日本と韓国は敵か?味方か? 일본과 한국은 적? 아군인가?

このサイトは日本と韓国を中心にアジアの問題を考えるサイトです



韓国質問サイト 『高句麗vsローマ どちらが勝ちますか?』

1

韓国人質問者

『高句麗とローマが戦ったら、どちらが勝ちますか?』




韓国人回答者1

当然、高句麗が勝ちます。ローマが勝つと言う人がいるんですか?

ローマも強いかもしれませんが、彼らは長い槍で密集して進むだけです。

高句麗は弓兵が矢で混乱させ、重装騎兵が側面と背後を突きます。

高句麗の鉄器技術は世界一のレベルで、ローマの盾では防げず、ローマの剣も折れるでしょう。

高句麗と互角に戦えるのは、モンゴルか唐など限られた国しかありません。




韓国人回答者2

高句麗は、西洋よりも鉄製の技術が何千年も進んでいました!

戦争では、武器の質が重要です。高句麗の弓と剣にはローマも勝てないでしょう。

高句麗は中国との戦闘に勝ち、遠くインドまで領土を拡大させたのは嘘だと思っていますか?

それは歴史を歪曲させたのでしょうか?




韓国人回答者3

高句麗が勝つでしょう。ローマは弓をあまり使いません。

ローマの弓は弱く射程も短いです。ローマ軍の弓は高句麗軍には届きません。

接近戦でも高句麗の鉄器は世界最高レベルで、ローマの剣や盾では防げません。

ローマが強いと思われているのは、周辺に国と言えるような国が無かったために征服できたからです。

しかし、高句麗を見てください中国モンゴルなどの大国の中生き残った

このように考えても、ローマ高句麗の戦いでは、高句麗が勝つ可能性はるかに高いです ^^



韓国人回答者4

高句麗は騎兵が中心で、ローマは歩兵じゃないですか。

高句麗の鎧は立派で、ローマ兵は裸同然。

高句麗の騎兵が包囲して攻撃すれば、高句麗軍の圧勝です。

当然高句麗勝ちーー

当時、世界最強大国である侵略退けた強大国なのにせいぜい中国の省程度のローマに負けることは絶対に絶対に絶対にありません。

高句麗精鋭騎兵相手に勝てる国があると思いますか




韓国人回答者5

まず、高句麗は領土が広く名馬がお勧めです。

戦闘では、馬が非常に重要なんですよ。特に、高句麗のような騎馬民族にとっては。

また、高句麗男性は全員が弓を撃って、馬を巧みに操り、刀を持っては剣術を使えました。

1年に1回ぐらい馬術大会、あるいは狩猟大会をしたほどですからね。

高句麗人自体が体格が非常に立派で、国が緊急時の民が戦争に直接参加することもしたし、高句麗人自体が訓練を受けなくても、すべて剣術に長けたため、高句麗は強大国でした。

