January 22, 2017

国境なき料理団 本道佳子さんのランチをいただきに養老の船戸クリニックさんに来ました。

噂には聞いていましたが、がん治療、総合医療、漢方治療、看護、介護など、広い敷地で本当に様々なことをしていらっしゃる病院でした。



本道佳子さんのことは今年のお正月に友だちに教えてもらって知りました。

その後、私の周りに本道さんとリアルに知り合いだという人が何人もいたのでした。

2月号の婦人画報に載っていて、私と同じ佳子という名前で、使っている塩も同じ「百姓の塩」だったことから興味を持ちました。

それからすぐに船戸クリニックさんでランチがいただけるよ、と連絡をもらって予約をしていました。

願いが叶うミラクルランチと言われています。

しかし、私の展開も早かった。

本道佳子さんの存在を知ってからたった20日。



船戸クリニックさんの総合医療の棟にある小さい食堂でホワイトドラゴンマジックランチをいただきました。



菜食で、素朴な食材。

野菜の色艶の良さ、ジャガイモとキーウイの組み合わせなど、思いもつかないフレッシュな味わい、歯応え、などこれまでに食べたことのないお料理でした。

そして、本道さんのランチを食べると泣くよ、と聞いていましたが、本当に食事が終わった20分後ぐらいに、なぜかこの湧き上がる感情は何?という感じにウルっとくるのでした。

野菜や果物の声を聴き、どう調理してほしいか、どうしたら野菜たちが喜んでくれるのかな?そんなことを思いながら料理をしている人のように感じました。

その野菜たちの声を瞬時に聴き取り、料理をすることで新たな生命を吹き込むような。

野菜たちの思い通りに料理をすると、それを食べた人たちも何か共感できるところがあって感動に繋がり命の源をいただけるような。

船戸クリニックさんにはたくさんの深刻な病気を抱えた患者さんがいて、その人たちにミラクルが起こることを願って作られたランチ。

素晴らしい料理人さんがそんな想いで東京から養老まで毎月いらっしゃっているのです。

本道さんの知識はほぼ無いのですが、ランチをいただいた私の率直な感想です。

見習いたいです。

感動しました。












jam0103 at 21:52コメント(0) 

久しぶりにサングリアを作ってみました。

シチューを煮込んで余った赤ワイン、レモン、りんご、みかん、シナモンスティック、ナツメグ、クローブ、ローズエッセンス、ほんの少しラム酒を入れて。

とっても簡単に冷蔵庫やキッチンにあるもので絶品サングリアの出来上がり〜(o^^o)













jam0103 at 21:52コメント(0) 

