今年は児童クラスの5人が小学校を卒業し、公立中学に進学した3人は4月から当スクールの中学生クラスで新たな練習を始めています。

中学生クラスでは、これまでの外国人講師との会話練習だけではなく、日本人講師が中学の英語の教科書に添った文法や長文読解などを指導します。文法を理解することによって児童クラスで培ってきた英語への感性が実用英語へと進化していき、生徒たちはこれからの3年間にどんどん英語への理解と自信を深めていきます。彼らの成長が今から楽しみです。

DSCF1543 
DSCF1546







そして当スクールの開校1年後の2007年に児童クラスで英語の練習を始めたK君が、今年中学を卒業し、見事第一志望の公立高校へ合格しました。もちろん高校入試は英語の力だけで合格できるものではありません。本人の努力の賜物です。
ただ、ここで一つ言えることは、当スクールの児童クラスでリスニング・スピーキングの基礎力を磨き、そして中学生クラスで文法・英文解釈・作文力を総合的に練習することにより、生徒自身が英語に自信を持てるため、英語以外の教科の勉強にも力を入れる余裕ができるということです。K君の会話力は当スクールの外国人講師も高く評価しており、また英文を読み取る長文読解力も非常に優れています。

DSCF1547








もう一人、うれしい知らせが届いた生徒がいます。この春音楽の専門校を卒業したS君はアメリカ・ボストンのバークリー音楽大学への留学が決まりました。選考試験の成績が優秀であったため大学から奨学金が付与されることになったそうです。この快挙はもちろん演奏実技が優れていたからこそ成し得たものですが、彼は英語への努力も怠りませんでした。日本人には過酷なTOEFL iBTの成績を少しでも上げるために、TOEFLに即し
たlistening, speaking, writingのとてもハードなトレーニングを外国人講師から受けていたのです。 そして結果的にはこれが選考試験の面接でバークリーの面接官からコミュニケーション力への高い評価を受けることにつながったようです。

S君はアルトサックスの演奏家を目指して早くからバークリーへの留学を志していたそうです。
James Language Schoolでは、一人一人の夢の実現に語学力が力強く後押ししてくれることを信じて、コミュニケーション力を磨くことを重視しています。世界に通じるコミュニケーション力は決して短期間で磨けるものではありませんが、練習の先には未来が輝いています。
S君はJames Language Schoolの思いを実現させてくれました。5月末には渡米するそうです。今後の活躍を期待し、応援します。
DSCF1516 








レッスンへのお問合せは →JLS表札

地図

枠にカーソルを当ててダブルクリックしてください。




Comments(0) | TrackBack(0) │   (20:47)

February 09, 2013

2012 Kids Christmas 1

Misaki

Bingo

Ashis


写真は子供たちと外国人講師の楽しい集いの様子です。 実はこの集いは去年の暮におこなわれたものです。(もっと早くアップすべきなのですが、James Language School ではいいこと・そうでないこと毎日毎日何かが起こり、1つずつ片づけているうちに今になってしまいました。)

写真の集いには4歳から11歳までの14人の児童生徒が参加しました。日曜日に行ったため、全体の半数程度の子供たちしか集まれませんでしたが、狭い教室ではなく広々したスペースで先生方とのびのびとゲームを楽しみました。もちろん先生方との会話は英語です。日頃のレッスンのおかげで、子供たちはこういう機会でも物おじせずに先生の英語にしっかり反応し、気持ちを通わせることができます。小・中学校で本格的な英語の授業が始まるまでにこうして実際に英語を使う機会がもてる子供たちって、ちょっとうらやましいですね。

レッスンへのお問合せは →JLS表札

地図
Comments(0) | TrackBack(0) │   (13:31)

November 10, 2012

Halloween
今年も金曜日のクラスの子供たちと講師で大きなオレンジ色のかぼちゃにJack o'Lanternの顔を彫りました。
James Language SchoolのJack o'Lantern作りは今年で3年目。小学校高学年の子供たちはもうすっかり手慣れたもの。低学年の子供たちに指示を出している男の子もいました。jpgSouma







スクールの狭い部屋でかぼちゃの中身をすくい出すとかぼちゃの匂いが部屋中に蔓延し、くさい!といって近寄らない女の子もいましたが
 Yuto
Kotaroでもそこは子供徐々にちょっとやってみようかな、といつのまにか講師のそばで手伝っていました。


