韓国・LA攻略マニュアル ❤出会い❤生活❤文化❤

ソウルに何度も来ている方で、 実際に現地の韓国人女性(男性もあり)と コーヒーを飲みながら楽しい時間を過ごしたいと思っている人 を対象に韓国の文化を紹介しながら、韓国の旅行を コーディネートいたします。 時々は、LA・SanDiego・Tokyo上海・マニラにも出現します。^

DSC06544
本日は、韓国ではおなじみの『冷凍マグロ』
食べてきました。

日本ではあまり見慣れないのですが
韓国の刺身やではよく見かけます。

『冷凍マグロ』


最初は非常に抵抗がありましたが
最近は、ローカライズされた味なんだ
ということで食べれております。

韓国で刺身といえば
『マグロ』よりは『ヒラメ』
多くコリコリしていてあまり日本では
一般的ではないですよね。

長く韓国に住んでいると、『慣れ』というもので
なんでも大丈夫になってくるものですね。

本日は、大家さんと一緒に25000₩で食べ放題
のマグロでした。。。
DSC06542

DSC06543
このノリにからんで刺身を食べるのが韓国式


DSC06546
これは??マグロというよりはサメ???
DSC06547
こんな感じのところでした。^-




 

ソウル ブログランキングへ
 
ロサンゼルス ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 
 

     
 
  
  
  
   


男が女から逃げ出したくなるときのシュチュエーションはさまざまであるが、逃げ出したくなるその理由はなんといっても「めんどくさいことになりそう……」ということに尽きる。

そもそも厄介ゴトを嫌う男たちは“めんどくさい女”が大嫌い。

「コイツ、ウザい」「俺の手に負えない」と思った瞬間、彼らは全速力でその女から離れてゆくものなのである。

今回は男が「この女、めんどくさいと思った瞬間」をリサーチしてみたので、男性から逃げられる女にならないようにしてほしい。DSC06537

「でも」「いや」「それは」……が口癖の女

・「前に合コンで知り合った女性は見た目“いい女風”だったけど“会話に否定から入る女”だった。素直にコッチのいうことは肯定せず、『でも、それって○○ですよね?』とか『……いや、それは~』とかイチイチ突っかかってきて超イラついた! 俺に対してだけじゃなく他の男たちにもやっていたから、そういう話し方がクセなのかもしれないけど、合コン終了後『どんだけ上から目線なんだよ』『あの女、自分は神か?……』と周囲からも大不評だった。ああいう女と二人っきりになったら俺、絶対逃げる自信アリ(笑)」(30代・システムエンジニア)

――「なんでも否定から入る女性」「他人のいうことを否定しまくる女」というのはとかく煙たがれ、遠ざけられる。

この手の過ちを犯しがちなのは“ひそかに自分に自信がある意識高い系女子”や、逆に自分に自信がない“自分をすごいと思ってもらいたい、人に認められたい女子”だったりする。

あなたが「でも」「だって」「いや」「それ違うよ」などが口癖になってないかチェックしてみよう。

誰でも会話の最初に「でも」を付けて入られると、いい気分はしないもの。

話題を提供したり話を振ってきた相手の男性の口数が減って閉口するのは間違いなし!

あとでケチをつける女

© ローリエ 提供

・「友達の紹介で知り合った子とデートした時のこと。『海が好き』なんていってたから天気のいい休日に彼女を誘って湘南へ行ってみた。夏になる前だったから浜辺をのんびり歩いて江ノ島を散策して……そんなまったりしたデートを済ませて、気分よく帰ってきたと思ってたら……。その夜、彼女から目を疑うようなメールが届いた。彼女いわく、『私は紫外線に弱いから長時間の散歩はキツかった』『エビアレルギーだから海鮮丼の店は遠慮して欲しかった……』などなど。そんな彼女の体質のことなんて知らなかったし聞いちゃいないしさ……。“私にもっと気遣え”ってことなんだろうけど、そんな女コッチからもちろん願いさげ」(20代・ショップ店員)

