アメリカでは平均、5時間に児童1名が保護者の虐待により死亡している。

アメリカもこの事は国家的危機として、様々な対処を行なって来た。
しかし最近、「アメリカのやり方は間違っていた」と言う専門的結論が出た。

次にアメリカで起こり得る児童虐待防止対策は、
「事前に脳スキャンをし、児童性愛容疑者を発見。治療する事」らしい。

c






以下はsalon.comより引用

a


性犯罪を扱う専門家の間で「アメリカの児童性的虐待に対するアプローチは間違っていた」と言う一般的な結論が生まれている。
それどころか事態は悪化しているそうだ。

ちょうど先週、カナダの児童性的防止協会(ATSAC)で最新の研究成果が発表された。
調査では、ペドフィリア(児童性愛)の再犯防止には、加害者の「治療」がもっとも効果的と言う事。
さらには脳マッピングによって児童性愛をあらかじめ抑える事が可能だ、と言う結果が出た。

カナダとアメリカの違いは何処にあったのだろうか。
それはカナダのシステムが科学、そして犯罪学を疫学的にシステムの基礎として使われている事である。
カナダの臨床心理学者ジェームズカントールさんは、犯罪者のリハビリと社会復帰をより困難にすることでペドフィリアを防止している、と語っている。
懲罰に拘りすぎたアメリカは、現状を難しくし犯罪を悪化させていたのだ。

次に本当に脳マッピングでペドフィリアを事前に発見できるのか、と言う疑問が残っている。
この答えはYESでもあり、NOでもある。
技術的には直ぐにでも使用可能な段階ではあるが、法律上、強制的に人々の脳をスキャンする事はできないのだ。

この様な脳スキャンで、事前にペドフィリアになりゆる人物を発見し、阻止する事が最高の状態と言えるであろう。
ペドフィリアと言う犯罪が発展する事を、止めることも可能なのだ。










以下は海外ネット上の反応である(redditより)

b


flyingnomad
  この「脳マッピング」で人々にロリコン容疑者のレッテルを貼るのは危険じゃないかな。
 
もし脳をスキャンされるのが義務になったらどうする。
無害な人にも「危険人物」のレッテルを貼られ、その人の人生、家族、職が潰される事もあるだろう。
医療機関のサーバーがハッキングされれば誰でもロリコン容疑に仕立てあげられる。

 ocinle
  アメリカの法律でこれが認められる日は来ないと思う。

 watyousay
  でも雇い側がスキャンを受けてない人材の雇用を拒否する、と言う状況になると思う。
そうなれば誰もが進んで脳検査を受ける。

BlooregardQKazoo
  テロ法、飲酒運転、性犯罪者法を見てみろ。
最近の第四改正案は踏みにじられている。
 
それにこの記事を読んだ人間の何割が、「脳をスキャンされても良い」何て思うだろうか。

TrouserPudding
  ちょっと待て。
何年も臭い飯を食わせるより、治療した方が再犯防止になるって事?

 shiftup72
  馬鹿くさいけど筋が通ってるね。
俺たちアメリカは加害者を、被害者がムカついた分の年月、牢にぶち込んでるだけだ。

ispq
  一番簡単なのは容疑者から育児を遠ざけることだ。
両親としても保育者としても。

Wriiight
  これがまさにアメリカの「魔女狩り」文化だよ。
誰でも餌食になるのさ。
子供を持っただけで魔女になる。

だから私はこの国を捨てたんだ。

 ewenwhatarmy
  どの国に移ったの?

↑ cfmchm
  別だけどオランダはクールだね。
英国もまぁまぁだが、ニュージーランドが一番かな。

qtychr
  全部カルバン主義(神への絶対的信仰)が悪いんだ。

Ubiquitatis
  再犯者によって民間刑務所は利益を得てるのに

cwm44
  どっちにしろ多くの試行錯誤が必要だと思う…


子ども虐待という第四の発達障害 (学研のヒューマンケアブックス) アイデアの99% ―― 「1%のひらめき」を形にする3つの力   すぐにできるキャラクター作り―キャラ設定自由自在! (激マンシリーズ)