お久しぶりです。

今日は、カントリーガールズのイベントと八王子でのモーニング娘。のコンサートに行ってきました。

まず八王子の方ですが、はっきりと先に言うてしまうと今のモーニング娘。はだいぶキツいんじゃないか、ということです。

とりあえず、セトリは以下の通りです。

01. One・Two・Three (updated)
02. 愛の軍団
03. 恋愛ハンター (updated)
04. 恋愛レボリューション21 (updated)
メンバー紹介VTR
05. One and Only
MC1
06. 時空を超え 宇宙を超え
07. 私のなんにもわかっちゃない
08. 負ける気しない 今夜の勝負
09. 女に 幸あれ
10. Mr.Moonlight~愛のビッグバンド~(男役 生田工藤牧野)
MC2
11. 声(譜久村工藤小田)
12. YAH! 愛したい!(生田鈴木飯窪尾形牧野羽賀)
13. 愛して 愛して 後一分(石田佐藤野中)
MC3
14. 【メドレー】 青春小僧が泣いている~Help me!~ダンスパフォーマンス~そうだ!We're ALIVE (updated)~踊れ!モーニングカレー ~ OK YEAH!
MC4
15. The 摩天楼ショー
16. 君さえ居れば何も要らない
17. わがまま 気のまま 愛のジョーク
18. みかん(間奏アクロバット)
19. What is LOVE?
MC5
20. ENDLESS SKY

【EC】
01. Tokyoという片隅 
MC6
02. 愛あらばIT'S ALL RIGHT


1発目のワンツースリーは確かに感動しました。
鞘師おらんけど、そんなもん1発目でぶっ飛ばしたるで、という思いが見てとれるんです。
メンバー紹介までぶっ通してやるのもよかった。
この勢いで行くで、という感じです。

で、メドレーまでの感じもなんか昔の娘コンのような色んな曲つまんでいく雰囲気は嫌いではないです。
なんか懐かしいな、というのはありました。

後半戦も、みかんから始まる17-19はやっぱりテンション上がるしええな、とは思うんです。
アンコール後も新曲は陰気臭くて微妙ですが、愛あらは名曲やし久々に見れてよかったとは思うんです。

でもはっきしいって物足りんし、1回見たらもうええし、次のツアーもこんなんは嫌、と思うんです。
ハローのコンサートってのはここよかったなあ、って酒飲みながら、ラーメン食いながら、熱論を振るいたくなるシーンが大体あるんですが、今回は正直なかった。
さらっとよかったね、で終わりなんです。
全体として、台本通りのMCを聞いて、リハーサル通りのパフォーマンスを見せられている感じなんです。
しかもその台本もスタッフの顔がやたらとチラつく台本なんです。

例えば、今回のMCで小田牧野のMCがあったんですが、こことか台本丸出しです。
いや、台本がある程度あるのは他のグループでもわかるし、それ自体は悪くないんですが、やり方が悪い。
概要をつまむと、小田が牧野のタメ口をたしなめる→牧野は同期と喋ってた流れでしてもうてんと言い訳→牧野が小田さんも同期と喋ってたらそんなんやってまうやろ?、って感じやったんですけど、これまりあちゃんにやらせても全然おもんないし、そもそも敬語関係のネタって全然おもんないんです。
たぐが高木をさゆきちゃんと呼んでるのがグッとくるように、竹内が和田と馴れ馴れしくなってきてるのがグッとくるように、逆側の方が見たいんです。
ほんでこういうハプニングテイストのボケをまりあちゃんにやらすとこ。
こういうのに台本の匂いを感じさせたらダメや思います。
まりあちゃんの演技力が悪い、ともいえますが、そもそも純粋無垢さを保ったままスクスク育ってほしいまりあちゃんがそんなところ上手くなっても全然ええことないです。
ここが1番キツかったです。

もう一つの人間違いをしたときのを再現するミニコントコーナーみたいなのも、台本感が臭すぎてなかなかきつかったです。
尾形ちゃんがベニヤ板を飯窪さんと間違うってボケをしたんですが、これも尾形ちゃんが考えた感がゼロ。
それやったらうまいことできてなくてもええから、尾形ちゃんが考えたやつを僕らは見たいんです。
なまじ尾形ちゃんがうまいだけさめてまうんです。
こういうのを見てると6期MCの偉大さがわかります。
6期MCはほんまに6期が喋ってるだけで台本感なんてのは全然ないんです。
大体6期はキャラが立ってるからただ喋ってるだけで面白い。
あとさゆはやっぱりしっかりできるんやけど、ハプニング系の綻びのは見せ方も抜群にうまかった思います。
10期MCとかしてみたらええと思うんですけどね。

ここでちょっとカントリーの方の話も書きます。
カントリーのMCは非常によかった。
とにかく新人とは思えないくらいまわしの力が半端じゃないんです。
僕が見たやつは、メンバーにやめてほしいことってテーマでトークしてたんですが、脱線しまくるのにポンポン話が出てきて全く途切れないんです。
しかも結構まんべんなく皆トークをする。
しかし、これもモーニングと同じく台本感は確かにあります。
カントリーは大体ももち先輩アゲとかやたらと完成度の高いMCとかその辺も含めると安定しすぎてて、一歩間違うと退屈なもんになると思います。

