看板馬場俊英さん東別院コンサート終了!

いや〜!感動的なステージでした。
ツアーのファイナルと言うことで、より気合いも入り、ライトアップされたお寺の雰囲気も加わり大変に素晴らしいコンサートでした。

前日の大雨の様子ではどうなるか、と心配されましたが一夜明けて快晴。
夫は用事があって行けなかったのですが、3時頃義弟夫婦の車に便乗して一路名古屋へ。名古屋で義弟夫婦の息子(甥)と合流して東別院へ。
立派なお寺ですね。

境内にズラッと並べられた椅子椅子椅子。
スピーカーや照明の数々、グッズや救護所のテントなどが並んでました。

6時、まだ明るい中での開演。馬場さんの登場で皆さん総立ち。
ホールでのコンサートとはまた少し違ってとても良い雰囲気です。
だんだん周りが暗くなってゆき、ライトアップされたステージは幻想的で素晴らしく、
客席にはさわやかな、気持ちいい風が吹き抜けます。
虫の鳴き声なども聞こえてきてとても素敵。

半ばくらいで、ステージ上にはなんと、かがり火が6本
そして、ドラムとパーカッションの演奏が始まりました。幽玄な世界に引き込まれるような素晴らしい演奏で終わったときには手が痛くなるほど拍手をおくりました。

私の大好きな曲「小さな頃のように」「男たちへ女たちへ」などはしみじみと、そして「働楽」「オセロゲーム」など充分堪能し楽しませて頂きました。そして「スタートライン」も。

とても素晴らしい時間をありがとうございました

従兄弟終わって従兄弟3人で記念撮影
今回のメンバー紹介ではメーテレのBABU?さん(右)のことも話に出ました。ところがその時間、肝心のBABUさんはご近所の対応に追われていて聞いていなかったとか

(興奮冷めやらぬまま遅くまでかかってレポ書きました