February 26, 2017

今年も多治見にある蔵珍窯の椿展へ。

以前にLCの見学会でもお世話になりました。

庭に神社が祀られている神聖な場所、蔵珍窯。

代々、神職さんの家系なのです。

椿の花で設えられた茅の輪わくぐり門の中へ。

今年のテーマは竹取物語。

富山から移築した築200年の民家で竹と椿のインスタレーションが素敵でした。



水盤とサンキャッチャーが太陽の光に反射して障子に映り込んでいます。



朱色で額装されている書はすべてが「福」の文字。

蔵珍窯で椿展を堪能した後は楽しみにしていた多治見ランチ。

てりょうりやおおやさんで。

友だちが予約してくれてました。

素敵なインテリアで、器にも食事にもこだわりと丁寧さが感じられるいいお店でした。

またゆっくり来たいです。

そして大賑わいのモザイクタイルミュージアムへ。

館長さんがよく来たねと歓迎してくださいました。

行くたびに館長さんにお会いできるのが嬉しいです。

あの林修先生のお祖父様は有名な画家の林雲鳳さんという方で、モザイクタイルミュージアムがある笠原ご出身なんです。

現在モザイクタイルミュージアムで開催中の企画展で林雲鳳さんの絵画や陶芸作品が展示されています。

行かれた方は注釈がないので知らずに素通りしないでね。










jam0103 at 22:34コメント(0) 

February 25, 2017

独自の世界観があるので服を選ぶにもインテリアを変えるにも労力と時間を要します。


色がいっぱいある世界。


色のない世界。

どちらも素敵。

*画像はInstagramからお借りしています。


人のことならすぐに決められるのに、自分のことは時間をかけてゆっくりと・・・


ここ、行きたい。













jam0103 at 22:22コメント(0) 

February 21, 2017

センチメンタルになるのはしょうに合わないたちなんだけど、今日だけはダメでした。

中学時代からの親友の4回目命日でした。

奇しくも命日の夜に昔々彼女に連れてってもらったキャバレロクラブに行きました。


カウンターに座ったらもうたまらなくなってしまって…

彼女が好きだったジンジャーエールをお供えして一緒に飲みました。

お酒は飲めなかったのよね。

どれだけ月日が流れても暖かく迎えてくれるバー。

人生の中で深く心に刻まれるお店があるんですね。

BOSSが歌っているボサノバのCDを買ったらサインしてくれました。

今夜の記念に。

写真の撮影地はスペインのグラナダだそうです。


私の素敵な思い出がたくさん詰まったキャバレロクラブでレコーディングされたボサノバサウンド。

たくさんの想いを優しく包み込んでくれるようです。


この子はキャバレロクラブの愛犬 ボッチャン。

皆んなに愛されて幸せいっぱい。











jam0103 at 23:33コメント(0) 

February 18, 2017

無農薬のレモンがたくさん届いたので蜂蜜レモンと塩レモンを漬け込みました。

そして今夜は楽しみにしていたレモンのパスタを作ってみました。



レモンとたらこのクリームパスタ。

爽やかな一皿。

美味しくできました。

黄色いお皿は常滑の鳥居あいさんの作品です。

部屋中にレモンの香りが広がって春を先取りした気分。

まだまだレモンがたくさんあるからペペロンチーノに生ハムにタイムやローズマリーのハーブを入れてまたレモンパスタを作ってみようかな。

蟹の殻で出汁を取った蟹の炊き込みご飯に蟹みそとレモンをギュッと絞ったら天才的に美味しく仕上がりそう。

そんなことばかり思いついてしまう、食いしん坊…笑












jam0103 at 22:20コメント(0) 

