こんにちは!「まちるだいすけ」だよ♪
今日は、たまねぎのタネまきをしているようすを見てきたよ。

これがたまねぎに使っているタネまき機。

1

北海道 芽室町では、毎年3月はじめにタネまきをしているよ。
といっても畑に直接タネをまくわけじゃなくて、黒いプラスチックトレイにタネを落としていくんだ。

トレイのくぼみに小さい粒が見えるでしょ。これがタネなんだよ。

2

作ったトレイは、ビニールハウスに敷き詰めてシートをかぶせて、暖かくしてあげる。しばらくすると根を張って、芽が出てくるんだって。ある程度育ってきたら、ビニールハウスの外の畑に植えかえる作業をするよ。

3

おいしいたまねぎをたくさん収穫できるように、こういった努力をしているんだね♪
たまねぎの収穫は、9月頃からはじまるよ。それまで元気に育ってくれるとうれしいな。

4

北海道芽室産のたまねぎをぜひご賞味ください♪
JAめむろのホームページにたまねぎの紹介とレシピ集を掲載しているので、こちらも是非ご覧ください。

十勝めむろの農業 農産物 たまねぎはこちらから

たまねぎのレシピはこちらから