January 21, 2017



京都 伏見稲荷大社に行くと気になっていたカフェがあります。

朱色という名のカフェ バーミリオン。


気になっているうちに2店舗に増えていました。

ひとつはJR稲荷駅を降り左に行ったすぐのところ。

もう一軒はお産場稲荷さんのすぐ近く。

ここは少しわかりにくい場所で、民家と社が混在する細い坂道の途中にスカンジナビアにでも迷い込んだかのような素敵なカフェに出会えるスポットです。

冷やし飴や甘酒の昔ながらの茶店がある中でこだわりのスペシャリティコーヒーがいただけるようになりました。

お山巡りを終えてちょっとホッとするのに最適なカフェ。



そのバーミリオンは、四ツ辻と頂上の間ぐらいにある薬力社の真ん前にある薬力亭の姉妹店というから驚きでした。



いつも伏見稲荷さんで参拝するときは薬効があるというお水で作られた薬力亭さんのゆで卵をいただくのが楽しみのひとつ。

御神域でありながらお山に何軒も茶店があるのも伏見稲荷さんの特徴ですね。

楽しみながらお山巡りをさせていただけるという大らかな神様なんですね。

カフェ バーミリオンができてまたひとつ伏見稲荷さんにお出かけする楽しみが増えました。










jam0103 at 14:50コメント(0) 
色彩 | 神社

January 20, 2017

メイド・イン・パリのアスティエ・ドゥ・ヴィラットの器に魅せられて。

霞がかかったような色・・・

風合い・・・

空気感・・・

愛情と、とことんこだわり抜いた世界観を感じずにはいられない。

ずっとずっと眺めていたくなる。



* 画像はInstagramからお借りしています。










jam0103 at 22:32コメント(0) 
寒い日が続きますね〜。

少しずつ日が長くなってきましたが、まだ1月なので冬の本番はまだこれから。

春が待ち遠しいですね〜。

ジューシークチュールのフワモコパーカーを、いつもはプレゼント用にしているのですが、はじめて自分用に買ってみました。

ベビー用も作られているので、出産祝いにお母さんと赤ちゃんとお揃いでプレゼントしたり、必ず喜んでもらえます。



* 画像はHPからお借りしています。

なんて軽くて暖かいの。

空気を包み込んでいるよう。

肌触りがよくて、しあわせ〜♡

寒い夜はふわふわに包まれて、ことこと煮込み料理なんかをしているときがいちばんしあわせ感じる時間です。

たまには自分にもプレゼントしてあげようね。











jam0103 at 03:37コメント(0) 

January 18, 2017

昨夜はたまたまBSで陽暉楼を観ていました。

1983年 五社監督の作品です。

花柳界に生きる女の意地と哀しみを描いた救いようのない映画ですが・・・。



* 画像はHPからお借りしています。


芸妓さんの艶やかな着こなしにこんなにもドキドキさせられるなんて。

黒、白、赤、ゴールドの素晴らしく緊張感のあるコントラスト。

もちろん演技も、本気でつかみ合いの喧嘩シーンや舞に長唄。

特に二宮さよ子さんが画面に映ると本当に様になるし引き締まる感じがしました。

長唄も踊りも、着物の着こなしも艶やかで素晴らしかったです。

来月は黒紋付の式服で出かける機会があるので、陽暉楼の芸妓さんの色っぽさとことん見習いたいと思うのでした。

もう30年以上昔の映画。

魂こもった映画に一晩経った今もドキドキが止まらない。


喧嘩のシーンですが、池上季実子さんの赤い肌襦袢のチラ見せ。

色っぽいですね。













jam0103 at 22:32コメント(0) 
色彩 

January 14, 2017

今日は京都伏見稲荷大社の御膳谷遥拝所で特別祈願祭に参列するため京都に向かいました。

雪の予報は出ていたものの、これほど降るとは思いませんでした。



新幹線の車窓から米原あたりです。

こんなにも雪。



新幹線は少し遅れましたが無事に伏見稲荷さんに到着。

京都は時々雪が降る程度で積もってはいませんでした。

広島、名古屋、茨城、東京、方々から伏見稲荷さんで待ち合わせして6人でお山に登りました。

四ツ辻のお茶屋さんで鍋焼きうどんを食べて暖まりました。

身体の芯までポカポカ…美味しかったです。


そして山の上の遥拝所でご祈祷を受けました。

悪天候の中、たくさんの人が集まって玉串とお神酒をいただき、お稲荷さんのお寿司までお土産にいただいてきました。

心のこもった祈願祭に心から感謝です。



少し山を下りてくると京都は銀世界。



こちらのキツネさん、竹笹をくわえてかっこいい!



素晴らしいお庭を眺めながら伏見稲荷さんが誇る松の下屋さんでお抹茶をいただきました。

ここに来ると姿勢を正される気がします。



気づけばすっかり日が暮れて朱色の伏見稲荷さんが美しく浮かび上がっていました。

日本人だけではなく海外の人からも、たくさんの人に愛されている伏見稲荷大社さんです。

そして名古屋に帰ってきたら予想外に雪が積もっていて、新幹線も遅れが出ていましたが、無事に帰宅できました。

今は暖かい部屋でワンコとモフモフ ♡



キツネさんみたいなお顔のワンコ。



友だちにいただいたキツネさんの手作りクッキー ☆ さすがー!
















