2018年09月15日

どうも、ジャンバーです(^^)v

新リミット発表されて、環境が変化しそうですが、40枚インフェルノイドはまだ大丈夫そうなので、続投しようと思います。

実は今は煉獄の虚夢採用していないのですが、メモとしてワンキル手順を書こうと思います。

①エクシーズ採用パターン
ティエラを自壊させ、
(ヴァエル、ヴァエル)→オッドアイズアブソリュートドラゴン、アドラメレク

必要インフェルノイド数:2+2+2+ヴァエル×2+アドラメレク=9

つまり虚夢でデッキから6枚+ティエラなので、ティエラ2枚パターンだと、手札に1枚インフェルノイドが必要になる。


②リンク(ハリファイバー)パターン
((ティエラ、チューナー)→ハリファイバー、ハリファイバーで持ってきたデカトロン)→ガイアセイバー、ヴァエル、アドラメレク
2600+2600+2800=8000

必要インフェルノイド数:2+2+ヴァエル+アドラメレク-1(デカトロン)=5

必要数が少ないのでヌトス3枚で相手の場を荒らすことが可能(採用すればだが)。リンク3をガイアセイバーにしてるのは、増殖するGからのエフェクトヴェーラーや無限泡影をもらっても攻撃力が落ちないため。ハリファイバーにヴェーラーもらった場合は③のパターンに変更する。


③リンク(ハリファイバー以外)パターン
((ティエラ、モンスター)→ランク2、任意のノイド)→ガイアセイバー、ヴァエル、アドラメレク
2600+2600+2800=8000

必要インフェルノイド数:2+2+2+ヴァエル+アドラメレク=8

虚夢のデッキから6枚+ティエラ2枚で達成可能。ティエラにヴェーラー等もらった場合は、さらにもう一枚必要。


他にも手札に炎属性がいればドリトルキメラからのパターンで2体分節約できるが、採用する炎はチューナーの事が多いのでハリファイバーを作れば問題ない。


いずれにしても虚夢+1枚必要になります。基本的にリンク型のみで大丈夫だと思いますが、余裕があればエクシーズに2枚割いてもいいかなーというところ。

ただ現環境で虚夢の的は閃刀姫くらいで、それ以外では打てる状況はすでに負けてることも多いのが難点です。これがインフレか…。

そんな感じのメモでした。
それではまた!


jankbasaka_orenoyome at 19:42コメント(0)ジャンバーデッキ考察 

2018年09月02日

どうも、ジャンバーです(゜▽゜*)

公認大会行ってきたのでレポートします。笑
最近はメインで40枚インフェルノイドを使用しています。事故率を下げようと頑張り中です。


☆公認大会(20180902)
1回戦 閃刀姫○○
①先攻。うまく動けずシャドウディストピアとリリスの場で返す。レイがとまりつつ時間を稼ぎ、狂宴まで行って勝ち。
②後攻。相手初動できず、狂宴ディストピア決まって勝ち。


2回戦 オルターガイスト×○○
①後攻相手魔法族の里マルチフェイカー召喚の布陣。相手も事故ってたようで時間が稼げ、狂宴で1度は返すが、マリオネッターから蘇ったマルチフェイカーと里に封殺されて負け。

②先攻。相手のセットをツイツイで割ってく展開で、ギリギリのところで狂宴発動できて勝ち。

③先攻。相手初動できず狂宴狂宴ディストピア決めて勝ち。


3回戦 ネクロス○○
①先攻。狂宴決めて勝ち。

②後攻。リリーサーされなかったので返しに狂宴狂宴ディストピア決めて勝ち。


4回戦 サイバードラゴン××
①先攻。デカトロン(リリス効果)+狂宴の布陣。うららにデカトロン使わされて、サイバードラゴンss下級サイバー召喚からデカトロン(ネヘモス)叩いてからのサイバーロードフュージョン+リミッター解除で負け。

②先攻。狂宴をうららに止められて、止まる手札。返しにほうよう2枚の上からワンキルされて負け。


総評。狂宴率はまあまあな感じでした。

反省点としては、狂宴で出すデカトロンを横にするかどうかという点とサイチェンジ時にほうようとヴェーラー迷ったらワンフォーワンのコストになるヴェーラーを残すべきという点があります。

