ブログネタ
今日聴いた一枚♪【洋楽】 に参加中!
先日からネオアコの棚に手をかけたので

しばらくはキラキラしたものばかり

紹介しそうで、怖いです。

なのであまりキラキラしてない方から。


中にはちょっと当時を思い出して

クラクラと目眩がしてきたりして。。。

やはり37になっても心は青いままなんですね。ヨカッタ。
ymg01

Young Marble Giants はとにかく評価が異常に高くて

あらゆるロック雑誌に載っていましたが、

実際、理解できなくとも、上手く批評出来なくとも

素直にメロディが覚えやすくポップなのは皆理解出来る。

そういう部分でやはりこのレコードは凄いと思います。

"ポップ"であるって事はそういう時にやはり得なんです。

時代が追いついてから(NIRVANAが出てくるまで)

さらにその評価は高まって、もはや『完全に超えられない壁』レコード

の1枚になってますね。



Alison Statton貼るの2回目だ。。。


こうやっていろいろ動画見てて思うんですけど、

このUKっていう国はやはりとんでもない国ですね。

パンク後の80年代前半をザッと見ても

ほんとにエライ事になってます。

こうして動画を並列で見れる今、余計にその凄さを実感します。

原石が輝き出す瞬間か、もしくは化学融合して光を発散する瞬間を見て

るかのような眩しい輝きです。

benwatt01OrangeJuice01

gobetweens01palefaountains01

Fs01french01


室見川レコード [中古レコード・CDの通販・リサイクル・ショップ]

この時期のインディーレコードのレーベルを見ていると

陰でレーベルを動かした人物やエンジニア、デザイナー

実は彼らこそが一番熱かったのかもしれないですね。


音はそれとは逆にとても静かです。。。