August 27, 2016

日本一暑い多治見にお出かけしてきました。

先ずはカフェママエさんで可愛いランチ。

カラフルなランチにテンション上がります〜!


そしてメインの岐阜県立現代陶芸美術館へ。


こじまひさやの土の冒険のぼうけんへ。

こじまひさやさんはお友達の疋田千枝さんの実のお兄さんです。

ラッキーなことにこじまさんと疋田さんと会場でお会いすることができました。



ぼうけんパスポートを手に冒険の旅に出発!

現代陶芸美術館で貯蔵されている1700点もの作品にひとつひとつ目を通し、新しい鑑賞スタイルで音響や映像に仕掛けを駆使された楽しい展覧会でした。

見方によって何回も足を運ぶことによって新しい発見や楽しみ方を見出せるマジカルな世界。

こんな楽しみ方があるなんて目から何度もウロコでした。

土の冒険のぼうけんは9/4まで。



そしてその後は久しぶりにギャルリ百草さんへ。



築100年の古民家ギャラリーに入ると・・・

かごの中に氷のかたまり。



そしてぽたぽたと溶けた水が大きなビーカーへ。

涼しげな演出ともてなしに感動しました。

ギャルリ百草さんのオーナーさんで大人気の陶芸作家さん、安藤雅信さんの器でお茶とお菓子をいただきました。



安藤雅信さんの器は和にも洋にも合う現代の日本人のライフスタイルにぴったり。

存在感があるのにさりげなく食材の引き立て役。

麻の素材のランチョンマットも、何から何まで素敵すぎました。

8月最後の週末を気の合う友人たちと素敵な気持ちで過ごすことができました。












jam0103 at 21:28コメント(0) 
 | アート
ブーゲンビリアを剪定したので、お花を摘んで水に入れて太陽の光を浴びさせてフラワーエッセンスを作ってみました。
白い器とブーゲンビリアのコントラストが素敵。

白い器はずっと以前に訪れた沖縄で買ったお気に入りです。

ブーゲンビリアのフラワーエッセンスにはどんな効き目があるのかしら。

大好きな花なので大事に育てていきたいです。



今夜の楽しい食事会で見つけたガラスの器。

影が映りこんで素敵な表情を見せてくれました。

このところ、手作りのガラスの器に惹かれています。

不揃いでいびつな形の不器用そうなガラスが好み。












jam0103 at 00:10コメント(0) 
色彩 | flower

August 24, 2016

またまた楽しいお仲間と嵐山で鵜飼に続いて犬山市で木曽川鵜飼にお出かけしてきました。



雨が心配でしたけど、今回も浴衣を着てゆく夏を楽しんできました。

この夏、浴衣を着る最後の機会かもしれませんし。



犬山城が水面に映り込んで素敵な風景。

鵜匠さんの服装も帽子も麻の素材でできているのは、カミナリを通さない素材だからだそうです。

そして色は敏感な鵜を驚かせないために黒を着用しているのだとか。

色も素材もいろんな使い道がありますね。

素敵なお写真撮っていただきました。



1300年前の人たちははどんな風に鵜飼を楽しんでいたのでしょうね。





















jam0103 at 22:08コメント(0) 
 | 色彩

August 18, 2016

祐斎亭さんを後にして次はいよいよメインイベント。

鵜飼鑑賞の屋形船から五山送り火を鑑賞するという、まるで平安時代の貴族のような楽しみ方。

祐斎亭さんから鵜飼がはじまるまでの間少しお散歩、と思ったら土砂降りの雨。

渡月橋にはたくさんの人が五山送り火がはじまるのを待っていました。

浴衣が泥はねで汚れないようにすそを少し持ち上げて歩きました。

土砂降りで暑いし湿度も高いし不快指数MAX。

京都の夏をなめてはいけませんね。



船頭さんが竿一本で漕いでくださる屋形船に乗り込むと、提灯の灯りが船の外側にしか灯っていなくて頭上には灯りがありませんでした。

だから、お弁当が暗くて見えない・・・

岐阜でも犬山でも鵜飼経験はありますが、こんなに暗いのはじめて。

平安時代の灯りを再現しているのでしょうか。

気づくと周りの灯りも心なしか暗くして送り火を待っているかのようでした。


たまにゆらゆらと精霊流しも浮いて流れていきました。

私の祖母は京都祇園祭りに出かけてタケノコづくしの食事を食べてきたと嬉しそうに話していたのにその直後に容態が変わり入院して五山送り火のこの8月16日に亡くなりました。