デカトロンを横にするとレベル1→リンクリボーに1体消されるケース目立ったので縦にしていたのですが…。リミッター解除は仕方がないと考えるべきか…。
ワンフォーのコストはミスりました。最終戦はコストがあれば勝ってました。


備忘録的な記事で申し訳ないです。
勝率上げていきたいですね!



jankbasaka_orenoyome at 16:52コメント(0)大会レポジャンバー 

2018年08月24日

どうも、ジャンバーです。

唐突に更新してみます。
ずっと遊戯王は続けていたのですが、最近は公認大会でまったりしてました。


さて、今回デッキを作ってみたのは最近強化されたネフティスです。
よくわからない青いネフティスと新たな存在の様に思える赤いネフティスが登場し、かつ導き手の他にもネフティスに関わる女性が登場します。

導き手→鳳凰神
祀り手→蒼凰神
祈り手→焔凰神

と対応する女性が決まってるようです。

もし女性の性格がネフティスの性能を決めるとしたら、導き手は相手の場を荒らすことで戦況を有利に進めようとする知略家タイプ、祀り手は敵を倒すことで村を守ろうとする実務的タイプ、祈り手は自身を盾に仲間を守る守護タイプとなるでしょうか。

実際組んでみると、この3種のネフティスが縦横無尽に動き回る面白い動きになります。
鳳凰神を破壊しておき、相手の罠セットを牽制し、鳳凰神の弱味であった突破力を蒼凰神が、自フィールドの維持を焔凰神が担当するという戦略が成り立ちます。

女性たちの役割はネフティス鳥獣のサポートになりますが、祈り手はまだ幼いためか手札(自軍)のフォローに徹し、導き手(=悟り手)は戦況増強の手助けをします。そしておそらく現役世代であろう祀り手には、ネフティスの守護神の輪廻の力が備わっており、祀りの儀式によって自身及び蒼凰神の力を解放する。

焔凰神ネフティスが儀式体を必要としているのは、祈り手がまだ幼く、祀り手の手助けが必要だからなのかもしれません。

よって、このデッキの方向性としては、①鳳凰神を破壊して、相手のセット魔法罠を牽制し、②儀式を繰り返して焔凰神を立て自軍を守り、③返しのターンの相手軍を蒼凰神で粉砕する、となります!


そんな戯言は置いておき、デッキレシピです。

☆ネフティスデッキ(20180824)

◆モンスター(27)
ネフティスの祈り手×3
ネフティスの悟り手
ネフティスの語り手
ネフティスの導き手
ネフティスの祀り手×3
ネフティスの鳳凰神×3
ネフティスの蒼凰神×3
ゲールドクラ×3
魔神儀タリスマンドラ×3
魔神儀ベンシルベル×3
魔神儀キャンドール×2
魔神儀ブックストーン

魔法(10)
ネフティスの輪廻×3
ネフティスの希望
儀式の準備×3
儀式の下準備×3

罠(3)
ネフティスの覚醒
リターンオブザワールド×2

エクストラ
焔凰神ネフティス×3
守護神ネフティス×3
虹色の宣告者×2


解説~
するまでもないですが、コンセプトは儀式の連打です。

儀式の準備もこのデッキなら祀り手の連続降臨に大きく貢献します。
※儀式の準備…デッキからレベル7以下の儀式モンスターをサーチし、墓地から儀式魔法をサルベージ

魔神儀はモンスターをトリガーにできるのを6枚積み、引いたらまずいキャンドールを2枚、タリスマンドラとペンシルベルを両方引いたときようにブックストーンも1枚入れました。
※タリスマンドラ…手札の儀式モンスター見せて発動。特殊時に儀式モンスターサーチ。
※ペンシルベル…儀式モンスターで発動。特殊時に儀式モンスターサルベージ。
※キャンドール…儀式魔法で発動。特殊時に儀式魔法サーチ。
※ブックストーン…儀式魔法で発動。特殊時に儀式魔法サルベージ。

リターンオブザワールドもタイムラグはありますが、少ない消費で儀式召喚できるので採用してます。
※リターンオブザワールド…永続罠。①②どちらかターン1。①発動時の効果処理でデッキから儀式モンスターを除外。②このカードを墓地に送り、除外したカードを手札に加えるか、手札フィールドのモンスター1体をリリースまたは墓地の儀式モンスター1体をデッキに戻して儀式召喚する。

希望と覚醒はファン枠です!