また、高句麗の鉄器の技術が西洋より約2千年ほど進んでおり、不純物がほとんど無いんです。

高句麗の鉄の技術は今現在の鉄の技術とほぼ匹敵するほど進んでいたんです。



韓国人回答者6

高句麗は領土の面でも凄い国でした。高句麗の領土は、韓半島の20倍以上です。

ローマは韓半島の4倍程度しかありません。


だから、高句麗が確実に勝ちます。

ただし、戦略・軍事・武器は、ほぼ対等だったでしょう。



韓国人回答者7

ここで大切なのは、まさに私たち高句麗民族の戦闘力です。

実際には高句麗自体の戦闘力も戦闘力が、高句麗の多くの人口がまさに「靺鞨」と呼ばれる北方遊牧民族であった。

これで見て判断すると、高句麗民族も馬術に優れた民族であることが証明されます。

ところが、このように遊牧民たちに負けない馬術に
強い弓を備えた高句麗民族の力はさらにすごかった。

これはまだ明確ではない歴史的事実ですが、隋が高句麗を打とうしていた理由は、今の北京側をはじめとする中国の多くの諸侯が高句麗に朝貢をささげていたことです。

このような高句麗の
領土増殖に危機感を感じた隋の煬帝が戦争を起こしたからです。

ヨーロッパがモンゴル騎兵に敗れたように、高句麗騎兵が進軍を望んでいたらローマまでの全てを征服し、勝利していたのは間違いありません。




韓国人回答者8

ローマは、傭兵や騎兵を率いたハンニバルに国内を10年以上蹂躙されています。

もしハンニバルではなく、高句麗騎兵がローマに侵入していたら、縦横無尽の騎兵に征服されていたはずです。

ローマが強大国と言うのは、明らかな過大評価です。




韓国人回答者9

ここでの回答を外国人には話さないでください。

間違いなくキチ●イだと思われます。





※編集後記

質問サイトを見ていたら『高句麗vsローマ』というテーマの質問が非常に多く、その回答の殆どは『高句麗が勝つに決まってる』というものでした。

いやぁまぁもちろんIF設定自体あれですが、韓国の歴史観を象徴していますね。

『高句麗はインドを征服した』とか『ローマは小国で、周辺国が弱いだけ』とか・・・wwwwwwww

この設定のローマが、王政の都市国家時代か、共和制の頃か、帝政で繁栄した頃かはわかりませんが、少なくとも共和制以降でローマに黒星がつくことは無いでしょう。

しかし、一番面白いのは『韓国人にとって戦争とは戦闘行為のみ』という事ですね。

ローマも大敗は何度もしていますが、背後のインフラにより崩れる事無く、戦争そのものには勝っています。

韓国人の考えでは、背景にある食糧生産・道路などインフラ整備・外交などは、あまり重視していないのがわかりますね。



日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

偽物の餌に近づく小魚 가짜 미끼에 접근 황어

1

(この記事は管理人の主観で書いています。正しくない可能性があります。ご了承の上、お読み下さい。)

来年は韓国の大統領選挙です。誰が立候補するのかは、まだわかりません。

セヌリ党の代表が誰になるのか、民主党と国民党が選挙協力して一本化するのか、パン・ギムンがどこに加わるのか、わかりません。

野党の代表が、民主党のムン・ジェインになるか、国民党のアン・チョルスになるのか・・。

総選挙で与党が大敗した事を考えると、大統領選挙でも野党勝利の可能性が高いのではないでしょうか。



(이 기사는 관리인의 주관으로 쓰고 있습니다. 정확하지 않을 수 있습니다. 승낙 읽어주세요.)

내년은 한국의 대통령 선거입니다. 누가 출마하는지는 아직 알 수 없습니다.

새누리 당 대표가 누가 될 것인지, 민주당과 국민당이 선거 협력하고 단일화 할 것인지, 반기문가 어디에 참가인지 모릅니다.

야당의 대표가 민주당 문재인 될까 국민당 안철수 될지 ··.

총선에서 여당이 참패 한 것을 생각하면, 대통령 선거에서도 야당 승리 가능성이 높은 것은 아닐까요.



左派の民主党のムン・ジェインは、現在大胆な政策を打ち出しています。

北朝鮮が閉鎖した工業団地を再開して何倍もの規模にする。経済制裁を解除する。金剛山観光を再開する。

人道的援助を再開する。そして驚くのが国家情報院の解体、国家保安法廃止です。

韓国にはかつてKCIAという諜報機関がありました。かつて東京からキム・デジュンを拉致した諜報機関です。

KCIAは大統領になったキム・デジュンに解体され、国家情報院になりました。



좌파 민주당 문재인는 현재 대담한 정책을 내세우고 있습니다.

북한이 닫히는 공단을 재개 몇 배의 규모로한다. 경제 제재를 해제한다. 금강산 관광을 재개한다.

인도적 원조를 재개한다. 그리고 놀라는 것이 국정원의 해체, 국가 보안법 폐지입니다.

한국에는 예전 KCIA는 첩보 기관이있었습니다. 일단 도쿄에서 김대중을 납치 한 첩보 기관입니다.

KCIA는 대통령이 된 김대중에 해체 된 국정원되었습니다.



国家保安法は、反共の為の法律で、北朝鮮のシンパを捕え、極左活動を禁止する法です。

ムン・ジェインが打ち出しているのは、キム・デジュンの太陽政策を引き継ぐもので、北朝鮮の支援と韓国の弱体化を招くものです。

北朝鮮に対する大きな支援再開と、諜報機関解体、国家保安法廃止が実現すれば、韓国は終わると言っていいでしょう。

任期中盤には在韓米軍撤退の交渉もあるでしょうし、サードミサイルは当然配備しないでしょう。

対日関係で言えば、すでに『慰安婦合意は破棄する。無効だ』と言っていますので、急激に悪化するでしょう。



국가 보안법은 반공을위한 법률에서 북한의 동조자를 잡아 극좌 활동을 금지하는 법입니다.

문재인이 내세우고있는 것은 김대중의 햇볕 정책을 계승 것으로, 북한의 지원과 한국의 약화를 초래할 것입니다.

북한에 대한 큰 지원 재개와 정보 기관 해체, 국가 보안법 폐지가 실현된다면 한국은 끝난다고 좋을 것입니다.

임기 중반에는 주한 미군 철수 협상도있을 것이고 제 미사일은 당연히 배치하지 않는 것입니다.

대일 관계로 말하면 이미 '위안부 합의는 파기한다. 무효 "이라고 말했다 있기 때문에 급격히 악화 될 것입니다.



