ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
アーティスト:マーカス・ミラー
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:1993-05-21
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
MARCUS MILLER "TEENTOUN"
1993
 Marcus Miller B
 Omer Hakim DS
 Philippe Saisse Key
 Hiram Bullock G
 このアルバムの豪華なゲストは何でしょう。上記のメンバーはティーンタウンのメンバーである。これ以外にも、マイルスデイビスTP,ジョーサンプルKEY,デビットサンボーンSAX,トニーウイリアムスDS、レニーホワイトDS,・・・・。マーカスの3枚目のアルバムはとんでもなく豪華の一言であり、彼のベーシストとしてのテクニックが全て表現できているばかりか、殆どの曲は彼の作った曲である。この曲はジャコの有名な曲にチョッパーでチャレンジしたもので、ジャコの曲と比べてみると面白い。
Weather Report "teen town"
1977
 まずジャコの曲をコピーしてアルバムに入れるのは勇気がいる。当然オリジナルと比べられる。指で弾くジャコはさすがにオリジナルであるので、ウエザー独特の世界を持っており貫禄さえうかがえる。この曲のポイントはベースラインの心地よいフレーズとkeyやperとのアンサンブルにある。比較的コピーしやすいポップな曲ではあるが、やはりベースラインはみながチェックを入いれるところであろう。 それにしてもミラーは自分の世界で持ってこの曲をファンキーに解釈して自分の世界に引き込んでいる。序盤はオリジナルに敬意を表すがごとく忠実にコピー。しかもチョッパーで。そして中盤からもミラーの強烈チョッパーが炸裂。ハイラムの心地よいギターを入れたり曲に見せ場を入れている。それにしても聞き比べて解ったけど、ベースラインとkeyのメロディーはユニゾンだったんですね。ザビヌルは当たり前のようにこなしているけど・・。そしてミラーはこの曲を完全に表現したばかりか、それを上回る見せ場と実力でこの曲を自分のものとしている。