意外と最強耐性の焔凰神が作れるので、緩いデッキを使いたい時は面白いです。(ニンギルス兄さんに、すなわちバルブ1枚に消されるのは解せないですが笑)

またそのうち更新します笑
それではー。


jankbasaka_orenoyome at 17:03コメント(0)ジャンバーデッキ考察 

2016年09月03日

どうも、ジャンバーです(`ー´ゞ-☆

もう9月になりましたが、皆さんどうお過ごしでしょうか。
自分は真紅眼デッキで大会に出て、散ってきました。しかも相手は青眼笑 さすがは環境デッキ。福音に守られた大型モンスターは高い壁でした。

そんな訳で、次のレシピは…というか、とりあえずこないだ作ったレシピその2は、花札衛です。
アニメでの活躍が印象的でしたね。エンジョイできるかは、ちゃんと回るかによります。当たり前と思われたかもしれなませんが、このデッキでは非常に重要です。そも勝てるかどうかが運なので、目指すべきは「負けるとしても回ること」だと思いました笑

そんな形で、わざわざ載せるまでもないレシピですが、どうぞ(# ゜Д゜)

★花札衛デッキレシピ(20160902)

◆モンスター(30)
花札衛-松×3 (★1カス)
花札衛-松に鶴×3 (★1光)
花札衛-牡丹に蝶×3 (★6タネチューナー)
花札衛-萩に猪×3 (★7タネモン破壊)
花札衛-芒×3 (★8カス)
花札衛-紅葉に鹿×3 (★10タネ魔法罠破壊)
花札衛-柳×3 (★11カス)
花札衛-柳に小野道風×3 (★11光チューナー)
花札衛-桐×3 (★12カス)
花札衛-桐に鳳凰×3 (★12光)

◆魔法(10)
超こいこい×3
花合わせ×3
闇の誘惑×3
増援

◇エクストラ
花札衛-雨四光×2
花札衛-猪鹿蝶×2
他出せるものは入れた方がいいと思います笑

【デッキコンセプト】
「とりあえず回る花札衛」。
ちゃんと回して、雨四光+αまで繋げることを重要視したデッキです。

勝ちパターンは非常に少なく、雨四光がいる状態で、5000の戦闘ダメージを与え、雨四光の効果で往復3000ダメージを与える、ほぼこれしかありません。
そのために出しにくい光札(攻撃力2000)を多めに採用しています。

先攻1ターン目に雨四光を出し、1500バーン。雨四光の圧倒的耐性の前に相手は何もできずに、ターンを渡してくるはずです。例えば裏守備1体とか。そこを萩に猪の効果で破壊したり、2000を大量に並べてダメージを与える。後は相手がドローとともに散るだけ。
そう、ドローする前に相手は死んでいるのです。
気分は「鼻唄三丁 矢筈斬り」ってなもんです!

すなわち、レッツエンジョイ!


【カード解説】

◆モンスター解説
と言っても花札衛しか採用してない上に、ほぼ全種類を3枚ずつ採用している豪快レシピです。
何を採用してないかと言うと、花札衛-芒に月-のみです。

前提として、3種類のカードがあります。
①カス札(通常召喚できる。+フィールドに自身よりレベルの低い花札衛がいる時、自身を特殊召喚できる。それぞれドローに関する固有効果を持つ)
②光札(フィールドの自身と同じレベルの花札衛をリリースして特殊召喚できる特殊召喚モンスター。特殊召喚時に1ドローできるが、花札衛以外なら捨てる。それぞれ戦闘関連でドロー効果を持つ)
③タネ札(フィールドの花札衛をリリースして特殊召喚できる特殊召喚モンスター。特殊召喚時に1ドローし、花札衛なら固有効果を発動する。違ったらもちろん捨てる)

○星1
・花札衛-松 〈カス札〉
召喚時、及び戦闘破壊された時、1ドロー。
唯一の召喚できる下級なので、スターターとして超重要。

・花札衛-松に鶴 〈光札〉
戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に1ドローできる2000アタッカー。