――女性はとくに初期のデートにおいて「ガマンしがち」な傾向にある。彼の立てたデートプランに納得がいかないことがあったとしても、「彼が行きたいなら仕方ない……」「嫌われたくないから相手に合わせておこう」という思いから“申し立て”や“意見”を押し殺してしまう。けれどできる忍耐には誰にでも限りがある。ガマンしたぶんだけ積もり積もってあとになって文句が出てしまう……なんてことはなかっただろうか。しかしその不満は男性にとっては「ひきょうな不意打ち」であり「だったら最初から言えよ!」といいたくなるもの。

“いったん封じ込めた文句”は最後まで封印できなければ、“タダのイチャモン”でしかないのだ。

すぐに反応や見返りを求める女

・「ちょっと前に付き合っていた彼女はすごいマメな子だった。朝は『おはよう』メールで俺を起こしてくれたし、『おかえり』『おやすみ』のあいさつもちゃんと言ってくるし、彼女が家族旅行や友達と出掛けたときも彼氏である俺には定時連絡を欠かさなかった。でも、それを人にも求めるのはおかしい。彼女から誕生日にLINEをもらったとき、俺はたまたま仕事の打ち合わせがあってお礼の返信が遅れてしまったんだけど、そうしたら『なんで返信くれないの?』『せっかくこっちはお祝いメールしてるのに、育ち悪くない?』なんていうセリフが何通か連投されてた……。ぶっちゃけ恩着せがましいと思ったし、見返りを求められるなら何もして欲しくない。面倒くさくなってすぐに別れました」(30代・企画)

――女特有の「あなたのために」とか「~してあげたのに!」という“ご奉仕精神”は要注意! 男性たちは決してバカではない。「あなたのためを思ってこうしてるの」という女の言動は、単に自分が気分よくなりたいゆえの自己満行動だと見抜かれる。“すぐに反応がほしい”“何らかの見返りがほしい”という本心を隠した偽善的な行動は男性がウザく思う最たるもの。

“女がうっかりやりがちなメールの催促”もそのひとつ。よくよく気をつけよう。

すぐに「私のことキライになったの?」という女

・「こっちは一生懸命仕事しているのに『私の事キライになったの?』とかマジ勘弁してほしいよ。仕事のメドがつかないときや繁忙期はどうしても前もってデートには誘えないし、会える日や時間が少なくなるのは仕方ないこと。

それを『なんか冷たいね』とか『最近優しくないよね』とか言われるとホントめんどくせー女と思ってしまう」(30代・営業)

――「私と仕事どっちが大事なの?」と聞く女は愚かだ。「キミの方が大事だからオレ仕事放り出すわ」という答えが返ってきたらぐうの音も出ないはず。

男性からしたら「キミが養ってくれるなら喜んで辞めてあげる」……である。

男性の仕事がキツかったり疲れているときに愛の言葉を求められてもただウザがられるだけ。

彼に愛の言葉をささやいて欲しいなら、相手の状況や事情をまず理解しそれを踏まえたうえで引き出すべき。

“かわいい女になるかウザい女になるか”は、そこにかかっているのだ。

“こんな女はもうゴメン”とならないために……

「男がめんどくさいと感じる女」は、「自分のことしか考えない女」である。

上にあげた例の他にも、男の体面など考えずに人前で泣く、すぐメソメソする、ちょっとしたことで機嫌が悪くなる、ネガティブな発言が多い、夜中に何度もLINEをしてくるなどの声があった。

つまり“自分の感情を制御しきれず、私のことしか考えられなくなったとき”に男たちは「こんな女はもうゴメン!」とあなたのことを放り出すのだ。

好きな相手や彼氏に自分の感情を伝えたい、分かってもらいたい、構ってもらいたい……と思うのはそれは当然の欲求ではある。

しかし、その感情を表すなら「今ここでそれを出すべきか」をよく考えるべきだ。

Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)を念頭に置いて使い分けなければ、ただの身勝手な女に成り下がる。