歴史問題で中国と共闘し、反米意識を高める方法に国民を誘導する事になると思います。

大統領制を4年再任制を実現すれば、任期は8年になり、次の政権まで韓国が持つかわかりません。

強行左派が大統領になる事で、韓国主導と言いつつ、実は北朝鮮の影響下で半島統一への話し合いが持たれるかもしれません。

中国の太平洋進出が緊迫感を増す中で、ムン・ジェイン大統領が実現すれば、韓国ははっきりと日米を離れる決断をする事になるでしょう。

長い目で見れば韓国国民にとっては、計り知れない損失ですが、反日反米と言う甘い誘惑を使えば可能でしょう。



역사 문제에서 중국과 공동 투쟁하고 반미 의식을 높이는 방법에 국민을 유도하는 일이된다고 생각합니다.

대통령제를 4 년 연임 제를 실현된다면 임기는 8 년이 다음 정권까지 한국이 가질 지 모릅니다.

강행 좌파가 대통령이되기위한 한국 주도라고 말하면서, 실은 북한의 영향하에 한반도 통일에 대한 논의가 갖게 될지도 모릅니다.

중국의 태평양 진출이 긴박감을 더하는 가운데, 문재인 대통령이 성사되면 한국은 분명히 일본과 미국을 떠날 결정을하게 될 것입니다.

긴 안목으로 보면 한국 국민에게는 헤아릴 수없는 손실이지만, 반일 반미라고 달콤한 유혹 절대로 가능 하겠지요.



我々日本人から見れば、韓国が北朝鮮による思想浸透によって左傾化し、最終的に赤化するという壮大な社会実験を目にする事になります。

反共を国是とし、北朝鮮・中国と戦い国民の1/5を失い、その教訓として国家保安法を持った韓国でさえ左傾化する現状は、日本にとっていい教訓となるでしょう。

『慰安婦合意を破棄する』というムン・ジェインに賛同する韓国国民は、ムン・ジェインや北朝鮮から見れば、偽物の餌に近づく小魚に見えることでしょう。

もし実現すれば、我々は最後の韓国大統領を目にし、初代韓国総書記を目にするかもしれません。

その時が来れば、我々日本人は韓国国民の選択を尊重し、左派の誘惑に食われる彼らの最後を静かに見守りましょう。



우리 일본인에서 보면 한국이 북한의 사상 침투에 의해 좌경화 결국 적화하는 아름다운 사회 실험을 보게됩니다.

반공을 국시로하고 북한 · 중국과 싸움 국민의 1/5을 잃고 그 교훈으로 국가 보안법이 한국에서 마저 좌경화하는 현상은 일본에게 좋은 교훈이 될 것입니다.

"위안부 합의를 파기 '라는 문재인에 동참하는 한국 국민은 문재인과 북한에서 보면 가짜 미끼에 접근 작은 물고기에 보이는 것입니다.

만약 실현되면, 우리는 마지막 대통령을 눈으로 초대 한국 국방 위원장을 볼지도 모릅니다.

그 때가되면 우리 일본인은 한국 국민의 선택을 존중하고 좌파의 유혹에 먹히는 그들의 마지막을 조용히 지켜 보자.



http://japan-and-korea.sakura.tv/problem-of-korea-152.html



日韓断交に向けて1日1クリックお願いします

賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ

当ブログについて
↓日韓断交に向けて1日1クリックお願いします↓



管理人は都内在住の日本人です。
このブログは韓国は敵か?味方か?のサテライトブログです。
韓国の情報を見るまとめサイトは多く存在しますが、韓国側へ意見発信するサイトが少ないと思われたので始めました。
韓国の意見を見るだけではなく、たとえ反感を招こうとも読むかもしれない韓国側へ日本人の意見を届けたいと思います。
なお、記載している韓国語は自動翻訳ですので、不自然な場合があると思いますが、ご了承下さい。

관리인은 도내 거주 일본인입니다.
이 블로그는 한국은 적? 아군인가? 위성 블로그입니다.
한국 정보보기 요약 사이트는 많이 존재하지만, 한국 측에 의견 발신하는 사이트가 적다고 생각했기 때문에 시작했습니다.
한국의 의견보기뿐만 아니라 비록 반감을 招こ려고도 읽을지도 모른다 한국 측에 일본인의 의견을 전달하고자합니다.
덧붙여 기재되어있는 한국어는 자동 번역이므로, 부 자연스러운 경우가 있다고 생각 합니다만, 양해 해주십시오.

頂いたコメント・メッセージ・メールの内容は、筆者の判断で記事にする場合があります。
コメント・メッセージ・メールは『記事になる可能性がある』という前提をご了承ください。
記事投稿後の削除は、今後は行いません。
記事になるのを避けたい場合には、必ず【記事化不可】と付け加えてください。
여러분의 의견 메시지 편지의 내용은 필자의 판단으로 기사를하는 경우가 있습니다.
코멘트 메시지 편지는 "기사가 될 가능성이있다"는 전제를 양해 바랍니다.
기사 게시 후 삭제는 향후하지 않습니다.
기사가되는 것을 피하고 싶은 경우에는 반드시 [기사화 불가】 고합니다.

相互リンクご希望の方は、お気軽にご連絡下さい。
韓国情報系・政治軍事系サイトに限ります。


最新記事
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