3年目にもなると彫り上げる時間も短縮されて、子供たちの好きなこわ〜い顔のJackはあっという間にできあがり、
みんなの意見でかぼちゃの反対側にも別の顔を彫ろうといういことになり、結局今年は怖〜い顔とキュートな顔の二つの顔を持ったJack o' Lantern が出来上がりました。
Cute Jack o'Lantern 2012Scary Jack o'Lantern 2012









土曜クラス合同金曜日以外のクラスの子供たちはJack o' Lantern 作りには参加できませんでしたが、それぞれのレッスン時間にHalloweenにちなんだ、わくわくどきどきするような英語を使ったゲームなどで楽しみました。
jpg jpgjpg火曜低学年クラス 2Veronica, Ashis, Ryo 2



レッスンへのお問合せ・お申込みは →  JLS表札
Comments(0) | TrackBack(0) │   (18:48)

January 11, 2012

 - コピー2011年12月23日、James Language School のkids Christmasは、2011年の締めくくりにふさわしいとても楽しいイベントになりました。 子供クラスの人数が増え、みんなで楽しく遊ぶには教室ではなく、もっと広い場所が必要になり、今回は六甲「風の家」の広いフリールームを借りました。


Ryo コピー  

6 コピー 

11 kopi-

2コピー幼児と小学校低学年はJeremy team、小学校高学年はHenry team で、それぞれ広いスペースを駆け回って、90分のプログラムは終始、子供たちと講師のJeremy, Henryの笑い声につつまれました。

写真からわかるように、クリスマスデコレーションも、クリスマスツリーも、サンタさんも登場しないクリスマス会でしたが、そんなことおかまいなし! 日頃の教室でのレッスンから解放され、教室では幾分恥ずかしがり屋さん風だったK君もNちゃんもHenry やJeremyの顔をしっかり見てゲームのやり方を確認していました。

レッスンへのお問合せ・ご連絡は⇒  JLS表札

地図
Comments(0) | TrackBack(0) │   (00:00)

November 05, 2011

10月最後の週の児童クラスのレッスンは恒例のHalloweenプログラムです。今年は金曜の3クラスが合同でJack-o'-lanternを2つもつくりました。 avec jack-o'-lanterns 2011

Halloween





ランタンの顔は児童たちが思い思いに描いた中から、4年生のS君と2年生のMちゃんの描いた顔が選ばれ、講師のJeremyが見事にそれらの顔をかぼちゃに彫り込んでくれました。
Jeremy
制作中
大きな口をあけて不気味に笑うJack-o'-lanternですが、中にろうそくの灯をともし部屋を暗くするととても幻想的になりました。jol lit up





今年は火曜日クラス・土曜日クラスのみんなは、Jack-o'-lanternを一緒に作れませんでしたが、それぞれのクラスで、担当講師Henryと一緒にお面を作ったり、Pin a tail on a horseならぬ、Pin a head on a skeleton で大いに盛り上がりました。 Pin a head on a skeleton というのは、目隠しした生徒がほかの生徒のup, down, right, leftという掛け声に従って骸骨の頭をあらかじめ壁に貼ってある骸骨の胴体にうまくくっつけるというゲームです。
DSCF0791
DSCF0806
DSCF0832
DSCF0800

DSCF0827


Halloweenがおわると街では早くもクリスマスイルミネーションが灯り始めます。 4月の新学期のころを思い起こすと随分成長してきたJames Language School の児童たちは、2学期最後の楽しいイベント・クリスマスまで、約2か月間さらに上達を目指して英語のレッスンを続けます。

レッスンへのお問合せ・お申し込みは↓
JLS表札
地図
  写真をクリックすると拡大されます!
Comments(0) | TrackBack(0) │   (18:45)

October 12, 2011

Espanol
French
Italiano
英語




James Language School では英語以外にスペイン語・フランス語・イタリア語も、それぞれの言語を母国語とする外国人講師とともに練習できます。ただしこれらのクラスは原則大学生以上の大人向きのレッスンです。

どの言語であっても、練習目標は英語と同じ、”世界に通じるコミュニケーション力”。 その実現のために、初心者は文法を理論的に理解する以前に、まずは聞こえた単語やフレーズ、文章を声に出して復唱するダイレクトメソッドで外国語を体の中に取り込んでいきます。

