パソコン修理の同業者でもPanasonicの修理が大好きという人は少ないと思うが、今回はバックライトの交換修理。
バックライトが付いたり消えたりという症状だが、幸い、インバーター基盤は生きていたのでバックライトだけの交換修理となりました。
とにかく、レッツノートは液晶パネルが薄い、当然、バックライトも細くなるわけだが、パネルを外す作業だけで神経をすり減らしてしまうのである。
パネル自体が両面テープで貼り付けてあり、ドライヤーを使い、暖めながら慎重に剥がし分解していく。
少しでも無理をすれば、薄いパネルは簡単に割れてしまいます。
当然、バックライトも同じことです。
お客様の中には、「バックライトの交換をお願いします」と。簡単におっしゃる方がいます。
まるで、家庭の蛍光灯を交換するかのように…。
確かに、極細の蛍光灯だが、正式な交換方法があるわけでも無し、パネルメーカーにより構造も少し違っているし、あっという間に交換が出来るわけではありません。
経験と技術が物をいう作業でした…。

パソコン救急病院JaMtekのバックライト交換修理です。DSC00435