最近、管理画面で「100エントリ目前です」とか言われるけどライブドアさんから何かあるのかしら?ウフフ
dc33994d
1939~40年頃にドイツが開発を始めた航空機用の対艦砲。
口径は356mm、砲身長は10m以上もある。

506ddf54
もちろんこの口径では反動がものすごい事になるため、無反動砲だ。
薬莢を兼ねたカウンターウェイトを後方に飛ばす方式で、写真にあるような台車上での試射では射撃後に前進することもあったらしい。


砲弾重量は700kg。初速は320m/s。
遅延信管付き徹甲榴弾で、導環にはあらかじめ砲身のライフリングに噛み合う溝が刻まれていた。

これでクロム・ニッケル・モリブデン鋼製の砲身にかかる圧力を抑え、砲身の軽量化が図られたが、さすがに薬室周辺には補強バンドが取り付けられている。
20298187

弾頭と薬莢部分に分離された状態の砲弾。
01a48c09
砲弾はこのように装填された。
装填時には砲身は前後に分離されたそうで、つまり一発こっきりしか撃てない。


開発の次の段階では機体への影響をみるためにDo 17の機首と尾部を模した物が台車に取り付けられた。
f6a18176

26cec8d1

試射の結果、機体には防護板が取り付けられていたにもかかわらず、いくらかのダメージがあった。
しかし重大な問題ではないとされ、Ju 88とHe 177における使用(ドイツ語のサイト→ではDo 217とJu 288の名前がある)を前提としたテストが1941年まで続けられた。

しかし対艦兵器の開発の主眼がヘンシェルHs 293やルールシュタール FX 1400(フリッツX)のような誘導兵器に移ったため、この巨砲は破棄されてしまったようだ。

(今回のソースはこちら→


「100記事達成おめでとうございます! 」と言われましたよ!
でも吹き出しの横にいつもいるチョビが表示されない!チョビイイィィ~!?
ギギギ…