“TPOに合わせて振る舞える女”には黙っていても男が寄ってくるものなのだ。



2016年くらいから、『ウォン安』が始まりました。
その前までは、レート的に950₩(100円に対して)
でしたが、最近はレンジ的には1020-1090₩(100円に対して)
で動いております。

これは、韓国₩と円が直接取引というよりは
ドル円・ドルウォンのレートで
出されるという仕組みがあるからです。
SnapCrab_NoName_2016-5-22_22-32-11_No-00

例えば、2016年5月22日の
ドル円は
約120円
であって、ドルウォンレートは1185₩
だとします。
SnapCrab_NoName_2016-5-22_22-32-51_No-00

ここから割り出された数字が
10.75という風になるわけです。
SnapCrab_NoName_2016-5-22_22-34-8_No-00

直接取引ではないので
円高になった時点で、ウォン安に進むという
円とウォンの相互関係があるということです。

以前、ドル円が80円の時代(2012年前後)の
円とウォンの相場はというと
下記のチャートを見て分かる通りかなりの円高ウォン安であるという
ことが言えます。(円高ドル安だったために)

SnapCrab_NoName_2016-5-22_22-38-33_No-00

このように、為替を追っていくと
世界経済の動きであったり情勢を知ることもできます。
同時に、その当時の韓国はウォン安であったためにサムソン・現代
などの景気が非常によかった時代でした。




ソウル ブログランキングへ
 
ロサンゼルス ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 
 

     
 
  
  
  
   






SnapCrab_NoName_2015-10-16_17-59-48_No-00

借金がある男子とは結婚したくないとか、定職を持たない男とは結婚したくないとか、

ネット上にはいろんな「一見して正しそうなこと」が書かれています。

が、言うまでもなくお金のことは「ただのお金のこと」であって、お金がある・

ないということと、しあわせな結婚生活というものは「また別の話」でしょう。

つまり、お金と彼の人格は「別の話」でしょう。


今回は、しあわせな結婚生活を送っている何人かの女子に

「結婚前から旦那が持っていたもの」について、お話をお聞きしてきました。

さっそくご紹介しましょう!

1.長いつきあいの男友だち

「そう言えば、わたしの旦那は結婚前から、つきあいの長い男友だちをたくさん持っています。人望があついのだろうと思います」(29歳・主婦)

自分の彼氏がどういう男なのかを知ろうと思えば、つきあいの長い男友だちが何人いるのか? というのを見てみるといいかもしれません。

男友だちを大事にする男に「悪いやつ」は少ないものです。

2.同僚や部下への思いやり

「結婚前から旦那は、同僚や部下に対する思いやりを持っています。いい人格だなあと思っていましたが、わたしのことももれなく思いやってくれるいい旦那になりました」(33歳・メーカー)

「男の品格」が出やすいところって「仲間に対すること」だったりもしますよね。

部下の悪口ばかり言っている男と結婚したら……(以下省略)。

3.我慢強さ

「うちの旦那は結婚前も結婚してからもとにかく我慢強くて、なかなかいい旦那ですよ(笑)」(35歳・生保)

なにがおかしいのでしょうか(笑)。

4.じぶんなりの人生のビジョン

「うちの旦那は、勤務している会社がどうではなく、じぶん独自の人生のビジョンを持っています。40歳で退職して、どこに移住したいとか、そういうことです」(33歳・金融)

こういうのも、しあわせになれるひとつの基準でしょう。

じぶんのペースで無理なく生きていきたい……こういうことを考えていない旦那さんだと、無理に無理を重ねて会社に「滅私奉公」し、結果、家族が犠牲になる……こともありますもんね。

いかがでしたか?

