ケヴィン・S・テニー

ザ・セラー 魔獣伝説

5478222e.jpg

・製作国/アメリカ


・1989年度作品






《ストーリー》


むかしむかしーー


インディアンのコマンチ族が白人を滅ぼす為、ある土地に呪いをかける・・・。

images-26







そして、現代ーー


その土地に、父親(パトリック・キルパトリック)、


母親(スザンヌ・サヴォイ)、


ウィリー少年(クリス・ミラー)、


幼い次男の4人家族が引越して来る。


その土地の地下には、『キャグウェイ』という伝説の魔物が棲んでいるとも知らずに・・・。

images-9







《解説・感想》


監督は『エイリアン・コップ』の、ケヴィン・S・テニーです。






本作はモンスター映画ではありますが、父親と少年を通しての家族の絆を描いた作品でもあります。


父親役を演じるのは、


『クラス・オブ・1999 処刑教室2』、


『スキャナーズ5/ザカリアス・リターンズ』、


『ブラッディ・ローラ/殺戮の催眠少女』、


でのイカレ具合が凄まじかった、パトリック・キルパトリックです。

images-5

images-10


↑『クラス・オブ・1999 処刑教室2』でキチ○ガイを演じる、パトリック・キルパトリック。






本作でのパトリック・キルパトリックは珍しく長髪で、我が子をハグしたりと心優しくも力強い父親役に挑戦しています。

thecellar_2


モンスターのキャグウェイの存在感が超絶に薄いので、ある意味、彼の威圧感が際立っています。

images-7







そう・・・


モンスター映画なのに、全く活躍しないモンスター・キャグウェイ。


ラストにちょこっとダケ出てきて、一暴れするだけ。


中盤で顔を出してストーリーを盛り上げてくれる・・・


なんてサービス精神は一かけらもありません。

images-19







エンディングでは、


『少年の活躍により、キャグウェイの伝説は忘れ去られた』


って、簡単なナレーションで済まされてしまうし……。


それでいいのか(汗)。


そんな事じゃ、この映画の存在も忘れ去られちゃうって。


全く恐くもないし、キャグウェイの造型もイマイチ。

images-10


ぬる~い温度の展開が、まったり眠気を誘ってくれます……。






でも!!


パトリック・キルパトリックのぶっ飛び演技は、やっぱり見物(みもの)。


いきなりDVに目覚めたり、


わめき怒鳴り散らしたり、


ダイナマイトを爆発させて知人をびっくりさせたり。


『魔獣伝説』って彼の事か?


と、焦ってしまうぐらいのハジケ演技を見せてくれます。


この映画は……彼のキチ○ガイ加減だけを楽しむ映画なのかもしれませんね。

images-13







この映画の《オススメ度》は・・・54%。






images-21


更に恐かったのが・・・。


ウィリー少年が、ある老人と荒野で語るシーンがあります。


つまらんな~と、ぼーっと見ていたら。


画面上を灰色の何かが、行ったり来たり。


おっ!!


ついにキャグウェイ出現か!!!


と、身を乗り出しましたが・・・。


その正体は……


な・何と、録音用のマイク。


録音用のマイクがニョッキり顔を出し、画面上を行ったり来たりしていただけだったのです。


ちょっと・・・


監督、やる気あるの?