中学・高校で英語の練習を経験してきた大人にとって、「まず文法や文章構造を習わなければ外国語を話せない」と信じている人が結構多くいらっしゃいます。そのように思い込んでいる人の中には、ダイレクトメソッドに初めはかなり心理的に抵抗される場合があります。しかし外国人講師とともに声を出して練習するうちに、声を出して練習することに心理的な抵抗やプレッシャーはほとんどなくなり、むしろ練習が楽しくなってきます。その時こそ文法学習を始めるタイミングです。抵抗なく口からこぼれるようになってきた文章を文法という側面から理解することで、外国語への確かな自信が芽生え始めます。 

スペイン語・フランス語・イタリア語の名詞は男性名詞と女性名詞に分類されます。この区別が冠詞・形容詞・動詞をことごとく変化させます。名詞が単数か複数かによっても冠詞・形容詞・動詞の形態に影響を及ぼします。

日本語に慣れている私たちには、たいへん複雑な言語に思えますが、それでも当スクールで練習を続けるレッスン生は皆とても楽しそうです。それはダイレクトメソッドによって、まず外国語マインドを体に取り入れて、それを体系的に理解するツールとして後付けで文法学習をするため、むしろ「なるほど、そういうことか」と、納得につながり、ともすれば難解になりがちな文法学習に積極的に取り組めるようになるからです。 

ダイレクトメソッドで外国語を練習すると、まるで魔法をかけられたように、地道な練習が楽しくなるのです。

外国語を話せるようになりたくて練習したけれど挫折してしまったという経験をお持ちの方、当スクールでもう一度、外国語を話せるようになりたいという夢の実現にチャレンジしてみませんか。 実際に当スクールで再チャレンジを試みて、今では外国人の講師との会話を楽しめるまでになられた方々が何人もいらっしゃいます。 外国語でのコミュニケーションは私たちの知的好奇心の幅をどんどん広げてくれます。それはプライベート生活においてもビジネスシーンにおいても、私たちの可能性を広げてくれます。James Language Schoolは、生徒の皆さんの輝かしい将来のために、一人一人の個性を尊重したサポートを行っています。

レッスンへのお問い合わせ・ご入会は
        ↓ 
表札
地図

Comments(0) | TrackBack(0) │   (12:38)

December 31, 2010

xmas Jeremyxmas Tina


12月21日(火)1年生と3年生クラス合同の恒例のクリスマスレッスン、今年はそれぞれのクラス担当の講師がサンタコスチュームを着て子供たちを楽しませてくれました。

blog xmas 1blog xmas2blog Xmas 3
子供たちは講師の英語での指示を想像力を働かせながら理解し、トナカイレース、クリスマスビンゴ、Santa says,でおもいきり盛り上がり、




そして最後はクリスマスソングやレッスンで時々練習していた英語の歌を歌ってしめくくりました。ビンゴの人から順番にサンタさんからクリスマスプレゼントをもらうのですが、サンタさんはプレゼントを渡す前に一人一人に英語でいろいろ質問します。さすが日頃しっかり練習していただけあってみんなしっかりお返事できました。サンタさんも子供たちとコミュニケーションがとれてうれしそうでした。
blog xmas 6JPG

blog xmas last

blog 6年生クラスの今年最後のレッスン日は12月24日、ちょうどクリスマスイブにあたったので、みんなで一皿ずつ写真のようなクリスマスツリープレートを飾り付けました。三角形に切ったトーストパンに細かく刻んだフルーツをオーナメントのように散らして、ホィップクリームをスノーフレークのように飾ったものです。6年生の二人の生徒は秋に英検5級に合格し、一回り大きく成長しました。John LennonのHappy ChristmasのCDをかけて講師のJeremyに"What's this song?"とか"Do you know this song?"と自発的に英語で質問する姿勢が見られて、本当に頼もしく思いました。6年生は児童英語のテキストがちょうどその日で終了し、1月からは中学生用のテキストで練習します。


お問い合わせ・お申し込みは → 表札

Comments(0) | TrackBack(0) │   (14:30)