February 17, 2017

着物でいちばん大切なところは襟元だと思います。

この襟元、襟足ももちろん、ここが決まらなければ着る意味がないと思うほどに見せ場だと思ってしまう。

襟元の着こなしで粋にも野暮にもなります。

時代劇を見ていると襟元で年齢、位、職業などの役柄を表現しているのがよくわかります。

そして白い半襟と着物の襟元の緊張感。

ここがビシッと決まる着こなしが素敵な人に憧れます。

好きな女優さんの若村麻由美さん。

襟元の着こなしが綺麗で緊張感を感じますね。

半襟は柄物もコーディネートしますが、白で決めるのが断然好き。

余白の美。

白の面積の使い方。

着物の着こなしも引き算が大切なのです。

男性のスーツ姿にも共通しているように思います。


* 画像はHPからお借りしています。

美しいですね。

色香漂うという言葉がぴったり。

若村麻由美さんのような着物美人がお手本です。





























jam0103 at 23:23コメント(0) 
 | キレイになるおまじない

February 15, 2017

久しぶりにカスターオイル=ひまし油の話題です。

パソコンもスマホも眼が疲れますよね。

眼の奥と頭と首の疲れが取れなくて困っていたところ、ひまし油の存在を思い出しました。

寝る前に点眼したら、やっぱり効きました。

ドロドロねっとりしたオイルなので就寝前にしか使えませんが、翌朝 眼がぱっちりスッキリ!

眼の奥の疲れにもよーく効きます。

眼から副鼻腔にも流れていくので鼻の通りも良くなりました。

このところ毎晩点眼しています。

万能薬ですが、止血にも抜群に効果があります。



こんな風に点眼容器に移し替えて使います。

点眼容器は東急ハンズで買いました。

ひまし油は iherb がとってもお得でオススメ。

アレルギーを起こす方もいるのでパッチテストしてからお使いくださいね。
























jam0103 at 23:52コメント(0) 
爪が痛むのでしばらくジェルネイルはお休み中。

はじめて真っ赤なネイルを塗ってみたら意外にもいい感じ。

綺麗に見えるように指先を意識して。

肌の色に似合う赤を選ぶのも大事ですね。

色にいい刺激をもらっています。














jam0103 at 01:49コメント(0) 
色彩 | キレイになるおまじない

February 13, 2017

お友達の会社のキッチンをお借りしてお寿司の会を開きました。

お寿司屋さんには行きたいけれど、カウンターに座れる人数には制限があるのでお願いしてみたら快く出張して来てくださいました。

ラッキー!


すし人酒伊の太田さんと、そのお友達ですぎ浩の杉本さんもお手伝いに来てくださって、まだ25才という若いお2人が真剣に楽しそうに目の前で本格的な江戸前のお寿司を握ってくださいました。

それはもう惚れ惚れするようなお仕事ぶりでした。

普段お店ではいただけない太田さんのオリジナルが盛り込まれたスペシャルお寿司です。



美味しいお寿司に楽しすぎる時間に皆さん大満足。

この日は私の予定がダブルブッキングしていたので、わがまま言って合同で食事会をさせてもらったら な〜んと、20年ぶりの再会だというので本当にびっくり。

それも、ただの顔見知りというレベルではなかったので、お2人を引き合わせるための食事会だったのかもしれないですね。

こういうことがあるから人生って素晴らしい。



お酒のラインアップ。

最後にお友達のお父様でこちらの会社の社長さんが出してくださった中国酒 茅台酒はアルコール度数54°

周恩来が田中角栄をもてなした際に提供されたお祝いの席で飲まれるお酒だそうです。

さすがに強いお酒にひとり酔い潰れました。

心に残る絶品お寿司の会になりました。














jam0103 at 23:27コメント(0) 

