先週突然歯というか、歯茎から頬に掛けて痛みが・・・。鈍痛。何か歯に挟まったのかと思ってフロスでちょうど左上の犬歯の1本奥(名前知らないので)の歯の間の奥まで掃除しようとすると、激痛(泣 これはイカンと以前に知り合いから良いと聞いていたパース駅前の歯医者さんを予約。渡豪8年目ですが、初めてのオーストラリアでの歯医者さん。高いですから、こちらの歯医者は。保険入ってても。普段は日本に帰国した際に行きつけの歯医者さんにまとめて治療してもらってましたが、今回は痛みが出てしまっているので。恐ろしい・・・。

明るい感じの診察室、キレイな歯医者さん。とりあえず診て、レントゲン。大分虫歯が・・・。この痛みは確実に神経が侵されていて、かなり死んでいるそうで、早速根管治療(Canal Treatment)をしましょう、とのこと。俗にいう神経取るってやつですね、コレは。治療前にはもちろん料金の説明。あと2回通院が必要だそうです。並行して他の虫歯も一緒に治しましょうと。とりあえずこの根管治療で$1300(約12万円)掛かるそうですよ。うぐぐ・・・。やはりダブルで痛い・・・。 覚悟はしてましたので、承諾します。すると早速おっきい注射登場orz  左顔面神経痛状態で、うがいしてもダラーって左から水が漏れますw ウィーン、ガガガガ、ゴリゴリゴリ―、ウィーン、シュポーっと削る削る。で、何だかゴムみたいなのを口の周りに付けられ、かなり歯の奥までなんか細い棒を突っ込んでます。神経取ってるみたいですね。ちなみにこのゴムは非常に大事らしいです。根管治療は中の細菌を根絶してしまわないと、治療後蓋をしてしまうので、再発すると抜歯等かなり酷いことになるらしいです。このゴムは、治療する歯だけ顔を出して、あとの歯はゴムの下に隠してしまうので口腔内の細菌が侵入しづらく、根管治療の成功率も90%以上になるそうでして。ちなみにゴムがない場合のそれは30%以下だそうですよ。ラバーなんちゃらとかいう名前でしたかね。

ちなみに、日本ではこのラバーなんちゃらは保険点数にならないそうで、敢えてお願いしないとつけてくれない歯医者さんが多いそうです。何故ならこのラバーなんちゃらは金にならないから。保険点数つかないので。根管治療の際はこれを必ずお願いして下さい。何も言わなくても使ってくれる歯医者さんは非常に良心的らしいですよ、もしアナタの歯医者さんがそうなら、アナタはラッキー。大事にしてあげて下さい、誠実な歯医者さんですよ。ちなみに日本の根管治療は1500円から3000円程度だそうです。良いですね、日本は安くて・・・。

話が逸れました。

まあゴリゴリとやって、ようやく借りの蓋をしてもらって終了です。そして物理的恐怖から開放された(まだ顔面神経痛中ですがw)あとは、お待ちかね、心理的恐怖でございます。はい、お会計。$590也!で、ワタシの加入しているプライベートの医療保険は40%負担、ということで今回はなんとか$240程度で収まりました・・・。さてさて、次の予約は今週の金曜日であります。いやはや恐ろしい。みなさん、歯の定期健診は6ヶ月毎だそうですよ。でもまあ日本は安いですからね、治療しても。オイ

ランキング参戦中です!とお願いしますっヾ(*´∀`*)ノにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村