しかし、カントリーとモーニングで違うのはまずももち先輩です。
この台本感とか完成度ってのはスタッフの顔がチラつかずに、桃子イズムを感じるだけなのです。
PMというポジションの妙をここでも感じるし、それならば嗣永桃子の魂が受け継がれていってるんや、と楽しむことができるのです。
完成度高い=ハプニングがなくておもんないにつながるんですが、カントリーのは逆になんで新人がこんな先鋭的な方に鍛え上げられてしまってんねんっていう面白さがあるんです。
異様な空間を見せられてる感が楽しいのです。

そして、もう一つカントリーの台本感で違うのは台本のネタで笑いを取るわけではないのです。
例えば、森戸ちゃんイジリがカントリーの定番パターンとしてありますが、これはいじるネタ内容ではなく、楽しみどころはあくまでそれに対する森戸ちゃんのリアクションなんです。
言いくるめられてフリーズするとかも顔が赤くなるというファクターで台本感なんか消し飛びます。
そして、最近は森戸ちゃんがそのいじりに反抗するというパターンもでてきてます。
これもスタッフから反抗してみて新しいのやってみたら?と指示があった可能性はもちろんありますが、結局楽しむポイントは台本の中身ではなく反抗してるところ、そしてカウンターで更に言いくるめられてるところなんです。

ここでもう一度モーニングの話に戻りますが、前述した牧野尾形は森戸のように台本の中身に頼らずとも光ることの出来るメンバーです。
ガールズナイトアウトの尾形野中ロケを見ると分かりますが、尾形ちゃんはちっさいところのリアクションとか小ネタの入れ方がめちゃくちゃうまい。
自分色を出したら台本なしでも勝負できるタイプや思うんです。
大体ちょっとミスってもええんです。
起承転結はっきりしてなくても全然ええんです。
芸人やなくてアイドルなんやから。
一方まりあちゃんはクイズの答えがわからんだけで泣き出したりとにかく純粋無垢、ファンタジーの塊というアイドル力抜群のメンバーです。
100歩譲って台本を書くにしてもこういうキャラクターを活かしたのを書いてほしいんです。

上でちょっとミスってもええんです、と書きましたが、今モーニングはこのちょっとミスるってのが許されない雰囲気がすごいあって、それが悪い方向にパフォーマンスでも働いてる気がします。
ミスるってのは曲のパフォーマンスをってことだけじゃなくて、ピョコピョコウルトラ的な変な曲出すってのも含まれるので、ハズすという表現の方が近いかもしれませんが。
プラチナ期のパフォーマンスってのはメンバー変更なしで年も割と上のメンバーが多かったからできただけで、今のモーニングの体制じゃそれを求めるのは酷やと思います。
だからハズすポイントを作るべきとは何となく思うのです。
ハプニング、ハズし、バンバン起こしていいんです。
もちろん一糸乱れぬレベルの高いパフォーマンスにもハロの素晴らしさはあるんですが、それのせいでメンバーが疲弊し、しんどそうにしてるのは本末転倒なんです。
この辺が今のモーニングの閉塞感に繋がってるんやないかな、と思います。

かつてはAKBが握手してるテレビ席巻してる間、わてらのモーニングはこんなすごいことやってまんねん舐めんなや!ってのがあったんですが、今のモーニングはかつてプラチナ期、鞘師が築いてもうた壁としか戦ってないんです。
そしてパフォーマンスだけでいうと℃-ute、Juice=Juiceの方がよっぽどすごい。
そうなるとモーニングの強みは重ねた歴史から紡がれるストーリーなわけですが、それが今は道重の後継者の不在によって断絶してしまっている。
非常にモーニングの先行きが不安なんです。

ちょっとここまでカントリーはすごい、モーニングはダメって感じで全編書いてしまいましたが、もちろんメンバーは一切悪くないです。
素晴らしい原石であるメンバーをスタッフの加工で腐らすなやってことなんです。
加工できんならいっそ原石のまま出せ、と言いたいんです。
ハロオタがみんなで力合わせて原石を磨き上げます。
1人1人はもちろんスタッフのように磨けあげれないと思いますが、皆でやればできます。

それにしてもハロプロの台本書くやつってほんまにお笑い的に見るとセンス0やからマジですぐにわかります。
こぶしは台本じゃないってのがだからすぐわかる。
もし台本なら相当なセンスの持ち主がハロのスタッフにおることになります。

色々とわあわあ書きましたが、将来モーニングがこのスタイルのまま売れ続け、こぶしカントリーがさっぱり売れなかったら僕が間違ってるということです。
アイドルファンは俺が求めてるもんなんか誰も求めてないということです。

結局でも僕の意見だけを言うてまうなら、顔がかわいくて歌上手いんを見たいだけなら別にアイドルをわざわざ見なくてええ思うんです。
その枠組みの中でどんなけおもろいことできるか、どんなけ夢を見させれるか、そこやと思うんです。

今のモーニング娘。に思うこと、こんな感じです。