私がこの日に送り火を見るのは何かの巡り合わせだったのかもしれません。



嵐山の鵜飼は風情がありました。

すぐお隣の料亭吉兆さんの屋形船には舞妓さんや芸妓さんのお姿も。

白いおしろいは、暗い灯りの中でも白黒見えるように塗っているのだそうです。

屋形船の灯りから浮かび上がる舞妓さんや芸妓さんは何か見てはいけないものを見てしまったような感覚、妖艶な美しさを放ちこの世のものとは思えませんでした。

ずっと以前に倉敷で「公共の色彩を考える会」の特別講演でお話ししてくださった永六輔さんが、

「夜に倉敷駅に到着してホテルまで歩く道中の街灯が明るすぎる。江戸時代はもっともっと暗かったはず。」

そう強くおっしゃっていたのを思い出しました。

現代では防犯や安全のために明るい街灯を灯すのが当たり前になっています。

安心安全便利を求めた結果今があるのですが、それも人類の歴史に比べたらほんのすこし前のこと。

わずか昔、明治時代前にはいつもどこでだって満天の星空が広がっていたことでしょう。




大雨洪水警報の中でも仏教の大切な送り火行事。

無事に五山送り火が執り行なわれました。

教えていただいた方を見上げると鳥居の文字が浮かび上がっていました。

心優しい船頭さんやご招待してくださった祐斎亭さんはご自分のせいではないのにお天気が悪くてごめんなさいと何度も謝ってくださいました。

誰も気分を害したわけではなく、この状況を受け入れて楽しんでいたにも関わらず。

本当に頭が下がります。

どうかこの平和な風習がこれから千年後も続いていきますように。

人の心根も優しく清らかでありますように。












jam0103 at 21:13コメント(0) 
京都 | 

August 17, 2016

夏の京都嵐山にお出かけしてきました。

今回も着物デザイナーの田中佐織さんと佑斎亭さんのご好意で素晴らしくスペシャルな京都日帰り旅。



夏の京都は大変な暑さ。

それなのに浴衣姿は涼しげに映りますね。

先ずは祐斎亭さんにご紹介いただいた桂川沿いにある天婦羅松さんへ。

寂聴さんや吉兆さんも勉強のためにいらっしゃるという名店だそうです。



天婦羅松さん、素晴らしいお料理の数々。

とても美味しくいただきました。

食事の後はすぐ近くにある松尾大社さんで参拝しました。

着物軍団、外国人観光客から一緒に写真に写ってとモテモテでした。


松尾大社さんは日本酒の神様だそうです。

写真を撮り忘れましたが、本藍染でお守り袋を染色した「勝色守」というお守りを見つけました。

勝色とは黒に近いぐらい暗い藍色を表す色名です

藍を濃く染み込ませるために布などを搗つ(叩く)ことからきていて、搗つ(かつ)を縁起の良い勝つに字を変えて「勝色」とされたのが鎌倉時代。

日露戦争や日清戦争でも軍服を紺色の勝色にしたそうです。

ここぞというときに力になってくれそうな勝色守に目が釘付けでした。



その後は嵐山祐斎亭さんへ。

料亭吉兆など一流の料亭がある奥まった場所にあります。




祐斎亭さんで美しい貝合わせにまた目が釘付け。

大文字を見つけました。


そして尋常ではない反物を見つけました。

右から黄櫨染(明治、大正時代の天皇陛下の正式袍の復元)、黄櫨綾、日本最古500万年前の古木染、貝紫染、天の羽衣、いちばん左の朱塗りの箱は伽羅の香りを織り込んだ反物でいい香りがします。