February 09, 2017

今のシーズンのお楽しみ。

街を歩けばチョコレート。

JR名古屋高島屋さんではバレンタインの催事に昨年は70万人の人が訪れて、18億円売り上げがあったそうです。

しかもその売り上げは全国で1位なのだとか。

名古屋人ってそんなにもチョコレートが好きなのでしょうか。

私が思うには、新しいもの好き名古屋人。

一昨年に大行列していたお店が余裕で買えたりするんだから、まったく名古屋人って・・・。

それにしてもJR名古屋高島屋さんのチョコレートの催事には最低2回は足を運びたくなるのわかります。

マリベルもブルガリもジャンポールエヴァンも、名古屋ではこの時期しか買えないチョコレートが盛りだくさん。

今年は自分用に The Tea Room のチョコレートを買いました。

お茶がベースになっているチョコレートで、砂糖は有機サトウキビ、もちろんカカオも有機。

アメリカのUSDAオーガニックの認証を受けているチョコレートで、ジャスミンティー、ルイボスティー、チャイ、アールグレイなど様々なお茶がベースになってます。

ペッパー、カルダモン、ジンジャー、シナモン、クローブ、などのスパイスやハーブが入っているチョコレートもあります。

1枚450円。

高島屋さんで売られているひと粒500円のチョコレートに比べたらとっても可愛いお値段。

ちなみに The Tea Room は東急ハンズで買いました。

海外通販のiheabでも見つけました。

iheabでは260円。

やっぱり個人輸入で買うのがいいですね。


こんなにも私好みのチョコレートが存在していたなんて、知らなかったわ。










jam0103 at 20:11コメント(0) 

February 06, 2017

節分過ぎて立春を迎えたら心も身体も楽になり、本当にいろんなことが回り出してきました。

暦というのはただの暦ではなくて、何か人智を超えた意味があるのかもしれませんね。

そして「鬼は外」というのは自分の中にくすぶる鬼を退治するためなの?と思っていました。

そしたらセドナに住んでいるはるこさんがこんなことをブログに書いていたのです。

自分の中の鬼を追い出すのではなく、抱きしめてあげて、と。



先日、遅ればせながら名古屋初チームラボを観てきました。

確か2年前の今頃に東京で観たのがはじめてで、あの時は衝撃でした。

テクノロジーを駆使した参加型アートに子どもたちは頭で考えるまでもなく感性で理解して楽しんでる姿。

お花アートの中に3人の女の子がいるのわかりますか?

こういう子たちが全く予想もしなかった素敵なミラクルを生み出していくのでしょうね。



そしてエゴンシーレの映画も観てきました。



世紀末ウィーンの街並、インテリアにファッション、調度品やクリムトとの交流とかウィーン分離派せセッション館やそこに飾られているクリムトの絵画など見どころがたくさんありました。

エゴンシーレが芥川龍之介のようにイケメンで芸術(=エロス)にストイックなところなんかはやっぱり天才とサイコパスは紙一重なのでは、と思うのでした。




こちらは多治見の蔵珍窯さんから届いた椿まつりのお知らせ。

蔵珍窯さんには何度も訪れていて、LCでも見学会でお世話になったことがありましたが、椿展には昨年はじめて行きました。

ほんとにに素晴らしくて感動しました。

今年も出かけるのが楽しみです。












jam0103 at 21:15コメント(0) 
アート 

February 01, 2017

こんなにキレイな切り干し大根をいただきました。




水で戻したらこんな色に。



せっかくなので白だしで味つけしてギュッと絞って生でいただくことにしました。

このままの美しい色を味わいました。

自然界の豊かな色に感謝。





















jam0103 at 23:06コメント(0) 
色彩 

January 31, 2017

ジンジャーエールが好きなのでコーディアルジンジャーを作ってみました。

レシピ通りに鷹の爪を入れたら、辛すぎ・・・。

もう何回目の失敗でしょう。。

くやし。











jam0103 at 22:36コメント(0) 

January 30, 2017

今年も華々しく日本色彩学会 くらしの色彩研究会の新年会がありました。

今年の新年会は池下のカルチェラタンさんで。

まずは東京から駆けつけてくださった会長の淵田先生による肌色の見え方の勉強会。

ポイントメイクによって肌色が違って見えるというお話しに深く共感。

ネイルにチーク、リップカラー、大切です。

写真を撮り忘れましたが、勉強会の会場はカルチェラタンさんの素敵なワインバーのフロアをお借りしました。

そして1階のレストランで新年会。



今回は横浜や奈良からも新年会にご参加くださいました。

はじめましての方もいらっしゃったので、皆さん自己紹介しながら色にまつわる胸きゅんネタをご披露しました。

大先生方は揃ってピコ太郎の話題。

私もピコ太郎さんのファンなんです。

邪悪な出で立ちなのに、とってもお上品で礼儀正しく幸せな笑顔を振りまいてくれる人 ♡

お喋りしたら楽しそう♪

楽しみにしていたお食事は、愛知県美術館で開催中のゴッホとゴーギャン展にちなんで私たちのためにお願いして作っていただいた絵画のような美しいフレンチ。

美しくて美味しくて、芸術作品のようなお食事に感激しました。

これこそが胸きゅんです!