images-8





悪霊たちの館 呪われたハロウィンパーティー

images-4

・製作国/アメリカ


・1987年度作品








《ストーリー》


郊外の廃墟、ホール屋敷。


そこでハロウィン・パーティーを行う事になった若者達。








パーティーに参加するのはーー


気の優しいジュディ(キャシー・ポドウェル)⬇。

images-7


ジュディの恋人のジェイ(ランス・フェントン)。


ジュディの昔の恋人のサル(ウィリアム・ガロ)⬇。

images-5


かなり変わった危ない電波系少女のアンジェリア(アメリア・キンケイド)⬇。

images-4


お色気抜群のスザンヌ(リネア・クイグリー)⬇。

night-of-the-demons-9


他、数名の若者達。








で、そのホール屋敷とは、地元でも有名な幽霊屋敷。


ホールは死体と寝るのが趣味で、その夫人も頭がおかしかったとの噂。


あるハロウィンの夜。


ホール家の一人が発狂。


家族全員を惨殺し、自身も血の海の中で自殺したのだった。


そんな曰く付きの屋敷で、若者達はゲーム感覚で、鏡の前で降霊会を行うことになるが・・・。

night-of-the-demons-2









《解説・感想》


監督は『エイリアン・コップ』の、ケヴィン・S・テニー。


製作総指揮・脚本は、続編の『デモンナイト/惨劇のハロウィン』の脚本も担当した、ジョー・オーガスティンです。








本作はユル~い展開が、どこか懐かしく感じるホラー映画。


アメリカでは大ヒットを記録したらしく、続編製作、そしてリメイクまでされました。


私には、ナニが良いのか分かりませんでしたが・・・(汗)。

mosnotd05bk5









ただ、王道のストーリー。


一気に老ける驚愕の特殊メイク。


アンジェリアやスザンヌの際立つキャラ設定。


と、案外見所はたくさん。


必見の作品とは言い難いですが、古き良きホラー全盛期の作品を堪能してみるのも悪くないのではないでしょうか。

images









エロ度120%の過剰なお色気担当は、もちろんリネア・クイグリー嬢。


30歳手前でありながら、


『バタリアン』、
『ナイトメア・シスターズ』、
『ザ・インプ』、


に負けじ劣らじのダイナマイト・バディを披露してくれます。

vlcsnap-2012-08-30-16h53m43s39

htm_1









nightofthedemons1


↑↓本シリーズの顔とも言うべきアンジェリア。


本作はもちろん、続編でも裏のヒロインとして大暴れしてくれます。

7078865e3063894341742b65d309bce9

htm_5

images-3









この映画の《オススメ度》は・・・57%。








ストーリーが盛り上がるまで、約50分程かかります。


そこからは定番ながらも、怒涛のスプラッター・シーンが満載。


そこに行き着くまでが大変ではありますが・・・。


それでもラストの衝撃(笑撃?)なオチは、結構イケるかも。


ゾンビも多数出現します。

downloadfile









images-2




















死霊の世界 ウィッチ・ボード

62b6c866.jpg

・製作国/アメリカ


・1986年度作品







《ストーリー》


あるパーティーでの事。


ブランドン(スティーヴン・ニコルズ)の提案で、ウィジャ・ボード(日本版こっくりさん)で遊ぶ事になる。

1986-Witchboard-Movie

COSDS-Witchboard00001


↑中央がブランドン(スティーヴン・ニコルズ)。







ブランドンは以前にも交霊した、30年前に死亡したデビッド少年を呼び出すというのだ。


ジム(トッド・アレン)は気が進まなかったが、他の参加者達が乗り気だった為根負けし、ウィジャ・ボードに参加する事に。

COSDS-Witchboard00007


↑ジム(トッド・アレン)。







しかし、そのゲームで呼び出されたのは世にも恐ろしい・・・。

tenney3








《解説・感想》


監督は『ピノキオ・シンドローム』の、ケヴィン・S・テニー。


音楽は『ピノキオ・シンドローム』の、デニス・マイケル・テニーです。

images-22








ストーリーはウィジャ・ボードに呼び出された悪霊に取り憑かれた影響により、ジムの妻リンダ(タウニー・キティン)がどんどん変貌していく恐怖を描いた作品です。


普段はおとなしく、控え目なリンダ。


その彼女がいきなり、


『脅かすんじゃねえよ、このクソ野郎!!』


と凶暴化する場面は、ちょっと爆笑でした。

aa

COSDS-Witchboard00022

COSDS-Witchboard00018








ただ全体的に地味で、低予算なホラー映画。


パンチに欠けて、面白いとは言い難いです。


スプラッター度も低いですし……。

images-14

COSDS-Witchboard00010








でも、自分は嫌いじゃない作品。


主人公役の『悪魔のジャンクハンター』のトッド・アレンがワイルドで渋く、画面を引き締めてくれます。

1fa7d43c


呼び出された悪霊の正体も意外で、中々ラストまで一気に魅せる気概は十分。


最後までウィジャ・ボードが内容に関係していて、オチに繋がるのも○。


悪魔払いの為にやって来た霊媒士のキャラクター設定も個性的で、作品にメリハリを。

26

COSDS-Witchboard00014


↑何処か人を食った飄々としたキャラクターながらも、ジム達の希望の光りに……







良い作品ではありませんが、低予算B級ホラーと敬遠するには惜しい作品。


レンタル店で見かけたなら旧作なのは間違いないので、手にしてみるのも悪くはないですよ。

r pt








ところで・・・


皆さんはコックリさんとかで遊んだ事はありますか?


映画では、ふざけ半分でよくプレイされていますが・・・。


チキンな私にはとっても無理な遊び。


友人がコックリさんで遊びたいなんて言い出したら、恐怖でブリブリブリっっって、ウ○コ漏らすわ。

Witchboard-1986-cemetery

tenney4


↑ジムの親友のブランドン。コックリさんで遊びたいと言い出したり、霊の正体を確かめる為に夜中の墓場の探索にジムを呼び出したり……。自分なら確実にキレるね。反対に文句一つ言わないジムに惚れるわ。







Witchboard-1986-Malfeitor-JP-Luebsen

Malfeitor-300x168

images-15


↑コックリさんで呼び出してしまったのは……







この映画の《オススメ度》は・・・57%。







WITCHBOARD

COSDS-Witchboard00020


↑行く先々でオノに襲われるジム。不運……。







COSDS-Witchboard00004


にしても、ポルターガイスト現象で荒らされる部屋。


いつも片付けてから帰ってほしいと思うの。







WITCHBOARD-1986














プロフィール

jan_mori

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