1

釜山日本領事館前「平和の少女像」の設置のために日本側攻勢が度を超えた。


日本は2015年の韓日慰安婦問題の合意に基づいてお金を与えた点を掲げ、安倍晋三首相が少女像撤去を要求している。

慰安婦強制動員を無視・否定する日本の首相の居直りに違いない。

安倍首相は、昨日のNHK番組に出演して「日本は私たちの義務を実行して、10億円を既に拠出した。 韓国側が適切に誠意を見せなければならない」と述べた。

司会者がソウルの日本大使館前少女像にも同じ考えなのか尋ねると、「当然だ」と答えた。

彼はまた、「韓国は(韓日の合意を)政権が変わっても実行する必要がある。 国家信用の問題だ」と強調した。

女の子を騙し、戦場に連れて行った後、軍の性奴隷した反人倫的戦争犯罪をお金で贖うことができるという、日本政府と安倍首相の認識は浅はかな事に愕然とする。

国の過ちを認める賠償金でもなく、解・治癒財団出捐金の性格のお金、それもせいぜい100億ウォンを与えておいても解決されたかのように感じている。

少女像に反対する日本は、自国の大使と総領事を一時帰国させ、韓日通貨スワップの交渉とハイレベル経済協議も中断・延期させた。

力のない隣の妻子を連れて行ってひどいことをして小銭を握らた後、「口を開ければ殴る」と脅迫するチンピラと違うところは一つもない。


韓国政府は、市民と被害当事者である慰安婦たちが反対したのに、突然合意した。

以後、過去1年間余り、日本のあらゆる妄言と靖国神社参拝、少女像撤去の要求などの侮辱を受けながら引きずられ通っている。


安倍首相側から釜山少女像の設置に 『10億円は、まるで振り込め詐欺されたのと同じだ』とまで言ったと日本の朝日新聞が伝えた。

それでも韓国政府の対応は、対立を控える要請、日本大使との面談程度などであった。

このため、韓国政府の度重なる否定があっても、「100億ウォン受けて少女像撤去」に同意した疑いを消すことができない。

韓国政府は、安倍首相がこのように大きな声で怒鳴りつける原因の交渉をした人が誰なのか、交渉がなぜこのように間違っていることを真相を調査し、責任者を明らかにし問責しなければならない。

歴史問題で韓国が守勢に押されて言い訳もして、加害者である日本が攻勢に出るものすごい逆転劇を見守ることができない。

日本が妄言を続けること自体が、慰安婦問題で合意が間違っているということを傍証している。

韓国政府は、まず日本の妄言を停止することを堂々と要求し、日本との再交渉に出ると宣言しなければならない。



引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=032&aid=0002755928


まぁ、日本としては『不満なら何故同意した?』と答えれば済む。

無効だと言うなら、『制裁レベルを上げるが、承知の上の答えか?』と答えればいい。

韓国は今、自国の政権が信じられず、『日本があそこまで言うなら、ホントは撤去するって約束してんじゃないか』と疑心暗鬼の状態。

なにせパク・クネ大統領のお父上のパク・チョンヒ大統領は、日韓条約の中身を80年代まで国民に対して秘匿させた。

嘘のような話だが、韓国人は65年から90年代まで日韓条約の詳細を全く知らされず、存在を信じない韓国人も多数いた。

だから、『もしかして安倍が本当の事言って、パク・クネが嘘ついてるんじゃないか』と思ってる。

裁判所も日韓議事録の公開を求めてるが、韓国政府は今のところ拒否。

ただ仮に密約があったとしても、外務大臣が合意したことは消えず、無効に出来る筈もない。

しかし、自分が気に入らないなら無効に出来ると信じているのが韓国人。

韓国人は契約の定義を知らないと言われる由縁である。