音文ひとりごと

松阪音楽文化協会の事務局兼ホームページ管理人(1942年生・性別はまだ女のつもり)が、三重県のこと・松阪音楽文化協会のこと・松阪のこと・音楽全般・はたまた家庭内のこと等々日頃感じていることを書いた勝手日記(^_-)です。

再度、147回ライブのお知らせ

147th (Medium)いよいよ、サミットです。
そして、明後日、5月27日(金)は「伊勢志摩サミット」応援事業・レイクスの第147回ライブです
そして、熊本地震の被災者支援ライブになります
急に暑くなりましたね
第1部は「ビール(お酒)の美味しい季節になりました」ということでビールのCMに使われている曲を沢山演奏します
レイクスのライブに合わせて、夏が急いで来てくれたような気がします

そして、後半は各国の国歌の他、それぞれの国の代表的な曲をお送りします
アメリカは「聖者の行進」をTbの出さんが、またイギリス「アメージング・グレイス」は山村留美さんがア・カペラで歌います
すごく、楽しみ〜
「ホーキーコーキー」は、英語圏の子供の歌ですが、今回は日本語で留美さんと一緒に振りを付けながら楽しく歌いましょう。
「クラリネットを壊しちゃった」はRiekoさんのクラリネットの壊れっぷりをお楽しみください(^_-)-☆

今月のMCはスペシャルゲスト小山貴美夫さんです
彼の楽しいトークをご堪能ください

皆さまのおいでをお待ちしております

BABA TOSHIHIDE 20th ANNIVERSARY

前回のブログに書いた
「BABA TOSHIHIDE 20th ANNIVERSARY SPECIAL NIGHT」
のDVD。見始めたのが遅かったし、長いので今日はDISK1だけにしておこうと思ったのに、結局、最後まで全部見てしまいました。
いま、夜中の1時(≧∇≦)

すっごく良かった
最後はもう…感動…
俊英さんも、最後におじぎをしてうつむいたっきり顔が上げられない……
もしかしてと思ったら、やっぱり涙が
DVD見ただけでこれだけ感動したので、生で見たらさぞかし
今夜は、興奮して寝られそうにない・・・・。

高いから買うのをためらったんですが買って良かった
2211 (Mobile)他の人の写真は載せるわけにいかないので、これ1枚だけ。
(本当はKANさんや、スタレビの根本さんたちとと一緒に映っているところを切り取って載せたかったんだけど(^_-)-☆)

最近ゲットしたCD&DVD

_20160522_104929 (Small)2月21日にフェスティバルホールであった、馬場俊英さんの20周年の記念コンサートのDVDがやっと届きました



サミットの関係で荷物も遅れているそうですね(≧∇≦)

そして、最近ゲットしたCD&DVDです(^_-)-☆
DSC_0113 (Small)









サミット実感

昨日はサミット近いのを実感しました

榊原の白鳳病院へ行くのに、近いけど高速を使いました
松阪〜久居のわずかな距離ですが、その間に、パトカーがず〜っと一緒

それも、徳島県・高知県・愛媛県のパトカーが、品川ナンバーの特殊車両らしき車を挟んで、あたかも護衛しているような感じで、久居のインターを降りたところまで一緒でした。


道路もパトカーがいっぱいって、話には聞いていましたが
いよいよサミット近いのを実感しました

姉の病院へ

しばらく行けなかったのですが、久しぶりに姉のいる病院へ。

「今日は良いお天気だよ〜」とか言いながら、足りないものはないか?洗濯物は大丈夫かなどチェック。
いつもは亡くなった姪のことには触れないようにしているのですが、今日は思い切って「千夏ちゃんもあんなことになってねぇ……」と言ったら、姉の顔つきが変わったように感じました。
気のせいかもしれませんが……。
もしかしたら、判っているのかな、と思ったので、これからはまた触れないようにしよう……。

ねぇ判っているの?
判っているなら、何かもう少し反応してよ!瞬きするとかして

ベッドの脇に相談員の方のメッセージが残されていたので、お目にかかって、お話しを伺ってきました。
進行性核上性麻痺は、難病指定になっているので、手続きをすれば、医療費が安くなるようです。
病院の帰りに、さっそく松阪の保健所へ書類をもらいに行ってきました(医療費の支払いは私ではありませんが)。

めがね

417SFQJYpxL__SX355_めがねの上からもかけられるという老眼鏡を購入しました
(普段は遠近両用の眼鏡をかけております)

DSC_0086 (Small)実は、少し前に買った楽譜がとても小さくて、したがってコードも小さいのですが、書いてあるオブリガートはさらに細かく、ピアノは、それを弾かなくてはいけないことが多いので、オタオタ……
そこで、思い切って老眼鏡を買ったのですが、さて、めがねをかけた場合、楽譜の下の部分は良いのですが、楽譜の上の方はやっぱり見にくいのです
遠近両用の眼鏡の上からでもOKて書いてあったのですが……。