お食事を楽しんだ後はすぐ近くにある古川爲三郎記念館に移動して。山崎茂雄先生にご説明いただきながら贅を凝らして建てられた日本建築を見学しました。



欄間に施された源氏香の図や風通しを良くする市松模様の無双窓など素敵な仕掛けをたくさん発見して爲三郎記念館がますます好きになりました。



色彩を通じて趣味嗜好が合う人たちと集える幸せ♡

たくさんの方にご参加いただいて素敵な新年の幕開けでした。

今年も良い年になりそうです。












jam0103 at 21:47コメント(0) 
色彩 

January 25, 2017

暇さえあればフライングタイガーかZARA honeに出没しているワタシ。

今日はフライングタイガーに行ってました。


もちろん皆さんご存じでしょうが、フライングタイガーとは北欧のコペンハーゲン発100均です。

すべてが100円ではなくて、平均して大体300円ぐらいです。

今日はこんなもの見つけました。



A4サイズのカラフルなジャバラファイル。



小ぶりのサイズのケーキスタンド。

大体20僂阿蕕い猟招造妊ラス製で400円でした。



昨年フライングタイガーで見つけたガラスのケーキスタンドは直径34僂阿蕕い梁膸。

こちらが300円でした。

あら…⁈

小さい方が400円で、大きい方が300円…⁈



サイズ感、こんな感じです。

小さい方は日常的にお菓子などを盛るのに良さそう。

大きい方はこんな風にディスプレー用にいいですね。



フライングタイガーは定番商品以外は商品の入れ替えが頻繁にされるので、同じものを探しに行ってもすでに売り切れていると思います。

だから日頃からちょくちょく覗くのが鉄則です。

断捨離中の私ですが、こうしてモノが増えていくのです。











jam0103 at 22:42コメント(0) 
昨年、寝室の模様替えをしました。

思い切って白い麻のカーテンにしてみました。

ひだをあまりつけずフラットな雰囲気にして。

朝日がカーテン越しに射して気持ちいい。

麻の生地の質感が好き。

透明なスタルクの椅子も置いてみました。














jam0103 at 01:45コメント(0) 

January 22, 2017

国境なき料理団 本道佳子さんのランチをいただきに養老の船戸クリニックさんに来ました。

噂には聞いていましたが、がん治療、総合医療、漢方治療、看護、介護など、広い敷地で本当に様々なことをしていらっしゃる病院でした。



本道佳子さんのことは今年のお正月に友だちに教えてもらって知りました。

2月号の婦人画報に載っていて、私と同じ佳子という名前で、使っている塩も同じ「百姓の塩」だったことから興味を持ちました。

それからすぐに船戸クリニックさんでランチがいただけるよ、と連絡をもらって予約をしていました。

願いが叶うミラクルランチと言われています。

しかし、私の展開も早かった。

本道佳子さんの存在を知ってからたった20日。



船戸クリニックさんの総合医療の棟にある小さい食堂でホワイトドラゴンマジックランチをいただきました。



菜食で、素朴な食材。

野菜の色艶の良さ、ジャガイモとキーウイの組み合わせなど、思いもつかないフレッシュな味わい、歯応え、などこれまでに食べたことのないお料理でした。

そして、本道さんのランチを食べると泣くよ、と聞いていましたが、本当に食事が終わった20分後ぐらいに、なぜかこの湧き上がる感情は何?という感じにウルっとくるのでした。

