Bill evans & jim hall "Undercurrent"1962
Bill evans    P
Jim hall       G
この名盤を今まで聞くことなく過ごしてきたことを反省する。
何故だろうか。
どのガイド本にもこのアルバムは掲載され、素晴らしいと絶賛されている。
何故か。
おそらくDUOであることに関する懸念であろう。
ビルエバンスはポートレイト、デビイ、ゴメスとのライブなどを聞いて、ややポップだな
という印象。
一方ジムホールは、アランフェス、Jazzguitorなどを聞いて私としては、あまりパッとした印象がなかった。
ギターで言うとウエス、ピアノで言うとキースの方に傾倒したというのが事実であろう。
そして、2人の掛け合いになんの興奮があるのか。
というくらいに敬遠していた。

先日このアルバムが目に付いた。

まあ試しに聴いてみるか。
と思い購入。
しかし。
しかししかししかし。
これは。

初めてジャズを聴いたとき。
そう。
ジャズ師匠に初めてジャズを勧められて、
オスカーピーターソンのプリーズリクエスト。
オスカーのピアノに感動したあの時の感情に近い。
なんだか若き日に戻った感覚。
あの時に近い衝撃を受けることとなる。

清々しい。

2人の掛け合い。

ジムホール、いいじゃないか。、

しかしこのアルバムは若い時に聴くよりは今聞くからいいのかもしれない。

今。ソロピアノ、ピアノレス、ベースレス
昔だったら敬遠していたものに興味が出てきている。
よりダイレクトに。よりいい音で、よりわかりやすく聞ける。
その人のタッチや息遣いまでが。

若い時はそんなものより、迫力、興奮、エネルギー、インパクトを求めがちだ。
今はそんな元気はないことはないが・・・
わびさび。枯山水。無常観。静寂。ミニマル。サイケ。などを好むようになった。
音楽を癒しの道具として捉えるならば
このアルバムは最高級の音楽として大推薦したい。
遅まきながら・・・・。