音文ひとりごと

松阪音楽文化協会の事務局兼ホームページ管理人(1942年生・性別はまだ女のつもり)が、三重県のこと・松阪音楽文化協会のこと・松阪のこと・音楽全般・はたまた家庭内のこと等々日頃感じていることを書いた勝手日記(^_-)です。

後ろめたい……

このところ忙しくて姉の様子を見に行けなかったのですが、今日、2週間ぶりに白鳳病院は行ってきました。

前回は、彼女の息子と一緒に行ったんですが、その時は、気のせいか嬉しそうな顔をしたんですよ
しかし、今日は全く何の反応もなし
ひたすら眠っているだけzzz。
話しかけて、体を軽く揺すって起こしたのですが、目を開けないので、仕方なく荷物や洗濯物のチェックをしていたら、「ご家族の方へ、リハビリ室へ顔を出して下さい」というメモを発見
しかも、そのメモは、なんと入院して1週間後の日付、今まで何故気がつかなかったのか
あわてて、顔を出したけど大して何も話はなく、リハビリの計画書を見せられて、単に形式的に家族と面談しました、っていう確認だけでした。
ホッ
だって、正直いってリハビリの出来る状態ではないし
それでも、かろうじて多少のストレッチを試みて貰っているようですが『痛がる、拒否する』と書かれてました。

こうやって、月に2〜3回は顔を見に行ってますが、行っても今日のように全く何の反応もないと考えてしまいます。夫に車を出して貰い、時間と、ガソリンと高速代をかけて行ったにもかかわらず、わずか5分から10分で帰ってきただけ
回復の見込みのない眠っているだけの姉の体に、腫れ物に触るようにそっと触れ、そっと揺すってみて、「無理に起こさないほうが良いなぁ」と、まるで言い訳のように自分に言い聞かせ、そっと帰ってきた自分に自己嫌悪

病院へ行くのは、義理?自分の自己満足のため?
あるいは、病院側へ彼女の子ども達の代わりにちゃんと来てますよというアピールするため?(それにしちゃ、いつもほとんどスタッフさんとも話をしないし)

後ろめたい思いに駆られた今日の帰り道でした。

148回ライブ終了!

今月はお天気のせいもあったのでしょうか。
お客さんは少なめ

さて演奏はさて如何だったでしょうか……
一番心配した史子さんの愛情物語To Love Againはまあまあかな?
聴きに来ていたお母さんは心配してらしたけど、私は心配はしていませんでした
だって彼女はほとんど上がったりしない子なのですよ
でも、音色的にもピアノで弾くようなワケにはゆかず……
また、彼女は今月のMCも担当だったので、私とキーボードを交代しながらなので忙しかったでしょうね
ちょっと飛んでましたがお疲れさま

全体的には、サックスとトロンボーンが一人ずつ演奏に参加出来なかったことが…………
お仕事の関係や、いろいろあるので社会人バンドとしては致し方のないことです。

というわけで、次回に向けてまた頑張ります

完璧に生オケ大会だ〜

先月、初めておじゃました施設のふれあいステーション「夢虹房」へ昨日も行ってきました。

前回も感じましたが、他の施設とは様子が違いますね。
まず、元気なお年寄りの「憩いの場」みたいな感じです。
みんなが一緒に歌ったりするというより、カラオケならぬ「生バンドで歌う会」そんな感じ

行ったら、すでに玄関で職員さんが待っていて下さって、楽器の搬入もテキパキと
そして楽器や楽譜の準備をする暇もないくらい、すぐに
「君の名は、が歌いたい」
「不如帰!」
「南部蝉しぐれ!」
なんてリクエストが
わぁ、大変
古い曲はたいていあるけど、新しいのは楽譜がないかも
そんな時は、しかたなく次回ってことで

ドンドン歌って貰って気がついたら時間を過ぎてた
7月の日程を聞いて、併設されている喫茶でコーヒーとクッキーをいただいて帰りました。

でも、喜んで下さって嬉しいです
誰かの役に立っているという思いは生きている実感に繋がります。
この歳になると、そんなささいなことも喜びです

またお金が…(≧∇≦)

トイレの温水洗浄便座が壊れました(≧∇≦)
水漏れとスイッチが利きません……
いつも来てもらう街の電気屋さん(イセデンキ)に見てもらいました。
そしたら、何とまあ、19年も前に買ったものだった
よく今までもってくれました
もう部品がなくて、いよいよ新しいのと交換することになりました。