○星6
・花札衛-牡丹に蝶 〈タネ札〉
チューナー。固有効果は相手のデッキトップ操作。チューナーであることが超重要。

○星7
・花札衛-萩に猪 〈タネ札〉
固有効果は相手モンスター破壊。勝ち筋にとって超重要なモンスター。

○星8
・花札衛-芒 〈カス札〉
手札の花札衛をデッキに戻して、戻した枚数ドロー。これが出てる=スタートできてるので、効果は重要じゃない。カス札なのが重要なのです。

○星10
・花札衛-紅葉に鹿 〈タネ札〉
固有効果は魔法罠破壊。基本は雨四光で引き殺していく訳ですが、そのフォロー担当。こいつしかバックに触れないので、虚無空間やスキルドレインはその時点で詰みます。

○星11
・花札衛-柳 〈カス札〉
墓地の花札衛をデッキに戻して1ドロー。何とリスクなしで手札が増える。強いです。

・花札衛-柳に小野道風 〈光札〉
チューナー。牡丹に蝶より出しにくいので、チューナーとしては劣化だが、2000アタッカーなのは強さ。超こいこいの第二の効果で出すことも多い。

○星12
・花札衛-桐 〈カス札〉
攻撃対象になったとき、無効にして1ドロー。ほぼいつでも出せるので、取り敢えず出して壁にすればいいと思います。

・花札衛-桐に鳳凰 〈光札〉
固有効果は戦闘ダメージを与えた時に1ドロー。比較的ドローしやすいかと。

◆魔法
・超こいこい
デッキトップから3枚までの花札衛を召喚条件を無視して、特殊召喚する。効果は無効になり、レベル2になる①の効果と、墓地のこれ除外で光札のリリース条件からレベルをなくす②の効果を持つ。
フィールドに花札衛を発生させられるスタートカード。徳松さん気分を味わえるところが最大の長所。

・花合わせ
デッキからカス札4種をフィールドに出す、驚異の展開カード。これプラスチューナーで雨四光になるし、手札の上級札を可能な限りグルグルできるようになる。
いやー、初手に欲しい。

・闇の誘惑、増援
回転補助カード。とにかくスタート札を手に入れなくては始まりません。

◇エクストラ
・花札衛-雨四光
自分花札衛に耐性を与え、相手通常ドローで1500バーン。
至高のエース(うまい!)。
このカードに繋ぐ為の展開が他の花札衛の役割であるならば、このカードの役割は勝利をつかむことに他ならない。
イラストも格好いいし、これを出したらプレイヤーの役割は終了し、後はこいつに頑張ってもらいます。

・花札衛-猪鹿蝶
墓地の花札衛除外で相手の墓地効果を封じる2000アタッカー。
基本打点や盤面が弱くなるので、出すタイミングは少ない。墓地効果のリクルート系を潰すためにピンポイントで登場してもらうことになりますが、それでも雨四光優先は揺るがないので、出せる場面がそもそも少ない。


【動かし方】
デュエルとはすなわち人生なり
人生は一度きり
勝つ日もあれば 負ける日もある
負けを恥じず 勝って奢らず

すなわち レッツエンジョイ!!



【総評】
すなわち…そういうことです!


というわけで、こんなレベルですが、まだストックありますので、また近いうちにアップします(# ゜Д゜)

ではー(# ゜Д゜)

jankbasaka_orenoyome at 12:38コメント(1)トラックバック(0)ジャンバーデッキレシピ 

2016年08月28日

ヾ(´ω`=´ω`)ノどうも、ジャンバーです

もう8月も終わりですね。
本当ただただいつの間にかというのが、正直な感想ですが笑

さて、更新遅くなりましたが、次のレシピアップします。

という訳で、今回はレッドアイズデッキです。
実は1年くらい前に強化されたタイミングでも作ってはいたのですが、今回さらにテコ入れが入ったので、再度作り直しました。

みんな大好きレッドアイスデッキです。
あの独特のフィルムがかっこいいですよね。ブルーアイズより圧倒的に弱いのに、それでも格下には収まらないオーラを持っているモンスターだと思います。

是非勝利の可能性を掴みたい!!

