bauhaus

このブログでは、ちょっと気になる作品の紹介や些細な日常の出来事、そしていつもお店で営業してくれる愛犬ジャンとモラの生活を書こうと思います。

5ヶ月経った大槌町

先日、お墓参りの為実家のある大槌町に帰省した。

震災からちょうど5ヶ月が経つ。
瓦礫や流された車の殆どは片付けられ、所々に山のように積まれていた。

普段なら、海水浴やサーフィンで賑わう浜辺は、砂浜の砂も流され地盤も沈下したようで海になっていた。あれだけの水の恐怖を味わったせいか、水遊びをする子供の姿は見られない。

今年は津波で亡くなった人が多い為盆帰りの人々も多く、泥の乾いた何もない平原を土埃をあげながら車が行きかっていた。

大槌に1件だけローソンが営業していたが、コンビニであれだけの長蛇の列は初めて見た。聞くところによると東北一の売上げだそうだ。私の前に並んでた人は、アイスクリームのまとめ買いで7千円程買っていた。買い物もなかなか出来ないからだろう。

城山から避難所のあった城山公園からの光景
津波の前は、家がたくさん立ち並んでいた町の中心部だった。







鉄骨むき出し鉄骨がむき出しになったビル







車の山流された車も至るところに集められ山積みされていた。








家の基礎のみ住居の基礎だけが残った。山と海と空以外の殆どが灰色で色のない世界。







マスト1階部分大型スーパー「マスト」の1階部分。このスーパーがないと非常に不便。12月頃再開するらしい。








お墓祖父母のお墓は、自衛隊の協力でお盆前には元どおりに直し、お盆を迎えることができたが、なぎ倒されたままのお墓もまだまだ多く気の毒だった。



救世主のように現れ助けてくれた自衛隊やボランティアの人達、本当に頭が下る思いだと地元の人は言う。また自衛隊に憧れ、自衛隊志願者も増えたようだ。

今では自衛隊もいなくなり、数人のボランティアの若者だけが残っている。

さあ、いよいよ自分達の足で立ち上がらなくてはいけないようだ。

がんばれ!


かしまし4人組

先週、なつかしい顔ぶれが揃った。

OL時代の仲良し4人組で、年齢はばらばら。まあ、一応同世代かな?

ものすごく楽しかったな〜

すぐにお勤めの頃の話題になり、懐かしい登場人物が色々と出てくるのだが、名前は何となく覚えているけど顔が思い出せない。あれから20年近く経つのだから仕方がない。

あの頃は、4人とも同じ会社、それも同じ部所に勤めるOLで、取り巻く環境も話題も何ら差はなかったが、退社、結婚、出産などを機に変っていく。

その後の人生はそれぞれだ。

子供のいる二人の話を聞けば、あ〜、お母さんしてるんだな・・・  と思い、
ワインが足りないと我家の残り少ないお酒を全て飲んでしまった先輩、あ〜、昔からお酒好きだったな・・・ なんてどれも微笑ましく思えてくる。

色々あるだろうけど、まずは幸せそうで良かった。

子供のいる二人は、時間とお金が自由になるまでもう少し掛かりそう。

4人で温泉にでも行ける日がきっとまたくるといいね。 

それまで楽しみに待ってるから。





感動した!

永遠のゼロ少し前に「永遠のゼロ」(百田尚樹 著)を読んだ。               久々に感動した。

ひょんな事から腕利きの特攻隊員であった祖父の生きざまを孫の姉弟が調べていくと言う流れ。

多くの若者達がお国の為にと命を落としていく中、軍人でありながら最後まで生きのびようとしたある一人の男の物語だ。

生き残った特攻隊員から当時の話を聞いていくうちに、祖父の人間性と生きざまが見えてくる。

最初は、戦争物か・・ちょっと重いな・・と思いつつ読み始めた。

これ、本当にのめり込んだ。

物語の構成が実に上手い! 著者のデビュー作とは思えない完成度だ。

そしてクライマックス、人間として究極の尊厳と愛を貫くラスト。
深く考えさせられる。そして涙が出た。

こんな時代があったんだな。

犬の散歩をしてる時、青空を見上げて思うことがある。

特攻命令を受けたまだあどけない顔をしたあの若者達、どんな思いで手を振って飛び立って行ったのだろう。



レーザー治療

あれからずっと悩んでいたいびきの件で、銀座の某耳鼻咽喉科に行って来た。

喉の写真を撮られレーザーで切除する部分は、これ(のどちんこ)とこの辺2箇所(その周辺)ですと言われた。

写真を見たら、のどちんこが普通より長く舌に接している。おまけに気道が狭い。

それを見るなり医師は、こりゃ〜高いびきだ〜と人の気も知らずに言った。


あの〜、手術は痛いですか? と不安な私。

局部麻酔をする時にチクっとするけど大丈夫です。ただ焼き切るので熱さを感じるかも。痛いのは術後の2週間。大きな口内炎が喉の周りに数箇所できるような痛みです。ん・・でも女性は子供を生む痛みに耐えられるから男性より我慢強いかな・・
と、医師。

子供生んだ事ないからその痛みはわかんないけど、これはかなり痛そうだ。

診察が終わりお会計を待ってる間、他の患者さんと医院のスタッフとのおしゃべりが聞こえてきて、この上なく不安になった。

その患者さんは、30代の男性。2週間の術後の激痛を耐え抜き、最終診療だったようだ。

いや〜、こんな激痛は二度と味わいたくない。恥ずかしいけど子供の前で泣いちゃったよ〜

待合室の隅に座って雑誌をペラペラと見てた私は雑誌なんか見ちゃあいない。
こんな大人の男性が泣くぐらい痛いの!? 

じきゅうさ〜ん、血液検査の上手術をしますが、いつのご予約になさいます?
と医院スタッフ。

痛いんですよね〜? ん・・・ 決心着いたら電話で連絡します。

とそれだけを言って帰る事にした。

いびきの悩みを解決する可能性の高い方法をやっと見つけたと思ったのに激痛か・・・

どうしよう。


どうにかしなくちゃ!

以前から悩んでいる。

それは、夜な夜な響き渡るいびき。 誰って、私です。

たかがいびき、されど・・・です。 

地響きがするほどすごいらしい。 

昨年、睡眠時無呼吸症候群を恐れた主人のすすめで、内科のいびき専門医に見てもらった。

私の顔を見るなり、あ〜いびきをかく顔形だと言った。いったい根拠は何だろう?

要するに、喉に問題があり、気道が狭くなって呼吸がしにくく、喉の粘膜が振動して、怪獣に変身するようだ。

主人にもかなり迷惑を掛けているし、ヨーロッパ便などの長時間の機内でもおちおち寝れない。
友人との旅行でツインなんてもっての外。

そこで決心した! テレビでも紹介されたいびきを治してくれる某耳鼻咽喉科で手術をする事にした。

のどちんこってやつをレーザーで切除して、気道を広くするのだー。 90%の確率で治るらしい。

喉にスプレー麻酔と注射の麻酔をして、レーザーで焼切る事15分。日帰りできる。

が、しかし、喉に注射だなんて痛いだろうな〜  喉のどこにさすの? 

レーザーは麻酔が効いてるので痛くないらしいけど、術後2週間は喉がひりひり痛いらしい。

あ〜、考えただけでも恐ろしい・・・  

でも、もう怪獣にはなりたくない!  やるしかない!

カテゴリ別アーカイブ
楽天市場
プロフィール

Jan & Mora

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