年々、社会の合理化や効率化が進んでいるので、どうしても結婚となると「彼の収入」とか「彼の社会的地位」という「目に見えてわかりやすいこと」が重視される傾向にあるのかもしれません。

昔から結婚とはそういうものでしかない、ということかもしれません。

でも、さほど効率がいい判断基準とは思えない「彼の人格」を見極めることって、ホントにすごく重要なことです。

非効率的にして、なかなか答えが出ない「しあわせの基準」を持っている人は、その人なりにしあわせだということでしょう。

それはきっと人生において、「効率」は、本当はさほど大事ではない、ということかもしれません。効率的に生きるという言い方は「なんとなく」理解できるかもしれませんが、効率的に死ぬという言い方は、ほぼ理解不能でしょう。

誰しも死ぬことに向かって今この瞬間を生きているわけで、死というものを考えることが、しあわせを考えるひとつのヒントになるのかもしれません。



SnapCrab_NoName_2016-2-21_16-35-26_No-00



ソウル ブログランキングへ
 
ロサンゼルス ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 
 

     
 
  
  
  
   


SnapCrab_NoName_2016-5-22_22-22-16_No-00

2016年5月20日、韓国・文化日報によると、韓国の「夫婦の日」(5月21日)
を前にした調査で、韓国人が最も信用できないと考えている
相手が「夫」との結果が出た。

韓 国企業「ダウムソフト」がネット上のブログや掲示板に使われた用語を集積
したビッグデータを基に導き出した資料によると、「韓国人が疑っている人物トップ 10」
の1位は「夫」だった。「妻」はトップ10に入らなかったが「パパ・父親」は
8位にランクイン、韓国の既婚男性が妻と子どもの両方から信頼されて
い ないことが判明した。「夫」に続いて不名誉な2位となったのは「友達」、
3位は「職員・社員」で、特定の職種では10位以内に唯一「医者」が6位に入っ た。

一方、「うそつきトップ10」の1位は「友達」、2位は「ママ・母親」で、
3位にはまたも「夫」がランクインした。「ママ」がうそつ きとされるのは、
「大学に行けばきれいになれる」「正直に言えば許してあげる」
といった母親たちの「うそ」を、子どもたちがネットで頻繁に
告発しているた めという。

ダウムソフト関係者はまた、「疑っている人物」と「うそつき」のトップ10に
「夫」のほか「息子」「子ども」「家族」がいずれもランクインしたことを明かし、
「韓国人の家族間の信頼が揺らいでいることの表れ」とした。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「それでもつらい時に思い出すのはママだし、
黙って後ろから見守ってくれているのはパパだと思う」
SnapCrab_NoName_2016-5-22_22-22-36_No-00

「上に出ている母親たちのうそは、信頼をなくさせるほどのうそじゃない。
平凡な家庭なら、子どもは両親を信頼して愛してるものだよ。
こんな情報は無駄な争いを起こすだけだ」

「愛してるからじゃなくて、顔や財産を見て結婚するからこうなる」
「信頼できない人物の上位に『パパ』が挙がっているのはなんだか悲しい。
自分がパパをどう思っているのか、改めて考えさせられた」

「母親はうそつきで父親は信頼できない…家庭はどうなるのやら」
「父親がブログや掲示板に書き込まないからこういう結果が出るんだよ。統計の落とし穴だね」
「信じなければ始まらないのに、信じてばかみたいにだまされるのも嫌だ。どうしたらいいんだ」



このような内容の調査結果が非常に多い現実を
目の当たりにしていると
悲しいと同時に理不尽さを感じております。




ソウル ブログランキングへ
 
ロサンゼルス ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 
 

     
 
  
  
  
   

DSC06781

Such a long time since I used to manage my own
Korean-Japanese cultural space called <Ainori>.
I am proud that I could contribute a lot to those who
studying Japanese or students living in Seoul.

