Free"Songs of yesterday"1969
 
Free"Songs of yesterday"1970 live
フリー
UK発。
1969年デビュ-。このアルバムは彼らの2ndにあたる。
ポールロジャース vo
ポールコゾフ    G
アンディーフレイザー B
サイモンカーク   Ds
ここまでは何も見なくても書ける。

平均年齢20歳の4人が69年というロック爆発期になんてシンプルで
地味でツウ好みの音でデビューしたのか。
もちろんあまり売れていない。
このアルバムもあまり注目されていない。
唯一次作のファイヤーアンドウオーターが名盤とされその中のオールライトナウが注目された程度。
それにしてもあまり大衆ウケしない。

私はそこが好きなのであるが。

このアルバム。1曲目のど頭から暗い曲想で渋いシャッフルのリズムに乗って
ポールの唸りで始まる。
4人の楽器と個性が上手く曲をつないでいきます。
こんな渋くていいのか。
もっと若いのにやりたいことはないのか。

例えば庭園づくりに勤しんでいる4人の若者がいたら
励ましつつも嬉しいという複雑な状況なのである。
しかもその庭園は至極最高の出来栄えという。

ポールの歌声は後のバドカンでもそうだが、シンプルな楽器編成で
爽快なリズムに乗って歌い上げるスタイルが多い。
そしてビデオを見てもわかるが、
当時流行ったパープルやツエッペリン、フーなどが目指した方向性とは明らかに違う。
飛んだり跳ねたり壊したり火をつけたり・・・はない。
当たり前だよ。
僕たちは音楽しているんだよ。
なんで壊すのさ。
と逆に注意されそうなくらいシンプルに淡々と歌い上げる。
まるでTHE BANDのような個性派軍団のように。
まるでビートルズのようなインテリ小僧のように。

だからアメリカにいたグランドファンクみたいな野生やろうとは明らかに違うのである。

ビデオのライブはどこかのスタジオかもしれないが、
彼らの個性が最大限発揮されたものだと思う。
ポールコゾフの渋いレスポール。絶対フェンダーなんかは使わない。
アンディーのベース。ギブソンのSG。これも渋い。
絶対プレシジョンベースなんかは使わない。
そしてサイモンのドラム。
ワンタム。シンバルもトップとサイドのみ。
叩き方も基本に忠実に。
スティックをくるくる回したりバスドラを蹴り回したり、そんなことに何の意味がある。

しかし彼らは売れなかったのである。

私はそれでいいと思う。

自分たちの音楽を追求してそれを自分たちのやりたいスタイルで演奏する。
彼らを支持する大人は30年以上経って彼らの作品を購入しているよ。

いいジャーないか。
8ビートから突然6/8に変化するスタイル。
分かる人はわかっているよ。
それも至極自然にね。
8ビートもフレイザーとカークの阿吽のやり取りで
16ビートっぽい。
そのほうが大人の歌い手ロジャース様に合う。

20歳そこそこでそれを表現するバンドはあまりいないよ。