日本政府の新たな推計によると、日本の人口は2060年までに、30%も縮小されると言う、驚異的な事が判明した。
高齢化が加速し、出生率の低さを維持し続けた現在の結果が、人口1億2千8百人から、8千6百万人への縮小だそうだ。
 a


厚生労働省はまた、65歳以上の高齢者が、2060年には総人口の39.9パーセントを占めるだろうと予測した。
2010年にはすでに、高齢者は人口の23%を占めたそうだ。

同じく政府は2060年には、日本人女性の平均寿命が90.93歳、男性が84.19歳まで伸びると推測している。

出産率は女性一人あたり1.39人で、恐ろしく下落している、と研究所は述べたそうだ。

続きを読む