野菜や果物の声を聴き、どう調理してほしいか、どうしたら野菜たちが喜んでくれるのかな?そんなことを思いながら料理をしている人のように感じました。

その野菜たちの声を瞬時に聴き取り、料理をすることで新たな生命を吹き込むような。

野菜たちの思い通りに料理をすると、それを食べた人たちも何か共感できるところがあって感動に繋がり命の源をいただけるような。

船戸クリニックさんにはたくさんの深刻な病気を抱えた患者さんがいて、その人たちにミラクルが起こることを願って作られたランチ。

素晴らしい料理人さんがそんな想いで東京から養老まで毎月いらっしゃっているのです。

本道さんの知識はほぼ無いのですが、ランチをいただいた私の率直な感想です。

見習いたいです。

感動しました。



厨房からほんの少し本道さんの姿が見えました。

ビーツの色素のような目がさめるような服の色。

食材だけではなくて、着る服の色からも元気をもらっているみたい。

こだわりをお持ちで意図して服の色を選んでいらっしゃるとお見受けしました。

色の本質とはそういうところにあるのでしょうね。

ゆっくりお話ししてみたいな。










jam0103 at 21:52コメント(0) 

久しぶりにサングリアを作ってみました。

シチューを煮込んで余った赤ワイン、レモン、りんご、みかん、シナモンスティック、ナツメグ、クローブ、ローズエッセンス、ほんの少しラム酒を入れて。

とっても簡単に冷蔵庫やキッチンにあるもので絶品サングリアの出来上がり〜(o^^o)













jam0103 at 21:52コメント(0) 

January 21, 2017



京都 伏見稲荷大社に行くと気になっていたカフェがあります。

朱色という名のカフェ バーミリオン。


気になっているうちに2店舗に増えていました。

ひとつはJR稲荷駅を降り左に行ったすぐのところ。

もう一軒はお産場稲荷さんのすぐ近く。

ここは少しわかりにくい場所で、民家と社が混在する細い坂道の途中にスカンジナビアにでも迷い込んだかのような素敵なカフェに出会えるスポットです。

冷やし飴や甘酒の昔ながらの茶店がある中でこだわりのスペシャリティコーヒーがいただけるようになりました。

お山巡りを終えてちょっとホッとするのに最適なカフェ。



そのバーミリオンは、四ツ辻と頂上の間ぐらいにある薬力社の真ん前にある薬力亭の姉妹店というから驚きでした。



いつも伏見稲荷さんで参拝するときは薬効があるというお水で作られた薬力亭さんのゆで卵をいただくのが楽しみのひとつ。

御神域でありながらお山に何軒も茶店があるのも伏見稲荷さんの特徴ですね。

楽しみながらお山巡りをさせていただけるという大らかな神様なんですね。

カフェ バーミリオンができてまたひとつ伏見稲荷さんにお出かけする楽しみが増えました。










jam0103 at 14:50コメント(0) 
色彩 | 神社

January 20, 2017

メイド・イン・パリのアスティエ・ドゥ・ヴィラットの器に魅せられて。

霞がかかったような色・・・

風合い・・・

空気感・・・

愛情と、とことんこだわり抜いた世界観を感じずにはいられない。

ずっとずっと眺めていたくなる。



* 画像はInstagramからお借りしています。










jam0103 at 22:32コメント(0) 
寒い日が続きますね〜。

少しずつ日が長くなってきましたが、まだ1月なので冬の本番はまだこれから。

春が待ち遠しいですね〜。

ジューシークチュールのフワモコパーカーを、いつもはプレゼント用にしているのですが、はじめて自分用に買ってみました。

ベビー用も作られているので、出産祝いにお母さんと赤ちゃんとお揃いでプレゼントしたり、必ず喜んでもらえます。



* 画像はHPからお借りしています。

なんて軽くて暖かいの。

空気を包み込んでいるよう。

肌触りがよくて、しあわせ〜♡

寒い夜はふわふわに包まれて、ことこと煮込み料理なんかをしているときがいちばんしあわせ感じる時間です。

たまには自分にもプレゼントしてあげようね。











jam0103 at 03:37コメント(0) 
livedoor プロフィール
Archives