathrowからBrightonへ〜

[2014英国旅行記(5)の前後を読む]

さて、これからBrightonへ。
Brightonへは過去2回、2005年と2009年に行っているが、そのときはいずれも、
Heathrow Terminal 1 2 3 駅から地下鉄Piccadilly Lineに乗り、
South Kensington駅でDistrict Lineに乗り換えVictoria駅へ、
Victoria駅からNational RailでBrightonへ、というルートだった。
今回はブリットレイルパスを持っているので、ちょっと変えて、
Heathrow Central駅から地下鉄ではなくHeathrow Expressに乗り
Paddington駅へ、地下鉄Circle Lineに乗り換えVictoria駅へ、Victoria駅から
National RailでBrightonへ、という地下鉄Circle Lineの区間以外は
ブリットレイルパスが使えるルートにすることにした。



P1090606_s640_JE

ということで、Heathrow空港ターミナル2からHeathrow Express乗り場に
通じる出口へ。



P1090607_s640_JE

新しくできたターミナル2には何か長さ78メートルのアルミニウム製の
巨大オブジェ「スリップストリーム」があった。



P1090608_s640_JE

ターミナル2出入口。ここから出てきた。



P1090611_s640_JE

地下にあるHeathrow Expressの乗り場へ。

窓口にてブリットレイルパスのヴァリデーション(利用開始手続き)を
してもらう。
2012年に同じ窓口でヴァリデーションをしてもらうとしたら、なんと
スタンプが置いてなくて、窓口が行列のPaddington駅でやってもらうように
言われたことがあり、今回もまたスタンプが置いてないのか・・・と
不安がよぎったが、さすがに2年経った今回はさすがにスタンプがあった。

ヴァリデーション後にホームに行くとすぐにHeathrow Expressが来た。
1st Class(1等車)の車両を探すが、見つからないのでとりあえず乗り込む。
乗ってから1等車を探そうとするも、ありそうな気配がないので、iPhoneを
使ってネットで調べてみると、Heathrow Central駅からPaddington駅まで
ノンストップのHeathrow Expressではなく、各駅停車のHeathrow Connect
だった・・・。2つの路線はHeathrow Central駅では同じホームを共用
しているので、乗り間違いに注意とのことだった・・・。
所要時間はExpressは15分、Connectは30分で、自分が乗って
しまったConnectの次のExpressは18分後であり、どちらに乗っても時間は
あまり変わらないことから、まあヨシとすることにした。
知らなかったので1つ勉強になった。今後は間違えずにExpressに乗るように
しよう・・・。



P1090613_s640_JE

各駅停車のHeathrow ConnectがPaddington駅に到着。
写真はPaddington駅で撮影したHeathrow Connect。



P1090614___P1040781_s640_DS

ちなみにこちらが本来乗るはずだったHeathrow Express。(2013年11月撮影)



P1090614_s640_JE

Paddington駅にて、Heathrow Expressのホームから地下鉄のホームへ移動し
Circle Lineに乗り換える。
しかし、ここでまた同じ間違いを繰り返す。
乗っている地下鉄の行先がCircle Lineの行先ではないではないことに気付く。
気付いた次の駅であるHigh Street Kensington駅で降りる。
先ほどのHeathrow ExpressとConnectと同様に、Circle LineとDistrict Line
が同じホームを共用していてDistrict Lineに乗ってしまっていた。
思い込みで行動せず、落ち着いてよく確認してから乗ることにしようと
気を引き締めた。
今後2度と使用することがないであろうHigh Street Kensington駅から
今度こそCircle Lineに乗り、Victoria駅へ。



P1090616_s640_JE

地下鉄のVictoria駅からNational RailのVictoria駅へ移動。
Paddington駅でもVictoria駅でも地下鉄の駅にエレベーターが無いので
スーツケースを持って階段を上り下りする乗換は本当に大変である。

電光掲示板で見つけた17:35発のBrighton行きの列車の出発する16番線ホームへ。




P1090624_s640_JE

運営会社がSouthernであるこのNational RailでBrightonへ。



P1090630___P1090633_s640_JE

1等車(First Class)の車両を探したところ、他の運営会社だと
1編成に2両くらいあるものだが、1両のうちの一部である12席が割り当てられた
車両が1編成に3両あるだけだった。