jam0103 at 21:56コメント(0) 
神社 | 京都

January 13, 2017

誕生日から10日が過ぎて娘からプレゼントが届きました。

きれいな薔薇、と思ったらバスタブに浮かべるための薔薇なのだとか。

ホテルのスィートルームで豪華なバスタブに浮かべて彼と楽しもうかな、と言ったら「くだらん」と言われた笑。

バスタブに浮かべた後は乾燥させてアロマオイルを滴らしてポプリにできるって。

しばらくは美しい薔薇を眺めて楽しもう。

お誕生日にお花をたくさんいただいて本当に美しく幸せ気分。



2日遅れて鏡開き。

今年は珍しくお汁粉を作ってみました。

水煮の小豆に黒糖とパームシュガーを入れてミキサーにかけて葛粉でとろみをつけました。

そこにココナッツミルクを入れてアジアン風お汁粉の完成。



やっぱりお汁粉は純和風がいいな。

ココナッツミルクは合うと思うけど、昔ながらのお汁粉が好き。












jam0103 at 22:41コメント(0) 

January 12, 2017

2017年1月11日  新年会 ふたつ。

お昼の新年会は植田山のふじさわさんで。

久しぶりに来たけど本当に美味しい。

パワフルな皆さんと、また今年も繋がっていきたいな。



お昼の新年会の後は少し時間が空いたので、やっと観れました。

「君の名は」 


感じることがたくさんありました。

時間と空間を超えて繋がり影響しあう。

諏訪湖(たぶんきっと)綺麗だった。

誰そ彼 = 黄昏

そうね、そういうことが起きる時間帯。

まだ観てない人のためにあまり書けないけど、感動しました。


そして夜の新年会はこんな時間からアフタヌーンティー。



こちらでも今年も繋がっていきたい素敵な人たちと心通わす時間。












jam0103 at 00:38コメント(0) 

