のほほん日記

仕事の逃避の時に、気ままに書きますのほほん日記。 モットーは、「明日は明日の風が吹く♪」

考えるだけましだろう

どうも最近、安定期。
何と言うかかんと言うか。
毎日、とくにストレスなく過ぎていく。

もちろん、仕事のことやスキルのことで、
どうしたものかと思案にくれることもあるけれど、
それも、日々の一部だと思えるほど、
毎日が順調に過ぎて行っているように思える。

停滞は後退とはいうものの、
こんな順調な日々も悪くないなあと思ってしまう。

これまでのモヤモヤが晴れたというか、
よく分からないけど、とにかく気持ちが安定している。

これまでもがいていたことが
ようやく実ったってことなのかもしれない。

「今年は、絶対大変な一年になる」

そう思って、年度末に占ってもらったけど、
「楽しい一年になりますよ。これまでの苦労が実ります。」
と言われた。
そんなことはなかろう。
そう思っていたけれど、めちゃくちゃ当たった。
OKさんは、すごいと実感。

人生の中で平和ボケはいけない気もする。
でも、ここらでちょっと休憩。
そんな一年があってもいいかな。

ま、こんなことを考えるだけでもましかな。

そんな言い訳をしながら、しばしこの幸せな日常を
楽しもうと思っている今日この頃。


にほんブログ村

いまさらウインナー

友達と昼食後、コーヒーを飲みに行った。
初めて行ったそのお店は、
昔からの古き良き時代の喫茶店。
だから、おかわりは、
珈琲でなく、
ウィンナーコーヒーにしてみた。

そういえば、これまで飲んだことなかったかも。

DSC_0266


いまさらながらだけど、
すこぶる美味しかった!

休日に、ちょっと美味しいコーヒー飲んで、
優雅な気分になった一日でした。

しかし、今日は、疲れたー!!


にほんブログ村

台風は来なかった

毎度のことながら、
かなり恐怖をもって構えていたが、
今年も台風は来なかった。
ほっと一息である。

でも、今年の台風はでかい。
18号。実際にたくさんの被害を出している。

台風だけではない。
このところ、自然災害が多すぎる。
自然が怒っているようにすら感じる。

何に?
それは分からないけれど。

北朝鮮がミサイルを発射。
その一日、芦屋の空軍基地からの
飛行機がいつもより多く飛んでいた。

こんなに緊迫した時代に
自分が生きるようになろうとは
あの頃は思いもしなかった。

できるなら、あの頃のような
平和な時代に戻りたい。
戻したい。

自分ができることを
たんたんとするしかないのだ。

平和な世界でありますように。
アッサラームアライクム


にほんブログ村

うなされて目が覚めず

昨日、仕事を終わらせたのだから、
今日は大丈夫だろう。
おかしいな。またしても、B級ホラー。
でも、目は覚めなかった。

夜更け。
学校の中庭にいる。
どうやら、ここで夜を明かすらしい。

こたつか、ちゃぶ台かがあり、
そこに4人ほど座っている。
先ほどの、怖い話を思い出し、
急に心細くなる。

すると、横をけたたましく笑いながら、
男が側転を繰り返し、下って行く。
あれは、霊だと直感的に分かる。

急に怖くなる。
そう思った瞬間に、
校舎の窓から、たくさんの顔がのぞく。
後ろに何か気配も感じる。
周りを何かに囲まれたようだ。

怖いと感じたら、
霊を引き寄せてしまう。
そう分かった私たちは、
全員で別のことを考えようと
必死で別の話をしようとする。

くだらない話をしていると
周りは静かになった。

こころの隙間に、
不安が舞い込み、
そこに霊が付け込むのだ。

気を付けないといけない。

ひとしきり怖い気持ちを味わった後に、
ようやく目が覚めました。

寝る前にドラマを見た。
別に怖いテレビでもないんだけど、
ちょっとお化け話が中に入っていたから、
それに影響されたのかも。

そのドラマは、何の気なしに見たけど、
なかなか面白かった。




にほんブログ村

うなされて目が覚めて

今朝は、久々にホラーを見て、うなされた。
あ、夢のお話。

危険な魚が現れる。
その魚たちは、人を襲う。
襲われた人たちは、死んでしまう。
町は、人影が消えていた。

魚から、凶暴性をなくすためには、
特殊な光で集め、写真を撮ることだ。
特殊な光とは、携帯のランプ。
小さな溝から、携帯を二つ使って、
必死に写真を撮ろうと仲間がしている。
なんだ、この画は。

そんな疑問をもっていたら、
後ろで倒れていた人がおもむろに起き上がる。
死んでなかったのか。ん?様子がおかしい。
この動きは、テレビで見たことある。
この顔、表情も。あれだ。ゾンビだ。

魚に襲われて死んだ人は、ゾンビになるようだ。

仲間たちと、逃げた。
とにかく逃げた。
ゾンビは、思いのほか遅い。

前から、お年寄りが数人現れる。
そのお年寄りは、老人会で日帰りツアーに行っていたらしく、
楽しそうにこちらにやってくる。
そのお年寄りたちは、山の上の工場の人たちだった。

山の上の工場は、先ほど魚の襲撃で
燃えている。まだ煙が出ている。
そっちへ行こうとするお年寄りを
説得して、なんとか遠くへやろうとする。

しかし、ゾンビはまだ追いかけてくる。
怖い。
お年寄りをおんぶして、走る!走る!走る!
ゾンビは、そこまで来ている・・・・・

というところで、目が覚めた。
4時に起きて、二度寝して見た夢でした。
起きたら、顔が驚くほどむくんで腫れていた。
自分がゾンビじゃないか。

昼過ぎに、仕事から逃避して、
夢占いを携帯でしてみると、
ゾンビの夢は、
「やりたくないことから逃げている」
「やるべきことをやれ」
という意味らしい。

えらく的中して、なんともびっくり。
今日は、やるべきことをやったから、
今夜はゾンビはでないだろう。

それにしても、あほみたいな夢見るな。
いくつになっても。

☆☆いくつになってもSONG☆☆

あの子のこと
考えてた
一人きりの部屋の中
あの頃のこと
思い出していた
どきどきするよな
いくつになっても

〜いくつになっても ウルフルズ〜

この曲がなかったから、懐かしいこの曲。




にほんブログ村
ごゆっくりどうぞ☆
ご訪問どうも☆
訪問者数

Profile
ギャラリー
  • いまさらウインナー
  • うなされて目が覚めず
  • うなされて目が覚めて
  • 友よ〜この先もずっと
  • 初盆終わる
  • はじめまして どうぞよろしく
livedoor 天気
コメントありがとう☆
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