モスカリョフМоскалев、というマイナーな設計局の名を知ったのはごく最近の事です。意外と歴史があって戦後は超音速戦略爆撃飛行艇なんかも計画しています。
そのまとめはいずれやるつもりですが、今回は第2次大戦中に計画された風変わりな攻撃機をご紹介します。

◎モスカリョフLT (SAM-23)
12-1
この航空機の最も風変わりなのは高度4、5mで地上目標に攻撃をかける、という戦法です。
そのため長いアームに取り付けた車輪(アームを折り畳んだ時は尾輪になります)を接地させながら時速150〜180kmで「走行」する訳です。
アームにはサスが付いているので多少ラフな地形でも追随できますし、敵に発見されにくいように機体は小型(全長7.2m、全幅5.57m)にまとめられています。
13-1_0-700x938
4ddb9751c655b0a83677e41248ff7a95_e
(こんなのがキット化されてるなんて!→

この「走行」する特徴のためかairwar.ru→ではTsAGIの当時資料の表記として「танкетки-штурмовик」という言葉が紹介されています。
「танкетки」で検索すると厚底パンプス(笑)とともに各種豆戦車が出てきます。
つまり「танкетки-штурмовик」は「豆戦車襲撃機」のはずなんですが、これは
  1. 豆戦車・ソフトスキンを専門に狙う襲撃機(単純に武装の限界等の理由で)
  2. この航空機自体が豆戦車の一種として分類されてた
のどちらかだと思います。
でも豆戦車が攻撃目標として高価値(それ専用の攻撃機を作るほど)だったとも思えないので個人的には後者の方がマシーネンで「AFSが装甲車の一種として分類された」という設定と共通してて嬉しいんですが(笑)

搭載エンジンはシュベツォフM-11が予定されており、その場合の武装の搭載量は約1000kg
・胴体に20mm ShVAK機関砲2門(装弾数200〜500発)
・主翼に7.62mm ShKAS機関銃2門(装弾数1500〜2000発)
・4〜6発のRS-82ロケット弾、もしくは爆弾400kg

これは後により強力なエンジン(ミクーリンAM-34)に換装すれば搭載量も1500kgまで増加すると見られていました。
コックピットは前方が4、5mm、側方・後方が3mmの防弾板、ウィンドシールドは防弾ガラスで防御される予定でした。

生産もノヴォシビルスクの第499工場が予定されるなどかなり細かい所まで決まっていたそうですが、結局は破棄され、SAM-23という生産名称も水陸両用の大型グライダーに転用されました。
pic_60

計画破棄の理由ははっきりとしません。
しかし戦法の検討途上で「時速150〜180km程度の走行速度では歩兵の小火器の集中射を浴びる」、「固定目標の防御、例えば有刺鉄線にひっかかる危険性」、「予定されている武装に対してエンジンが非力」などが指摘されたそうです。

そいやドイツも低空飛行のために接触センサープローブを展開するブロム&フォスBV 143という対艦滑空爆弾を開発したりしてましたね。
blohmvoss_bv143_acucj