January 10, 2017

新年早々、名刺入れを新調しました。

テンション上がりそうな名刺入れにしよう。

そう思ってブランドの候補を挙げてみました。

Valextra  

GUCCI

Dolce & Gabbana など。

私の仕事柄、真っ黒な名刺入れを持つのはいかがなものかと。


それで、先ずは Valextra へ。


色のバリエーションが豊富で品質が良くてこちらのブランドは好きなんです。

それに、ひと目でどこのブランドかわらないところもGOOD。

色のバリエーションは豊富だけど、単色使いなので、選ぶまでが楽しくて選んでみると保守的でつまらない。

私のテーマは「テンション上がりそうな名刺入れ」なのだから。

次にGUCCIへ。

GUCCIだとひと目でわかってしまうけれど。



こちらのお花シリーズが好き。

ただ、名刺入れを開けるとこの色。


濁った色のブルーアンダートーンのピンク。

まあまあ彩度が高め。

ピンクの使い方は難しい。

少女趣味的だったり老けてしまったり、日本人はピンク色が好きな国民性だけに微妙な機微を感じ取ってしまうから。

内側に濁色のピンクを使うなら、せめてマカロンカラーぐらいにしておけばもっと売れたことでしょうに。


そしてDolce & Gabbanaへ。

絵画のような色柄が豊富にあって眺めているだけで楽しい。


春が待ち遠しくなるような。


* 写真はHPからお借りしています。

名刺入れの内側は意に反して薄いブルー。

表がイエローアンダートーンで内側はブルーアンダートーン。

「ワクワクする」という言葉を色に変換すると、雑味のない鮮やかだったり澄んだ色だったりするのではないかしら。

色は口ほどにものを言う。

バッグはともかくとして、名刺入れの場合は特にすぐにどこのブランドがわかってしまうのは避けたいところ。

それで、こちらの名刺入れに決めました。

帰ってから箱を開けてみると、お誕生日のプレゼントにいただいたお花の色とリンクしていることに気づきました。



今年もたくさんワクワクする出会いがありますように。

心から楽しくなるお仕事していきましょう。












jam0103 at 23:12コメント(0) 
色彩 

January 09, 2017

O型なので大雑把ですが、料理は好きな方です。

常に冷蔵庫に入れておきたいのが大村屋のねりごま。

ここ数年、このねりごまを切らしたことはありません。



自然食品を扱っているお店に置いてあります。

主張しすぎない味、ザラザラしない舌触り、柔らかさ具合がちょうど良く、チューブ式で便利。

しゃぶしゃぶのゴマだれはこのねりごまとポン酢を同量混ぜ合わせるだけでかなり美味しい。

サラダのドレッシングはねりごま、ポン酢、すりおろしたニンジンとニンニク、オリーブオイルで作ります。

ねりごま、ポン酢、赤味噌、ニンニク、ラー油はお肉料理に合います。

甘みが足りなければほんの少し蜂蜜をプラスします。

とにかく大村屋のねりごまとポン酢の組み合わせが最高で、これにちょっと他の食材を加えるだけでいろんなタレに変化します。

年末年始にかけてお客さんも多かったので、ねりごま3本ぐらい使いました。

担々麺のスープもこのねりごまがあれば美味しくできちゃいます。

ネギ、ニンニク、ザーサイ、ねりごま、ラー油、豆板醤、鶏ガラスープの素、醤油、酢、黒糖(砂糖でもいいけど)、塩…以上、担々麺のスープ。

夜中にお腹がすいたと言い出した娘と娘の友だちのために作った担々麺が好評でした。

そういえば私の誕生日は1月3日ですが、担々麺を作ってる最中に日にちが変わってお誕生日迎えていたかも。

今年の誕生日は担々麺で乾杯! 













jam0103 at 23:34コメント(0) 

January 07, 2017

風水の川本一志先生に岐阜県海津市にある行基寺が龍穴だと教えていただきお出かけしてきました。

普通に道路を走っているのに急に険しい山道に入って、私の車のナビは2つの道があったとしても、必ず険しい道を案内してくれる!

絶対にすれ違えないほどの細くて険しい山道を泣きそうになりながら登っていくと、そこには立派なお寺が出現。

山を登る道は2箇所ありますので、ぜひ看板が出ている道をお選びください。



行基寺は奈良時代に建立され、300年前、松平家の菩提寺として城郭に見立てて改装され、その後明治維新までの160年間、一般庶民の登山参拝が禁止されていた由緒正しいお寺だそうです。

なので、行基寺はお寺でもありお城でもあるのですね。



濃尾平野が広がるこの素晴らしい眺め!!

ずっと東の向こうには名駅のビル群が見えました。



あのビル群からもっと東に行くと定光寺があります。



眺めているお寺のお座敷の頭上には東を示す「青龍」の文字。

風水の理にかなった土地に建てられたお寺なのだそうです。

平安時代ならわかるけど、奈良時代に建てられたのですよ。

回廊式庭園は枯山水や滝水もあり素晴らしい庭園でした。



この素晴らしいお寺でお庭や景色を堪能しながらお抹茶をいただきました。

お寺の若奥さんのおくりさんがとても美しい方でご親切にしていただきました。



こちらのお寺には歓喜天という秘仏が安置されていて、お堂に近づくこともできませんでしたが、それゆえ恋愛運もアップするお寺でもあるそうです。



暦が小寒に入って空気もひんやり冷たく感じるようになりました。

それでも春はそこまで来ていて木々の芽が今か今かと春を心待ちにしていました。

私も太陽の光を燦々と浴びてご機嫌!

