April 19, 2016

帝京大学大学院公衆衛生学研究科では、本年9月に第48回アジア太平洋公衆衛生学術連合国際会議(Asia Pacific Academic Consortium for Public Health:APACPH) 2016を開催いたします。
本会は、アジア太平洋の公衆衛生学の実務家や研究者が協力し、実践活動を推進し、人々の生命と健康を守るための総合的な問題解決に取り組んでいくことをめざす学会です。

APACPH2016は、メインテーマを「過去をしのぐ未来へ:社会を変える保健医療専門職の力」‟Create a healthy future from the past with competent professionals”としてアジア太平洋地域における公衆衛生の研究者や実践者の成果を議論し、将来にわたり成果を社会に還元する人材育成について検討します。、一般演題での研究発表も受け付けています。
日本国内で参加できる国際学会ですので、皆様のご参加をお待ちしています。
会期中は、WHOからの演者をはじめ、帝京大学の提携校であるハーバード大学、ケンブリッジ大学、マヒドン大学等からの演者による講演もあります。
http://www2.convention.co.jp/apacph2016/program.html

【学会名】第48回アジア太平洋公衆衛生学術連合国際会議
(APACPH:Asia Pacific Academic Consortium for Public Health) 2016
【日時】2016年9月16日(金)〜19日(月・祝)
【場所】帝京大学板橋キャンパス大学棟
https://www.teikyo-u.ac.jp/access/itabashi.html
https://www.teikyo-u.ac.jp/access/itabashi.html

【プログラム等】
http://www2.convention.co.jp/apacph2016/index.html

【登録締め切り】
Early Bird Registration:  7月29日(金)
Standard Registration:   8月31日(水)

【参加費】
Early Bird Registration:  4万円 (学生 3万円)
Standard Registration:  5万円 (学生 4万円)

【学会に関するお問い合わせ】
日本コンベンションサービス(Japan Convention Services, Inc. )
E-mail: apacph2016@convention.co.jp


April 11, 2016

GHIT Fund(公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金)主催のパブリックイベント【GHIT on the Ground -Innovation and Impact】(2016年6月7日(火))についてご案内します。

GHIT Fundは、開発途上国で蔓延する感染症のための治療薬・ワクチン・診断薬の研究開発・製品化を推進するため、日本の製薬企業5社、日本国政府2省、そしてビル&メリンダ・ゲイツ財団の共同出資によって2013年4月に設立されました。
設立三周年を記念して開催する本イベントでは、GHIT Fundが現在投資する2つの臨床試験に携わる研究者がパネリストとして登壇し、住血吸虫症の小児用製剤開発と、マラリアワクチン開発の事例を取り上げ、臨床試験に至るまでの経緯や現在の進捗、今後の製品化に向けた課題などに迫ります。関心・興味がある方はぜひご参加ください。(ウェブからの事前参加申し込みが必要となります)。

【日時】2016年6月7日(火)14:00 – 16:30
【会場】六本木アカデミーヒルズ49F タワーホール
【入場料】無料(事前のWeb登録が必要です。参加者が上限に達し次第、登録締切。)
【使用言語】英語・日本語 (同時通訳)

【Session 1: パネルディスカッション】
・ ムヒディン・カッシム・マヘンデ 氏 タンザニア イファカラ保健研究所 クリニカルリサーチオフィサー
・ 小島 宏行 氏 アステラス製薬株式会社技術本部製剤研究所 主管研究員
・ ソディオモン・ビアンヴェニュー・シリマ 氏 ブルキナファソ国立マラリア研究センター エグゼクティブディレクター
・ 堀井 俊宏 氏 大阪大学微生物病研究所・附属難治感染症対策研究センター 分子原虫学分野教授

【Session 2: Partner Expansion】
・ 登壇者は後日ウェブサイトにて発表いたします。



April 05, 2016

日本国際保健医療学会第31回東日本地方会
演題の応募期間を延長致しました。

演題応募締切:2016年4月20日

詳細につきましては、以下の学会ホームページをご覧下さい。
http://www.mdbj.co.jp/jaih_31east/index.html

どうぞ奮ってご登録ください。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

日時:2016年5月21日(土)
場所:国立保健医療科学院(埼玉県和光市)
大会長:曽根智史 (国立保健医療科学院)


jaih at 16:49東日本地方会編集レベル2 

March 30, 2016

学会公式ウエブサイトを更新しました。

COIに関する指針、個人情報取扱規定などをあらたに掲載しました。

http://jaih.jp/



March 15, 2016

第31回東日本地方会を平成28年5月21日(土)に国立保健医療科学院
にて開催致します。

  現在、演題募集中(締切:4月8日)です。

今回は「貢献できる人材を育てる−UHC、UHC政策を中心に−」をメインテーマ
とし、人材育成が個別技術から政策開発に移行しつつある現実を踏まえ、これから
の途上国の保健医療人材育成のあり方を皆様と議論したいと考えております。

今回、公開ディベートやワールドカフェ、JICAプログラムの途上国研修員による
特別プレゼンテーションなど、新しい試みも行う予定です。

詳細につきましては、以下の学会ホームページをご覧下さい。
http://www.mdbj.co.jp/jaih_31east/index.html

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


jaih at 18:26東日本地方会編集レベル2 

March 01, 2016

2016年2月27日(土)
日本国際保健医療学会 第34回西日本地方会は
お陰様で盛会のうちに終了いたしました。
ご参加いただきました皆様、ご協力いただきました関係者の皆様に
心より御礼申し上げます。

大会長 中野 貴司


jaih_west34th at 15:46西日本地方会編集レベル2 

February 09, 2016

日本国際保健医療学会 第31回東日本地方会の
ホームページを公開いたしました。

http://www.mdbj.co.jp/jaih_31east/index.html

演題募集期間は、2月15日から4月8日となります。

日時:2016年5月21日(土)
場所:国立保健医療科学院(埼玉県和光市)
大会長:曽根智史 (国立保健医療科学院)


jaih at 10:04東日本地方会編集レベル2 

December 18, 2015

日本国際保健医療学会第34回西日本地方会
一般演題の登録期間を延長致しました。

登録受付締切:2016年1月6日(水)正午

詳細はHPをご覧下さい。
http://www.med-gakkai.org/jaih-w2016/endai/index.html

どうぞ奮ってご登録ください。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

テーマ:「国境を越えて健康を守る」
会 期:2016年2月27日(土)
会 場:川崎医科大学 現代医学教育博物館(岡山県倉敷市)
大会長:中野貴司(川崎医科大学小児科学 教授)

jaih_west34th at 11:05西日本地方会編集レベル2 
Twitterでjaih_officialをフォローしましょう
@jaih_officialを
twitterでフォロー
QRコード
QRコード
直近のアクセス

    累計アクセス
    • 累計:

    • ライブドアブログ