On that time, Japan is considered as location is close but far country.
I think because of the historical reasons, for example talking in Japanese
on the bus was kind of NG(10-15 years ago).

However, time flies and Korea and Japan are going to be a real
good friend. But to understand both countries, this kind of
Korean/Japanese community is very important.

Books,TV, internet information is not always right
and better just face and toucht their own cultures.

Every Sunday afternoon at 3 pm,
No.1 Handsome guy Kiki is waiting for your visit to
Citi Cafe near Gangnam station.

here I have some photos from there and you can see
how cool this Korean/Japanese community is.

Just feel free to call
010-4604-4898(Mr.Kii)
010-5318-6797(Mr.Hanzaisha)
rookiepel@naver.com(日本語・英語・韓国語・中国語)

DSC06796



DSC06792

DSC06791
some crazy guy from Gimpo. His nick name is Hanzaisha-san..


DSC06789


DSC06786

DSC06785

DSC06782



DSC06779

DSC06777


 

ソウル ブログランキングへ
 
ロサンゼルス ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 
 

     
 
  
  
  
   




SnapCrab_NoName_2016-6-5_16-31-12_No-00




会社の近くに位置する
『SevenLuckCasino』
は外国人専用のカジノです。
SnapCrab_NoName_2016-6-5_16-31-55_No-00

私の場合は、時々友人を紹介して
食事をしたりなどの理由で利用しております。

戦績は1勝7敗です。(クーポン利用なのでマイナスではないです。)

友人紹介で
紹介した人に3万₩・紹介された方にも2万₩のチップと1万₩のマシーンクーポンが
もらえるキャンペーンをやっているので
友人と一緒に食事・クーポンもらってみてください。
SnapCrab_NoName_2016-6-5_16-31-29_No-00

詳細は SevenLuckCasinoの公式ページに➡こちら
KonestさんのSevenLuckCasinoのページ➡こちら


 

ソウル ブログランキングへ
 
ロサンゼルス ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 
 

     
 
  
  
  
   


DSC06110

COEXの中は
『高くてまずい』が定番なので
近くの日本料理(夜は居酒屋)
に来てみました。


DSC06109

DSC06108

DSC06112
DSC06106

味はというと、私が作るカレーのほうが
おいしいように感じましたが
COEXの中で10000₩以上でまずいものよりは
よかったと思いました。




ソウル ブログランキングへ
 
ロサンゼルス ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 
 

     
 
  
  
  
   






DSC06499

本日は、在韓の日本企業の経営者などを
対象に『内部調査とは何か?』という内容の
セミナーに行ってきました。
DSC06496

ここで勉強になったのは
韓国と日本の法律は似ているようで違うんだということでした。

日本のほうが会社の権限が強く
韓国は個人のプライバシーが守られているという
点でした。


これからもこのような
有意義なセミナーには
積極的に参加したいと思います。





ソウル ブログランキングへ
 
ロサンゼルス ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 
 

     
 
  
  
  
   
 

DSC05971


ふらっと本日は、大雨の中
江南駅の近くの『청순시대』という
韓国食堂に行ってきました。

江南の近くだと
意外と見逃しがちなのですが
今回は、江南駅の南側周辺で
別の用事のためにふと立ち寄ったところが
久しぶりの『クリーンヒット』でした。
DSC05969


6000₩
トッカルビ(ハンバーグに似たようなもの)定食があったので
今回は、スープをスンドゥブにして
6500₩でいただいてきました。

次の約束があったので
そそくさの食事でしたが本当に
おいしくいただいてまた行きたいと思える場所だったと思います。

DSC05967

場所は、江南駅のブンダン線のほうで
下記のところになっておりますので
一度ぜひ行ってみてください。
SnapCrab_NoName_2016-5-3_16-50-3_No-00



ソウル ブログランキングへ
 
ロサンゼルス ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村 
 

     
 
  
  
  
   

↑このページのトップヘ