ヤッホー(o^^o)



婦人画報2月号は2017年風水スポットが60ヶ所紹介されていて、行基寺も掲載されています。


2017年のスタートにふさわしいパワースポット開運小旅行となりました。












jam0103 at 22:20コメント(0) 
風水 

January 05, 2017

仕事始めの今日はご挨拶まわりでたくさんの男性のスーツ姿を眺める機会がありました。

仕事柄、どうしても厳しい眼差しで見てしまいます。

ご挨拶まわりはやはりキリッとダークな色のスーツ、白いシャツにネクタイとなります。

ただ、本当に没個性。

その方の本質的な魅力が埋もれてしまっているのですね。

これは勿体無いし、こういう場でも自分をきちんとアピールできる日本人男性が増えてほしい。

ジャケットは肩と胸で着るとかっこいいのです。

それと質感。

やはり上質なスーツは違いますね。

色も微妙な違いでも共鳴する色しない色があります。

ここぞというときに違いがわかるスーツの着こなしができる男性が増えてほしいです。

スーツは戦闘服ですから。


* 画像はHPからお借りしています。











jam0103 at 23:01コメント(0) 
色彩 

January 04, 2017

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

お正月はずっと名古屋で過ごしていました。

年末に帰省した娘と娘の友だちに混ぜてもらってうちで紅白歌合戦を見終わったらダッシュで除夜の鐘を突きにGOー☆




翌朝は近所の氏神様で初詣。

おみくじをひいたら大吉でした!



そして今年も名古屋城が一望できるテンション上がるホテルで乾杯。



Happy New Year (^_−)−☆



父が若くして亡くなったので、母と姉と私と弟の家族でしたが、それぞれが結婚して、母から見たら子ども、孫、ひまごと命の連鎖で今年は20人も集まりました。



なんと、鉄板焼きの炎を撮ったら火の鳥フェニックスが姿を現してくれました。

ちゃんとくちばしもあるし美しいフォルムをしています。

酉年の元旦に幸先の良い幕開けです。



そして少し早めにお誕生日のお祝いをしてもらいました。

いつもありがとう〜(≧∇≦)



夜は実家でホームパーティー&新年初カラオケで盛り上がりました。



アニマル柄に囲まれてご機嫌な赤ちゃん。

私の誕生日は1月3日のお正月で、この日は家でカードリーディングの会を開きました。

すごく当たるリーディングをしてくれる方に来ていただいて、娘の友だちや私の友だちが入れ替わり立ち替わりカードリーディングを受けに来てくれて本当に盛り上がりました。

新年のスタートに方針を決める後押しをしてもらえる良い会でした。

今年はキャリアを見直して次のステージに進む年になるそうです。

私が私を信じること。

すべての人に当てはまることですね。


空からこぼれんばかりに輝く満天の星々の輝きのように、あなたもあなたらしさを存分に発揮し、愛情いっぱいの輝きで周りとともに輝いていく。

そんな星を目指していきましょう。

最後の一枚ひいたカードは私の心の奥底まで輝かせてくれました。

今年もカラーはひとつのツールとして人の本質を輝かせる仕事をしていきたい。

私にしかできない大切なお仕事。

皆さまにとっても素晴らしい一年になりますように ☆










jam0103 at 19:51コメント(0) 

December 31, 2016

2016年 今年もありがとうございました。

友だちから紹介されたインド占星術の方に占っていただく機会があって、『断捨離するように、そうすれば自分の大事なもの、そうでないものが見えてくるから』とアドバイスをいただきました。

ちょうど家のリフォームも考えていた頃でしたので、今年後半は半年くらいかけてたくさんのものを断捨離しました。

長く住んでいるといろんなものをため込んでしまっているのですね。

そんな中で以前にセミナーで聴いたときのメモに目がとまったのです。

『宇宙から手のひらまで』という言葉。

この言葉とリンクするように出会ったムービー。

宇宙の果てから素粒子まで、このムービーはもう何十年も前にあのイームズチェアのイームズ夫妻が作成していたというのだから驚きです。

生命自体が果てしない宇宙を感じさせてくれる。

自分自身を知ったら宇宙を知ることになるということにつながるムービー。






今回の占いはいつものとは違いますよ〜。

有名すぎる しいたけ占い これ好きなんです。

いろんな可能性を信じてワクワクしながら暮らしていきたい。

自分の中から湧き出す感情を素直に表現していきたい。

もっとわがままに貪欲に。

2017年も皆さまにとって素敵な年になりますように。

除夜の鐘をつきにーGO☆







jam0103 at 22:03コメント(0) 