伽羅は1gで3万円という大変高価な香料です。

国宝級に貴重な反物をひとつひとつ拝見させていただきました。



こちらは天皇陛下正式袍、黄路染の復元です。

その昔は絶対禁色で天皇陛下しか身につけることが許されなかった色です。

炉×蘇芳×紫根で染められた黄櫨染に照明を当てると赤く色が変化します。

このことは近年になり奥田祐斎先生が調査されてわかったことです。

よく使われているブラックライトで色が変化する顔料が使われているのではありません。 



*画像はHPからお借りしています。

平成天皇の即位の礼で身に付けられている袍が黄櫨染です。

黄櫨染の絶対禁色には太陽を表す「赤」が隠されていたのです。 

祐斎亭さんからお話しは何度もお聴きしていましたが、実際に拝見したのははじめてでした。

ただ、こちらの画像の平成時代の袍は天然染料の用意が間に合わず、化学染料で染められたと聞いています。

感動の度合いが半端なく、ここでもう胸いっぱいだったのですが、まだまだ感動は続きます。

感動で暑さも疲れも吹き飛ぶんですね。

どんなエナジードリンクよりも元気をいただいた気分。

貴重な機会をいただけて心から感謝です。


続きはまた後日。














jam0103 at 22:57コメント(0) 
京都 | 色彩

August 13, 2016

珍しく韓国料理を食べました。


ビューティー姫鍋コラーゲンボール入り

スンドゥブ鍋

参鶏湯

生姜とはちみつ入りカリン茶

真夏に熱い鍋、朝鮮人参になつめに、身体がポカポカしてきました。 


食事の後はアロマ精油をブレンド。

姉に借りたアロマ精油の種類が半端ない。


入浴用にルームスプレー、掃除用にフレグランスなどなど、いろいろ自己流で作ってみました。

早速今夜、お風呂に数滴入れて癒されよう。

早くしつこい夏風邪が治りますように。










jam0103 at 23:23コメント(0) 
お盆なので皆んなでお墓まいりをしました。

母、叔母、姉、帰省中の娘、姪、姪の家族、気づいたら10人も。



父の生家のすぐ近くに広がる子どもの頃から見慣れた田園風景。

これから先も変わらない風景でいてほしい。



お墓まいりの後は皆んなでランチを食べに蟹江のポンレヴェックへ。

人気店なのでものすごく待ちました。

ストウブのお鍋で煮込まれたスパイスが効いたチキンカレー美味しかったです。



今年産まれたばかりのこの子もいい笑顔。

皆んな元気で笑顔でお盆を迎えられるって幸せなことですね。











jam0103 at 00:06コメント(0) 

August 07, 2016

楽しいゴルフ仲間のお宅に7人集まってポットラックパーティー。

ついこの間まで何の接点もなかった人たちとゴルフを通じて気づいたらすっかり仲良しになってる。

こういうのって本当にうれしい。

幸せなひとときでした。



ゴルフ女子会らしくピンク色でコーディネートしてみました。

100均グッズを使ってほんの少し色使いを工夫しただけでパーティーが断然盛り上がれるカラーマジック。










jam0103 at 23:02コメント(0) 
色彩 | ゴルフ
なかなか根っこが伸びない挿し木をしていたアイビーを配置換えしました。

これまでより日が当たらないところへ。

そしたら、なぜか一気に伸びたんです。



たくさん伸びました。

半年ぐらい全く根っこが伸びなかったのに、不思議。

だって、置いた場所は天使に囲まれているのだから。



天使さんたちが私の代わりにアイビーに話しかけてくれてたのね、きっと。










jam0103 at 01:50コメント(0) 
天使 & 妖精 

August 01, 2016

気の合う4人組で、あのバブリーなストリングスホテルのイタリアンランチをいただきながら急遽決まった伊勢神宮行き。

そういえば遷宮後の混雑や、サミットが開かれたりして足が遠のいていました。

夏の伊勢神宮で御垣内特別参拝をしました。


外宮から内宮へと。

暑い中、背中につたう汗を感じながら無心に砂利道を歩き進めるうちに、身も心も清められれていくよう。



参拝後に五十鈴川茶屋さんでいただいた冷たく冷やした抹茶と水まんじゅうで生き返りました。














jam0103 at 23:26コメント(0) 
神社 

July 31, 2016

農園レストランで無農薬の桃をいただきました。




品種改良されてない自然のままの桃はコリコリした歯応えと渋みがあって美味しい。

せっかくなので桃のカッペリーニを作りました。

無農薬レモンで作った自家製塩レモン、生ハム、トマト、バジル、ハーブソルト、エキストラバージンオリーブオイルに無農薬の桃を冷たくして、キンキンに冷やしたパスタを和えるだけ。

