Waltz for DebbyWaltz for Debby
アーティスト:Bill Evans
Ojc(1990-10-17)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
Bill Evans" Waltz for Debby"1961
in NEW YORK
ビルエバンス     P
スコットラファロ    BASS
ポールマチアン    DS
3人はライブを通じて実力を上げてきたトリオであり、結成して一年半過ぎた頃のニューヨークのビレッジバンガードでのライブである。ベースのスコットはこのライブの10日後に他界する。この3人のトリオが最強であったために実に惜しまれる。
 このアルバムはどの評価本を読んでもほめ言葉でいっぱいである。わたしは今このアルバムを聞いて大変満足している。このアルバムにはジャズという壁を乗り越えて「音楽」という言葉がはっきりと息づいたすばらしい出来栄えであったからである。もちろんこのたび始めて聞いたのである。わたしはジャズに関しては素人であるので偉そうに論ずることは出来ないが、そんな私でもこのアルバムに関しては聞けばこれはいいということはすぐにわかりました。
 ワルツフォーデビー。デビーはエバンスの娘の名前。ワルツは実にスリリングでスイングしている。ベースが絡んで音楽が踊りだす。ビルの右手がアドリブを繰り出した瞬間ポールのブラシが入り、鳥肌が立つほどの瞬間を迎える。三人のコンビネーションが聞くものの魂を揺さぶる。後は音楽に身を任せていればよい。やがて、音楽はどんどんと踊りだす。
 このアルバムにはそんな曲がいっぱいである。このビレッジバンガードが良い。会場はこんなにもお客さんと近いほうがいいのである。