December 23, 2016

ミラノのファッションブランド エトロ。

エトロといえばペイズリー柄に派手な色彩。

紫と黄緑などの反対色の取り合わせというイメージが浮かびます。

そのエトロのシークレットセールに行ってきました。

* 画像はInstagramからお借りしています。

素晴らしく色彩の宝庫。

それはもう芸術作品そのもの。

鮮やかな色、シックな色合い、シノワズリにペイズリー柄。

素材、色紙、柄・・・

ストール、コート、ワンピース、バッグ・・・

メンズラインもこだわり抜いていて素晴らしい。

仕事目線で見てしまうけどシャツもコートも使えるアイテムがたくさんあります。

今日は母とデートで、ランチは四間道のみつ林さんで、シャンデゥリエさんでフランス焼菓子を買ってエトロに向かいました。

今年80才になった母もエトロの魅力に惹きこまれていました。

エトロファンの母はストールを2枚、私もストールを1枚買いました。

豊かな色彩で絵画のように美しいエトロのストール。

額に入れて飾っておきたいほど。











jam0103 at 23:38コメント(0) 
色彩 

December 21, 2016

肉山やっと登頂。

夏頃に誘われてこの日が待ち遠しかった〜。


肉山のお肉料理美味しかったです。

次の予約は半年後。

その後はジェラ山そしてお隣の韓国ブティックでショッピング。



女同士の仕事抜きの忘年会は文句なしに盛り上がりますね。

来年もきっと、もっと良い年になりますね〜☆











jam0103 at 00:47コメント(0) 

December 19, 2016

昨夜は以前から楽しみにしていたゴルフのレッスンを受けているお仲間とコーチを囲んで忘年会をしました。

ゴルフをしなかったら出会えなかった人たちとワイワイ盛り上がれるのは素敵なこと。

コーチのお誕生日が近いこともあってお誕生日ケーキを用意していました。

日進の香久山にある名店 パティスリーミルグレイさんのケーキです。



なんと細工が細かいケーキ!

グリーンにバンカーにレディースティーもあるお抹茶味のケーキ。

いつもレッスンしているゴルフスパークのロゴまで作ってくださいました。




お誕生日おめでとうございます!

ゴルフ上達できるようにレッスン頑張るのでこれからも厳しくしごいてください☆











jam0103 at 20:29コメント(0) 
ゴルフ 

December 11, 2016

夜景が一望できる素敵なお部屋でクリスマス会。

サンタさんも来てくれました〜

飾りつけはフライングタイガーで買ってきたり工作したり。

ハート型の赤い風船がクリスマス気分を盛り上げてくれました。

レストランでディナーもいいけど、お部屋で手作り感のある集まりはほっこり暖かくていいですね。

ケータリングはDEAN&DERUCA。

クリスマスケーキはパティスリーミルグレイさん。

京都のリッツカールトンのお寿司屋さんでお隣の席になったのがきっかけで素敵なお付き合いをさせていただいてます。

いちごがたくさん乗った美味しいケーキに感激でした(o^^o)

いつもいつでもラブラブカップル〜

後ろでハートの風船を持ってるのは私です〜(≧∇≦)












jam0103 at 23:46コメント(0) 
こちらのMVはBEAMS40周年を記念して作成された音楽とファッショントレンドの変遷。

昨日の京都でのファッション社会学の講座の中でもBEAMSが40周年を迎えたとお話しが出ていました。

見応えがあって出演者も素晴らしいし何より時代のファッションがひと目でわかります。

時代のトレンドを振り返ってみてください。

この中に、'' あなた '' がいるはず。

これからも伸びやかにファッションを楽しんでいきたいな。
















jam0103 at 11:27コメント(0) 
livedoor プロフィール
Archives