October 17, 2005

見せ牌

見せ牌に制約をつける事にもともと疑問を感じていた。制約の内容が中途半端だからだ。
見せてしまった本人はその現物では出アガリできないという内容が多いが、例えばリーチ後に手牌のリャンメンターツ部分、45を倒して見せてしまって、3や6でロンする事は制約には触れないのだろうか?(もちろんこんな事はマナー違反には違いないのだが)
次に、山にある他家のツモる牌を見せてしまった場合だが、これもその情報を一部だけが知っていると不公平だということで見せ牌として全員に対し申告するべきだ、という事になっている。しかし不公平だというなら自分のツモ牌を他の3人に知られてしまった何の罪もないプレイヤーはどうなるのだろう?そのそのツモ牌が赤5とかで、しかもイーシャンテンの入り目で、かつリーチをかけたい場合けっこうひどいと思うのだが。例えばひとり見られてしまったとして、せめて他のふたりには知られたくないと思うのだが。そして見せ牌をしたプレイヤーには振り込みにきてほしいくらいだ。
あと白と発を鳴いているのに他のプレイヤーが中を見せ牌するとか…
「現物の出アガリ禁止」という罰では軽すぎる罪深い見せ牌はあげていけばキリがないのだ。
なので中途半端な罰則をもうけるのはやめてほしい。じゃどうすればいいのか?
見せ牌に関して制約をもうけない。客のモラルにまかせる。故意はダメ。(そういう雀荘が多い)
それかアガリ放棄くらいにするとか。(こんな厳しい雀荘は聞いたことない)
審判員をつけるとか!(雀鬼流?)

もともと中途半端なルールの多い麻雀でそれをさらに増やすのはどうなのだろうか。



jansonet at 16:59│Comments(1)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. フリー雀荘入りびたり放浪記1  [ 今日の麻雀界〜6000オールを夢見る毎日〜 ]   October 23, 2005 09:14
先日、Jan−So-netさんへのリンクを追加しました。 現在は種々の事情で雀荘にはとても行けないので、なんだか久しぶりにフリー雀荘のことを思い出したように思います。 そんなわけで、僕個人の経

この記事へのコメント

1. Posted by r@PCLabo   August 06, 2006 07:44
一時「故意過失に関らず見せ牌は現物でしか出和了りできない」というるーるでやっていたことがあります。
ぽろっとこぼれて単騎待ち(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