前回自動車ネタ(高速道路制限速度引き上げ)をしたためていた時にふと思い出したことがあります。

私も運転をし始めてかなり長い年月が経過しましたが、最初に日本で運転した時に「日本独自の運転マナーや習慣に困惑したものです。

019be5bb0c9e391364df59a7e2cbb4b9
今でも車幅灯だけで走る車多いですね・・・・なぜ?

 
車幅灯だけで走る車が多い日本。
交差点で停止するたびに消灯する車(現在は激減)。
雨や霧でもないのにフォグランプを付けるバカ。(あえてバカと呼ばせていただく)
逆に悪天候なのにライトを点灯しないバカ。(これもバカと呼ばせていただく)

車のライトの本来の目的
自動車のライトの本来の目的は言うまでもなく暗い時に自らの視界を確保するためです。
しかし、同時に周囲の第三者から認識されやすいように目立つための目的もあります。 
もちろん、日本では車は今なおファッション的道具の一つですから、ライト類がドレスアップのための道具の一つとされている点も否定できません。

このライト類もそれぞれに用途があり、ヘッドランプは夜間や悪天候下での視界確保、そしてその他車両、歩行者等から安易に自車の存在を認識させるためのものです。
テールランプは当たり前ですが視界確保の目的はなく、第三者に自車を認識させるためのもので、その特殊なものがブレーキランプです。これはブレーキ作動中にしか点灯しないことは誰もが知っている通りです。

車幅灯(ポジションランプ)はその目的が少々曖昧です。
おそらくはヘッドランプ程の明るさは不要だが、自車の存在を認めさせる補助ランプといったところなのでしょうか。
あるいは、車幅灯点灯時には車内のメーター・計器類の照明も点灯するのでその視認性を確保するのが主目的なのかもしれません。

現在ではほぼ絶滅しましたが、かつては日本車には「駐車灯」というスイッチがあり、駐車中に車幅灯とテールランプが点灯するという今から考えれば謎の仕組みが備わっていました。

方向指示灯(俗にウィンカーと呼ばれていますが、和製英語ですw)は言うまでもなく右左折時に出すものです。

これに加えて、最近の車の多くがフォグランプを装備する様になりました。
このフォグランプもさらに分ければスポットランプ、ドライビングランプ等、輝度や照射範囲、バルブの色などにより分類されます。このフォグランプは特に悪天候時、濃霧の際に視界を確保するための補助的照明として使われるべきものです。

p3
TOYOTA MR2(SW20)に装備されていたステアリング連動のフォグランプ。
かつては乱反射の少ない黄色がフォグランプの主流でしたが・・・・

これに加えて21世紀に入ってから装備された車が目立ってきたのが、リアフォグランプです。
これはかつては前だけを照らしていたフォグランプをリアに移植した様なもので、後方の車から自車の存在をアピールして、追突防止するための補助的照明類です。

この装備はかつての日本車には存在していませんでしたし、アメリカ系メーカーの車にも装備されていませんでした。あまり必要ではなかったからです。

このリアフォグランプは欧州では基本的安全装備として認証を取得する際に装備されていることが必要です。欧州では特に朝晩では恒常的に濃霧が発生する場所が多く、追突事故防止のために装備を義務付けているくらいです。

この欧州の車が日本ではドイツ車を中心に販売が急増し、リアフォグランプは欧州車から日本に普及し始めました。今では日本車でも一部のモデルには標準装備されています。

tentou
右側の一つ余計な明るいテールランプがあるが、これがリアフォグランプ

リアフォグランプの功罪
F1レースでも雨天のレースではリアフォグランプが使われています。
このリアフォグランプは特に雨天で水しぶきが多い時の高速道路、吹雪、霧の時に威力を発揮します。
こうした悪天候下ではたとえ夜でも霧の粒子や雪が本来眩しすぎるテールランプを拡散してくれますので、程よい明るさになり前の車の位置がよくわかります。