夏はそうめん感覚で、こんなのよく作ります。

めちゃうま☆












jam0103 at 19:59コメント(0) 

July 19, 2016

梅雨明けして夏の到来。

今年も名古屋港花火を観に行きました。


今年は船上バーでクルージングしながらの花火。



日が沈みかけた頃、あちこちからクルーザーが集まってきた中に、ひときわ素敵なクルーザーに知人が乗っているのを見つけて手を振りあいました。



来年はそちらに乗せてください、と言いながら。



迫力満点。

船上からの花火は最高でした。



花火とお月さまの競演。


         
船酔いと飲酒と浴衣が苦しいの三重苦で途中リタイア組も出て波乱万丈なクルージング花火でした。

花火が終わってからも筏の上のバーでゆらゆらしながらまた乾杯。

名古屋でこんな楽しみ方があったなんて知らなかったわ。











jam0103 at 01:17コメント(0) 

July 17, 2016


訳あって楽しげなお誘いをいくつも断って手持ち無沙汰な3連休。

娘が東京から友だち4人も連れて帰ってきたので留守にするわけにもいかず、かといって距離感大事。

久しぶりにパルコにふらっとお出かけしてきました。

たまたま Par Avion の前を通りかかったらタイムセールの真っ最中でした。

2着買うとセール価格からさらに半額・・・って凄くない?

Par Avion は今や全国展開してるティーンのブランドになったけれど、ずっと昔は南青山でパリの古着を扱っていた感度の高いお店でした。

フランス語でairmailの意味。

東京に行くと背伸びして必ず Par Avion を覗いてました。

ファッションと恋が命だったあの頃。



そんな Par Avion で見つけたパリ感満載のスカート2000円。

白いスニーカーが似合いそう。

綿100%で肌触りが良くていいな。











jam0103 at 23:26コメント(0) 

July 16, 2016

今年も名古屋場所の季節がやってきました。

ここに来ると何だかとってもテンションが上がります。



今年は8人で浴衣を着て観戦しました。

お相撲はあっという間に決着がつくし、テンポも良いので楽しいです。



琴奨菊の気合いのポーズに大盛り上がり。



満員御礼 物凄い観客の中、横綱白鳳登場で結びの一番。

最高潮です。

横綱の風格、冷静沈着肌の色艶、身体の張りといい、素晴らしいですね。



お鮨倶楽部に黒紋付の会、歌舞伎を観たり京都で染色したりと何かと和の文化を楽しむ皆さんと。

先日、相撲甚句で太鼓を叩いていた方にもお会いできました。

着物姿で観戦している友だちを見つけたり、テレビに映ったよとLINEで連絡をくれた友だちもいて、今年も盛り上がりました。












jam0103 at 00:34コメント(0) 
 