もちろん拡大コピー出来れば良いのですが、リクエスト貰って初見の場合は困ります。

さて、どうしたもんでしょう……。
この眼鏡に慣れれば大丈夫なんでしょうかねぇ

助っ人「るみみ」さん

昨日のささえさん、「第2布袋」は松阪音楽文化協会の仲間「るみみ」さんに一緒に参加して頂きました。
今度のレイクスで歌って頂くので、たまたま、打ち合わせに来てくださった彼女に唐突にお願いしたら快くOKって

向こうに着いたらすぐに、歌詞を書いたプリントが「ド〜ン」
じゃぁというので、とにかく片っ端からやりましたよ
ところが、どれも1番だけとか2番までしか書いてないので歌い始めたらすぐ終わり

私は、歌本から楽譜探しにアタフタ、やっと見つけて歌い始めたら1番で終わり、すぐに次の曲探し
落ち着いて探せばあるのに、焦って、だんだん曲が見つけられなくなってしまって(涙)

忙しいこと忙しいこと<
せっかく新しく買った老眼鏡をかけるひまもなく(…めがねについては次回かきます…)

1時間で24〜25曲もやりましたよ。
町内の生オケで10〜12曲ですからね。

弾いているより、曲探しの方が長かったような1時間で、
アタフタして何も弾けないままに済んでしまったみたいな感じ
もう少し心のゆとりが必要だった〜
せっかく呼んで頂いたのに申し訳ない気持ちで、終わってすっかり落ち込みました

でも、るみみさんに来て貰ったことは、施設のみなさんや職員さんには大変喜んで頂きました
「マイクがないのに、あんなによう聞こえるんやなぁ
ってびっくりされました
そりゃそうですよ(*^o^*)
彼女は、プロの声楽家ですから

クラシックとジャズ そして……

70歳で突然、ジャズの世界に飛び込んだようなことをいいましたが、しかし、よくよく思い返してみると、下地はあったように思います。

小さい頃から、父に連れられてメニューヒンやコルトーなど、クラシックのコンサートに行った記憶も何度かありますが、田舎のこと故、名古屋か大阪に行かないと聞けませんから、見に行った回数は数えるくらいです
でも、父が洋画の専門の映画館を経営していた関係で、小学校の頃から毎週のように、いえいえ週に2〜3回は見に行っていましたから(笑)、グレンミラーやベニーグッドマン、五つの銅貨、愛情物語などを繰り返し繰り返し見ていたことが、割と抵抗なくすんなりとジャズピアノを弾くようになった理由かもしれません。

その後、武蔵野音大に入ってから、ポップス系の楽譜にコードネームというのがあるんだと気がつき、その頃はまだ、コードネームの解説本は少なかったので、自分で音楽を聞きながら、コードを見て、なるほど「m」って書いてあるのは「短3和音」のことなのか…、「7」は「短7」のことか…「dim」って書いてるのは「減7」のことかetc……など自分で勉強してメジャー、マイナー、セブンスコード、dim、△7、シックスなど覚えていったのですが、今となってはそれが良かったのかも
そして、時々、下宿先のお父さんが歌う歌謡曲に、私が歌本のコードネームを見ながら自己流の伴奏をしたのも、良い勉強になったのかもしれません

結婚して、子供たちが少し大きくなってからは、サックス、ピアノ、ギター、ドラムなどを演奏しながら家族揃って遊んだのは、とても良い思い出です(流しっぱなしにして録音したカセットも残っています)。

欲しいDVD

馬場俊英さんの2016年2月21日にフェスティバルホールで行われた一夜限りの20th ANNIVERSARY SPECIAL NIGHT!!
この時のDVD、どうしても、これは欲しいので、高いけど予約しました。
だって佐藤竹善、杉山清貴、斎藤 誠、伊勢正三、KAN、根本 要さんたちと一緒に出ているのですから(*^o^*)
親バカ丸出し

クラシックとジャズ

昨日のレイクスの練習場にTbのOさんの奥さんで音楽科を出てピアノの先生をしている女性が見学にみえました
バンドでピアノを弾いているので勉強したいということですが、私ていどのピアノでは勉強にならないでしょうと思う反面、逆にあまり上手すぎる人だとかえって判りにくいかも……。

いま、自分でも、クラシックとジャズと両方やるようになっていろいろ感じるところがあります。

レッスンは仕事
クラシックは勉強
でも、Jazzは趣味
やっとピアノが楽しい趣味になった感じです〜
と書いたのは、2013年10月でした。
http://blog.livedoor.jp/janebaba/archives/52097654.html
今もその気持ちに変わりはありません。
私にとっては、ジャズピアノは趣味です
ストレス解消です

クラシックとジャズは全く違うとも思うのですが、自分は幼い頃からクラシックピアノを勉強してきて、70の手習いでジャズピアノを弾き始めた時は、自分でもずいぶん心配しました
実際に戸惑うことも多かったですが、4年経って最近ではやっと、サウンドが体と耳にすんなりと入ってくるようになり、レイクスでのピアノは続いております
(つづく)
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
メンバーリスト
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