しかしこのリアフォグランプが好天時の夜に使われると大変に眩しくて迷惑なことこの上ありません。

IMG_4109
Audi A4の例。夜間の好天時に点灯されると迷惑この上ない

悪天候時には絶大な威力を発揮するのに、好天時だと迷惑千万の装備です。
ハイビームの対向車は一瞬ですれ違ってくれますが、この好天リアフォグ野郎は前に居座るので苦痛になります。

リアフォグランプはドレスアップアイテムではない!
日本では一部地域、そして特定の環境下以外ではそもそもあまり必要のないリアフォグランプです。
しかし、視界良好の夜の首都高で平然と点灯している車を多く見かけます。
そもそも、日本では多くのドライバーが何の気無しにフォグランプを使っている様です。
本来は早めにヘッドランプを点灯すれば良いのに、薄暮の時は車幅灯とフォグランプ+リアフォグランプだけで走ると言う意味不明野郎も多数生息している様です。

フォグランプ類をファッションとでも思っているのでしょうか?
特にリアフォグランプは点灯されたら、追い抜くか別方向に別れない限りはいつまでも付き纏うので、迷惑この上ないものなんですがね・・・・

多くのケースでは無意識かそもそも知らないかのどちらか
全ての車がそうだという訳ではないのですが、多くの場合車のライトのスイッチは3段階もしくは4段階です。

OFF → 車幅灯のみON → ライトON → (AUTOライト)
のパターンでAUTOの位置は車種次第です。

フロントのフォグランプのスイッチはこれとは別になっていますが、車幅灯のみONで多くの車種で点灯する仕掛けです。

リアフォグランプについてもフロントとは独立した別のスイッチがあり、これがONになっていると車幅灯のみあるいはヘッドランプONで点灯する仕組みです。
ただし、欧州メーカーの車両ではフロントのフォグランプとリアのフォグランプのスイッチが分かれていないモデルが多く、フロントのフォグランプが点灯する時には同時にリアフォグランプも点灯する仕組みの車種が多くあります。

つまり、雨だった前の日に自宅に帰って翌日夜普通にライトをつけたらフロントもリアもフォグランプが点灯する・・・・ということはいくらでも起きるわけです。

本場欧州での実情
欧州の高速道路は一般に日本ほどには撥水舗装が普及していないので雨が降ると視界は最悪です。
従いこうした便利なリアフォグランプという装備が日常的に活用されます。
しかし、同時に視界確保+被認識率を上げるという意味からヘッドランプは薄暮の時から、また悪天候では必ずと言っていい程点灯されます。
北欧諸国では認証を取るためにDaytime Running Lightとして常にヘッドランプは点灯です。
(日本の二輪車と同じですね)

点灯していないと罰則がありますし、好天時にフォグランプを使うのは違反とされる国もあります。

従い、車幅灯+フォグランプ(+リアフォグランプ)だけで薄暮や雨天時に走るの日本は「変な国」ということになります。

個人の好みの問題と言ってしまえばそれまでだけど
個人的には自分の前の車がちゃんとしていてくれれば、誰がいつどこでリアフォグランプを点けようが知ったことではありませんが、好天で点灯していいつ奴を見ると「こいつ馬鹿だな」と思います。
それがかっこいいと思ってやっているなら哀れなだけで、別に構いませんがリアフォグは迷惑なものであるということだけは覚えておいてもらいたいと思います。

個人的にはリアフォグ以外にもユーロナンバーに日本のナンバーを重ねてカッコつけている奴は馬鹿だと思いますが(というか西洋コンプレックスか?と突っ込みたくなるw)自動車先進国としてもう少し日本には成熟してもらいたいと思う今日この頃です。

p1
TOYOTA Yariz程度の車にわざわざ英国のユーロナンバーとの重ね使い。
本人の自己満足なんだろうけど、ダサい・・・wwww