July 10, 2016

今日は特別な日ということで京都伏見稲荷大社で参拝してきました。

もちろん期日前投票は済ませてきました。


東京、大阪、名古屋、広島といろんなところから集合して20人ぐらいで山頂を目指しました。

3歩歩いたら汗が噴き出すような暑さでしたので休憩を取りながらやっと四ツ辻に到着。



自然の風がクーラーのように気持ちよかったです。



お昼はきつねうどんとお稲荷さん。

油揚げ尽くしです。



シュールなカエルにバヤリースって懐かしい。

なぜか鳥居も建ってました。



ここ、伏見稲荷でも大好きな場所です。

こちらでご祈祷を受けました。

そして、目指せ山頂。

まだまだ山頂は遠い。



無事に到着しました。

汗が目の中に入るし服はびしょびしょ。

暑い中、頑張りました。

今年もここまで登らせていただき、参拝できて心から感謝です。



少し日が傾きだした頃、京都駅に着いてホッとひと息。

不良のオトナの女3人で生麩田楽と鴨肉をつまみに人生を語る。。

女同士っていいな。












jam0103 at 20:48コメント(0) 
神社 | 京都

July 09, 2016

土岐市にある株式会社虔山さんのショールームと別邸の不問庵さんにお伺いしました。

虔山さんのタイルは立体的な形状で照明の陰影が美しく映えるタイルです。

大名古屋ビルヂング1階の三越伊勢丹に圧倒されるタイルが施工されています。



湿式タイルにスタンプのようにひとつひとつ模様をつけています。

タイルの可能性の広がりを感じます。

有松絞りでも立体的な形状を生かした建材を作っていたことを思い出しました。



組み合わせによって様々な形が生まれる発想豊かなタイルです。

デザイナーさんによるものではなく、社長さんが考案されています。



色のバリエーションは豊富にあり、特注で作っていただけます。


そしてショールームを後にして社長さんにご案内いただき、熊が出そうな山の中に移動しました。


本日のメインはこちら。

虔山さんの別邸、不問庵さんで陶芸体験をさせていただきました。

昨年お亡くなりになった会長さんからのご縁で一度お邪魔させていただきたいと常々思っていましたが、やっと願いが叶いました。



渓谷沿いにある素晴らしい環境の工房で無心になって陶芸を楽しみました。

粘土に触れている手触りが心地よく、穏やかな時間が流れました。

こちらは生前会長さんが考案されたサーバーでしょうか。

会長さんは干からびた金魚が生き返るサーバーとか、電子レンジにかけても電磁波の影響を受けないマグカップとか、いろんなユニークな商品を研究していらっしゃいました。


生きていらっしゃったらもっともっといろんなお話しさせていただきたかったです。

それでも今回こうしてまたご縁をいただいて感謝しています。











jam0103 at 21:59コメント(0) 

July 08, 2016

これまで海外というとガッツで移動して気が抜けない旅が多かったけれど、ハワイは買い物天国でした。

円高でNYブランドが好きなこともあり、4着買っても日本で1着買うより安いという幸せなお値段。

今日は久しぶりに集まった友だち4人でランチしましたが、それぞれがいかに良いものを安く手に入れたかというお買い物上手自慢話しに花が咲き、楽しかったです。

好きな服を着て誰とどこへお出かけしよう、というのは女性のエネルギー源。

洋服は1日の気分を左右するのでとても大切。

このシーズン、素敵なお洋服をお値打ちに見つけてファッションもプライベートもたくさん冒険できるといいですね。

皆さまもどんどん外に出かけて素敵な夏をお過ごしくださいね。











jam0103 at 22:12コメント(0) 

July 06, 2016

Instagram は Facebook のような友だちや知人とのやり取りより、ステキな写真を見られるところが魅力。

ハッとするような美しい風景、情景、人の表情、民族衣装に心奪われてしまいます。

例えばこんな・・・。



また旅に出たくなりました。














jam0103 at 22:04コメント(0) 
色彩 

July 03, 2016

名古屋大学の近くにある薬草labo.棘さんでお友だちとゆっくり昼下がりのティータイム。

庭で摘んでくださったハーブを入れた薬草ハーブティーは自然の恵みがいっぱい。

風邪をひいて疲れ気味の身体が癒されました。

奈良の洞川温泉にあるお気に入りのカフェ 空さんに似てる感覚のカフェでした。

裏庭は薬草の宝箱のよう。

こんなに近くにお気に入りの場所ができて嬉しい。












jam0103 at 01:14コメント(0) 

July 01, 2016

花ごごろ緑苑さんで、立浪部屋の力士さんたちに相撲甚句を聴かせてもらいました。

相撲甚句、はじめての体験でした。

ハァ〜、ドスコイドスコイ♪

もうすぐ名古屋場所。

今年も観に行きまーす!




ハワイから帰国して疲れが出たのか風邪をひいてしまいました。

ノドが痛むざんす。














jam0103 at 01:33コメント(0) 
 
livedoor プロフィール
Archives