とりあえず乗り込む。



P1090631_s640_JE

1車両のうち1等車の部分は写真に写った6席と反対側の6席を合わせた12席のみ。
荷物置き場は無かった・・・。
仕方なく通路にスーツケースを置く。
車両自体は混んでいるのだが、片道1時間程度に1等車の料金を払う人は
いないようで、誰も乗ってこない。
いつも書いているが、Londonから郊外への移動で苦労するのは、列車での
スーツケースを置く場所や自分の座席の確保なので、多少高いお金を払っても
それらが確保しやすい1等車での移動はとても楽である。



P1090634_s640_JE

約1時間乗り、18:30頃に終点のBrighton駅に到着。



P1090635_s640_JE

Brighton駅は湾曲した櫛形ホームである。



P1090642_s640_JE

改札口。
2009年はここでNick Caveに遭遇した。



P1090643_s640_JE

駅の中にかわいいポストがあった。



P1090644_s640_JE

Brighton駅の外観。
すっかり暗くなっていたので、Brightonを出発する昼間にまた撮り直す
ことにする。

駅でタクシーに乗り、約1km先の目的地Hotel The Grandへ。



P1090673_s640_JE

すぐにHotel The Grandに到着。



P1090674_s640_JE

憧れのHotel The Grand。
夜はライトアップされていてカッコいい。

タクシーを降りると、映画「さらば青春の光」でStingもやっていた
ベルボーイさんにスーツケースを運んでもらって中へ。

ロビーに入ると、独特なセレブ感が漂っていることに気づく。
土曜日ということもあり、何かパーティーが催されているようで、
着飾った人が沢山いる。
そういえば、ドレスコードのことなんて全然考えてなかった。
五つ星の高級ホテルなのだから、それなりの人が集まって当然か。
しまった〜 (^^; と思いながら、フロントでチェックインを済ませる。
ベルボーイさんに案内してもらって部屋へ向かう。
ベルボーイさんと話した際に、「Erasureのライヴを観に来ました」と言ったら
何故か「隣の?」と言われた。確かに隣にThe Brighton Centreというライヴ
会場はあるが、ライヴが行われるのは、少し離れたBrighton Domeである。
何故そう言われたのかは後でわかることになる・・・。

部屋に入り荷物の整理をして一休みした後、夕食を食べに行くことにする。
以前行った リアルエールフェスティバルをやっていたPubが近くにあるので
そこに行こうかと思ったが、せっかくなのでホテルのレストランに行くこと
にする。
しかし、ドレスコードに引っかかるかもしれないので、一応調べてみたら
スマートカジュアルとなっており、まあ大丈夫でしょうということで
行ってみることにした。(^^;

土曜日ということで予約でけっこう一杯だったようだが、カウンター席
に通してもらえた。



P1090678_s640_JE

Pubではないので樽生のエールは置いておらず、BIG BENというボトルのビール
を選ぶ。
無事に目的地のBrightonに到着したということで乾杯。



P1090681_s640_JE

このBIG BENは度数5.8%のブラウンエールで美味しい。



P1090683_s640_JE

LancashireのBlackburnに醸造所があるThwaites Breweryという
マイクロブルワリーのビールで日本では見たことが無い。
日本で飲めないビールを飲むのも英国旅行の楽しみの一つである。



P1090687_s640_JE

おつまみの1品目はマッシュルームのペースト。
凄い量である。



P1090695_s640_JE

そして2品目は楽しみにしていたFish & Chips。
メニューには料理名が「Pollock'n' chips」で、
説明には「Beer battered Sussex pollock with triple fried chunky chips
and tartare sauce」(ビール入りの衣をつけたSussexのタラと3度揚げした
大きな塊のチップスとタルタルソース)と書いてあった。
巨大サイズのお魚の衣の中はとてもホクホクしている。
海が近いBrightonで食べるFish & Chipsは美味しい。

美味しいエールと料理でしっかり充電して、日本出発から数えると
30時間以上起きていて長かった英国初日に幕を閉じた。

(つづく)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jage/52562637