ではレシピと解説です~


★真紅眼の黒竜デッキレシピ(20160826)

◆モンスター(13)
真紅眼の黒竜×2
デーモンの召喚×2
真紅眼の凶星竜-メテオドラゴン
伝説の黒石×3
黒鋼竜×3
エキセントリックデーモン×2

◆魔法(14)
真紅眼融合×3
レッドアイズインサイト×3
竜の霊廟×3
スケープゴート×3
ハーピィの羽根箒
ブラックホール

◆罠(13)
スキルドレイン×3
業炎のバリア-ファイアフォース×3
破壊輪
虚無空間
神の通告×3
神の警告
神の宣告

◇エクストラ
悪魔竜ブラックデーモンズドラゴン×2
流星竜メテオブラックドラゴン×2
ブラックデーモンズドラゴン
ビーストアイズペンデュラムドラゴン×3
他ランク7、8


【デッキコンセプト】
突然ですが、デッキを組むときに重要なのは、そのモンスター達の個性を活かすことです。
つまり、真紅眼を組むなら、真紅眼のポテンシャルを活かすデッキを作ることが、プレイヤーには求められる。さらに言えば、その上でモンスター達の悲願である、勝利を掴めるデッキを組まなければなりません。

では真紅眼の特徴とは何か。それは

通常モンスター
融合
バーン

この3つでしょう。

というわけで

スキルドレインで打点勝負に持ち込む(自分の展開に無効になるモンスター効果を使わない)、②融合モンスター悪魔竜を2つの意味でキーカードとする。単純に打点。そしてバーン効果。次の項目でこの効果を活かす、③破壊輪およびファイヤーフォースを採用し、悪魔竜効果のプレッシャーを高める

このプランで悪魔竜を活かし、打点&バーンで焼き切る。

これがコンセプトである。


【カード解説】
◆モンスター
・真紅眼の黒竜
デッキとフィールドと墓地を縦横無断に行き来する、このデッキの顔。
伝説の黒石からの打点追加を始めとして、デッキ内での融合素材、墓地の戻し対象と、メインにして、目立ち過ぎない、それでも間違いなくデッキの核。そんなモンスター。
伝説の黒石のおかげで、やられてもしつこく登場する。

・デーモンの召喚
悪魔竜ブラックデーモンズドラゴンの融合素材。
レッドアイズは墓地から戻る手段があるが、こいつは使いきり。よって、デッキ、手札のこれの枚数分(このレシピだと2枚)しか、悪魔竜は作れない。引くと弱いが、切り札に繋ぐ重要モンスター。
前のターンの黒鋼竜をリリースして、アドバンスセットすることで、そのまま真紅眼融合から悪魔竜に繋げられるのは、レベル6ならでは。

・真紅眼の凶星竜-メテオドラゴン
デッキ内で流星竜の素材になれる新しいレッドアイズ。悪魔竜に比べると相手に与えるプレッシャーの弱い流星竜だが、このカードはデーモンの召喚と違いレッドアイズなので、デッキと墓地を行ったり来たりできる。
アクセスしやすくなった真紅眼融合の補助として、意外と重要なモンスター。

・伝説の黒石
①自身リリースでデッキからレベル7以下レッドアイズ特殊召喚。②墓地のレッドアイズをデッキに戻し、このカードをサルベージ。
①で②のレッドアイズを呼び込めるので、同ターンに使えない制約があるが、これ1枚でずっと戦線を維持できる。レッドアイズインサイトや真紅眼融合でデッキのレッドアイズを絶えず消費するので、このカードで戻し続けるのは非常に重要。特にこのレシピでは3枚しかレッドアイズを採用してないので…。
墓地にレッドアイズがいれば、これとスケープゴートでビーストアイズをほぼ消費なく出せる。

・黒鋼竜
手札からレッドアイズに装備でき、600アップ。フィールドから墓地に送られた場合、レッドアイズカードをサーチ。
真紅眼の黒竜を3000にできるのは嬉しいところ。インサイトの登場で重要度は下がったが、最重要カードである真紅眼融合のサーチカードとしても重要。
このカードもビーストアイズをほぼただで出せる。

・エキセントリックデーモン
ペンデュラムテーマじゃないのに採用しているのは、2種類の効果を選べるから。スキルドレイン下ての高打点処理+ダメージ追加、もしくは単純にバック処理を選べるのはこのデッキに合ってると思いました。