11月23日(祝)の夜、JLSのスペイン人講師Miguelを囲んでスペイン語クラスの親睦会を行いました。なんとJLSでスペイン語を練習されている4人の生徒さん全員が出席。とても楽しくあっという間のひと時でした。 8月に始めたばかりの初心者の方からスペインへの留学経験もある上級者の方まで語学レベルはそれぞれ異なり、日頃はプライベートで練習されているのですが、まるでいつも同じグループでレッスンされている方々かと思うほどの盛り上がりでした。会話はスペイン語・英語・そして怪しげな日本語も混じりややこしい時もありましたが、大事なことはコミュニケーション。レッスン時間には正しい言葉正しい言い回しを練習し、こういうパーティでは英語や日本語にも助けられながら文法の間違いなど気にせずに話に参加することが異文化交流パーティのマナーです。
blog 1 楽しいおしゃべりに加えて、パーティに欠かせない・・・スペインといえばワインとお料理!講師Miguel差し入れのフルーティな赤ワインとトルティーヤに皆でつくったパエリヤ、そして生徒さんの差し入れのデザートやおつまみがあれば、自然にみんなこぼれんばかりの笑顔になります。

そしてこの日のサプライズは、先日スペインへ帰国した以前の講師とSkypeでビデオ会話することでした。23 Party 5 blog
日本時間の午後7時、スペイン時間は午前11時。23 Party 4 blog
Miguelが呼び出すと、懐しい笑顔が画面に現れ、みな少々興奮気味に交替でパソコンの前に座りました。こちらのイヤホンに問題があったのか、途中音が途絶え、急遽チャットに切り替えたりもしましたが、遠く離れたところにいる人と顔を見ながら同じ時間を共有できるなんて本当にワクワクしました。 

レッスンへのお問い合わせは → 表札
地図


Comments(0) | TrackBack(0) │   (17:39)

November 13, 2010

JLSで毎週英語の練習を続けてきた公立小学校6年生の児童2人が、先月10月17日に
初めて英検5級に挑戦し、2人とも見事悠々合格しました。

Aちゃん、K君 おめでとう!

 Akane ブログ用JLSでは大人のレッスンにおいても児童のレッスンにおいても検定試験や資格試験を想定した指導は行っていません。ですからJLSの子供達は児童英検を受けません。子供達にはのびのびと楽しみながら、その一方でしっかりした英語の基礎力をつけてもらいたいので、外国人講師と和やかな雰囲気で年単位で少しずつ学習していくレッスンスタイルを貫いています。

週一回のレッスンですが、英語ワールドに浸れる外国人講師とのレッスンは、楽しくしかも刺激的で、確実に子供達の体の中に英語の受け皿を築き上げます。その甲斐あって、AちゃんもK君も5年生の3学期ごろからリスニング力も発話力も顕著に伸び始めました。そして6年生になって、英検への興味を示し始めました。子供達自身が自分の心の中に英語への意欲が芽生えているのに気づき、それが児童英検ではなく"英検"への興味となって現れたのでしょう。最初に書いたように、JLSでは"英検合格のコツ"を教えるようなレッスンはしませんが、子供達自身が興味をもっていることには、その興味を出来るだけ伸ばせるように導いています。
Aちゃん・K君の英検5級合格は、児童英語の最終章の6年生になった子供達に英語への自信が確実に芽生えていることを裏付けるものであり、大変うれしく思います。

レッスンへのお問い合わせは → 表札
地図




Comments(0) | TrackBack(0) │   (21:20)

October 25, 2010

DSCF0556
10月19日(火)JLSでは、早々とHalloween Lessonを行いました。今年は、中・高学年の小学生を担当しているアメリカ人講師 Jeremy の指導の下大きなかぼちゃを使って、絵本や写真でお馴染みのJack-o'-Lanternをみんなで作ってみました。51






Jack-o'-Lanternの顔はコンテストで決めることにしました。そして、生徒一人ひとりが思い思いに描いた顔のなかから一番人気の高かった小1のN-ちゃんの描いた顔がJackの顔に選ばれました。6
7





2010
最後に教室の明かりを消してろうそくの火をともすと、Jack-o'-Lanternの顔のなかからオレンジの光がこぼれだして不思議な空間を作り出しました。





さて、低学年の子供達はJack-o'-Lantern作りだけではおさまりません。クラスの担当講師Tinaと一緒に水彩絵の具で手を真っ黒に染めてハンドプリンティングでスパイダーをペイントしたり、Halloween Nightの不気味なデコレーションを教室の壁に貼り付けたりして楽しく過ごしました。
真っ黒wall






こうして今年も楽しいHalloweenが終わりました。すぐにクリスマスがやってきます。楽しいクリスマスレッスンを期待しながら、みんなもっともっと上手になるよう英語の練習をつづけましょう。



レッスンへのお問い合わせは → 表札
地図
Comments(0) | TrackBack(0) │   (21:00)

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