この際、一体型にしようかと、チラッと考えたのですが、
電気屋さんの言うには「やっぱり電気製品の方が早く壊れるし、そうすると全部取り替えることになるので勿体ないよ〜」って。
確かに…
この辺が、我が家の事情全部を知ってくれている電気屋さんの良いところです
というわけで、あっさり上だけ交換に決定

10年ぶりにレッスン室の屋根の塗り替えをしてホッとしていたところなのに、またお金が……/~~~

しかし、お金がかかる時って、どうしてこんなにも重なるんでしょうねぇ
そういえば、17年ものの洗濯機も昨年の11月に応急処置をして貰ったままです。まだ、何とか動いてくれているのですが、いつダメになるか心配



A列車で行こう

4月19日に市内の町内会&老人会での演奏をYouTubeにUpしました。
その時のブログはこちらです。
ステージでのコンサートでもなく、いわゆるライブでもなく、みんな普段着で、スッピンで、ボランティアだし楽しく演奏しているだけなので、Upを迷ったのですが、佐藤友治さんがドラムなので、彼を偲んでいただこうと思って……。

https://youtu.be/ZB7R9nxnl18

父の日

1971 (Medium)続いて私の父です。
45年くらい前の写真、多分1971年くらいだと思うので、父が70歳かな
今の私より若いよ
一緒に映っているのは、長男、次男、そして私。
場所は中町の私の実家(^_^)

父の日

CIMG3105 (Small)CIMG3103 (Small)子ども達から届いた父の日のプレゼント
長男からはおつまみセット
次男からはワインセット

両家で申し合わせたのか
何とも嬉しいプレゼント

頑張って、少しでも長生きして下さい(*^▽^*)

気がついたら

148th (Medium)バタバタしているうちに気がついたら、148回ライブはもう来週です
6月は30日で終わりなので最終金曜日は24日です。
そしてこの日は、美空ひばりさんの27回忌。
ひばりさんのヒット曲も予定に入っております

MSBのコンサートとそれに伴って練習がお休みなったり、
大事な大事な仲間のUさんの天国への旅立ち(涙)
と、今月はいろんな事がありました

私自身も練習不足で大丈夫か
ちゃんとやれるのか
と心配もあるけれど、そんな事言ってられません
やらなくちゃいけないので、やるだけです

あと1週間、Uさんのためにも、がんばります

早すぎる旅立ち

これまでのブログで、もしかしたら、お判りかと思いますが、
私たちのバンドの仲間のドラマーのUさんが天国へ旅立ちました。
まだ、45歳です。

奥さんのR子さんは、彼女が高校生の頃、私がピアノを、夫がサックスを指導して以来のお付き合いです。
Uさんと彼女は名古屋芸大で知り合って結婚し、以来、夫婦で仲良く音楽活動をしておりました。

Uさんは、7年前に大動脈解離で名古屋のリハーサル中に倒れ生死の境をさまようも、奇跡的に命を取り留めました。その後、リハビリを頑張り、再発の心配を抱えながらも、やっと思うように叩けるほどまで戻ってきて、徐々にプロとしての大きなステージも入りはじめていた矢先の再発でした。
もう一度奇跡を
とみんなで祈りましたが……。

私たちみたいに、いつまでも一緒に活動したいと、いつも言っていた彼女が可哀想……。
Uさんのご両親もさぞやお辛いことでしょう。

今夜はお通夜、若い人の死は本当に辛いです。
今年に入って姪に続いて2人目です
でも、最後に、みんながUさんとお別れをしている間、R子さんは気丈にサックスを吹き続けてくれました
Uさんが好きだったという中島みゆきの曲を

立派
思わずみんな拍手をしました

悲しい酒

今日は「ささえさん」で第2布袋へ

今年6月24日は美空ひばりさんの27回忌ということで、最近の「ささえさん」では、はじめに、「りんご追分」「川の流れのように」「悲しい酒」の3曲をじっくり聴いて貰っています。
今日も、そのパターンで始めました。

だけど、今日は特別の思いがありました
実は、この日の朝6時20分、バンド仲間のUさんがまだ、40代の若さで亡くなりました。
そんな時の「悲しい酒」です。
演奏しながら涙が出てきて辛かった
夫も同じだったようです(>_<)…やっぱり…(涙

でも、気を取り直して約1時間みなさまに歌っていただきました。
_20160615_184109 (Small)最後の、夫のジョーク「拍手より嬉しいものがあります。それは花束です。それよりもっと嬉しいものは札束です」(笑)と言ったら、帰り際に職員さんが下さいました。

「小さいですが(*^▽^*)」って
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
メンバーリスト
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