◆魔法
・真紅眼融合
1枚消費で切り札を降臨する最重要カード。このカードからの悪魔竜でプレッシャーをかけるのが、このデッキの基本方針である。制約による隙は多めの罠カードでフォローしたい。

・レッドアイズインサイト
コストでデッキからレッドアイズを墓地に送り、レッドアイズ魔法罠をサーチする。このレシピではまさかの真紅眼融合しかサーチできない。が、そのアクセスが非常に重要なので、これも3積みしています。
前はほぼ1回しか打てなかった悪魔竜の効果を2回以上狙えるようになった、という隠れた強化ポイントもあります。

・竜の霊廟
デッキからドラゴンを墓地に送る。送ったのが通常モンスターならもう1枚送る。
伝説の黒石を間接サーチ、もしくは、伝説の黒石を落とすことで間接的に墓地のレッドアイズをデッキに戻せる。伝説の黒石がこのデッキの体力なので、早めにアクセスするのは重要。

・スケープゴート
防御札+ビーストアイズペンデュラムドラゴンの素材発生札。特にトークンが生き残ればどんどんビーストアイズ追加できるこのデッキのパワーカード。

◆罠
・スキルドレイン
このデッキでは悪魔竜しかほぼ効果を無効にされないので、相性がいい。真紅眼融合やスケープゴートでお手軽高打点を出せる上、黒石により不死身の真紅眼の黒竜を追加できる。
相手によっては1つの勝ちパターンとなれるでしょう。

・破壊輪、ファイヤーフォース
悪魔竜のプレッシャーを強めようがコンセプト。耐性持ちはスキルドレインとの連携で解決したい。ワンチャンこれで勝ちをさらおうと言うのは、簡易ビートバーンデッキとして、ちょっと面白いかなと思ってます。

・虚無、神の罠
真紅眼融合の制約上、やや低速ビートになるので、厚く敷いてサポートしたい。

◇エクストラ
・悪魔竜ブラックデーモンズドラゴン
レベル7レッドアイズ通常モンスター+悪魔レベル6通常モンスター
攻撃時にライトニングホープよろしく効果を発動させない効果と、戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に墓地のレッドアイズを戻し、その攻撃力分のダメージを与える効果を持つ。
まさにこのデッキの切り札。意外と前半の効果が相手の思惑を壊せるので、想像以上に制圧力が高いです。

・流星竜メテオブラックドラゴン
レベル7レッドアイズ+レベル6ドラゴン
融合成功時にデッキからレッドアイズを墓地に送り、その攻撃力の半分バーンする。また墓地に送られたら、通常モンスター蘇生。
真紅眼融合の新しい選択肢。スキルドレイン下ではこちらの方が強い。
デッキに3枚しかレッドアイズを入れてないと、インサイトからの融合でこのカードを出すと、黒石のサポートなしではバーン効果が打てないので注意。

・ビーストアイズペンデュラムドラゴン
お手軽3000打点。シンプルだが強力。


【その他】
・レッドアイズの枚数
基本黒石で使い回せる為、枚数を抑えてます。デーモンの召喚含め、引くとその分戦力ダウンなので。ただインサイトの兼ね合いで増やしてもいいのかもしれません。

・リターンオブレッドアイズの不採用
事故る上に、そこまで強さを感じなかった為。
うまく行けば融合からのセットで、戻りのターンまでで融合素材が完全復活しますが、妨害札がなければ間違いなく融合体が消されます。そうしたら通常モンスターだけではどうしようもありません。
インサイトでサーチできるので、ピン挿しなら採用できるかも。
エクシーズを軸とする構築なら活躍するのでしょうか?

・黒炎弾
悪魔竜が内臓してるのでいいかなと。殴れなくなる制約が、ビートバーンのコンセプトと致命的に合わない…(*´-`)


【総評】
真紅眼らしく融合からのビートバーン。コンセプトの筋が通ったデッキに仕上がったと思ってます笑
みんな大好き真紅眼。よければ参考にしてみて下さい(`ー´ゞ-☆

まだ何個かストックあるので、今度こそ近いうちにアップします!

ではー(`ー´ゞ-☆


jankbasaka_orenoyome at 08:43コメント(2)トラックバック(0)デッキレシピジャンバー 
プロフィール

jankbasaka_orenoyo...

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