1

就任後、韓国を初の公式訪問したレックス・ティソン米国務長官が政府の晩餐要求を拒絶した事が、17日知られ、その理由が注目される。

政府消息筋はこの日、「政府がユニットソン長官の訪韓を控えて日程を調整しながら、外相会談後の晩餐を進めしようと提案したが、これを拒絶された」と明らかにした。


この消息筋は続いて「米国側で韓国の要求を受け入れるかどうか悩んでおり、終盤に韓国で別にディナー協議を進めることがあるという理由でユンビョンセ外相との晩餐をしないという意味を伝えてきた」と付け加えた。

外交慣例に照らしてみると両者会談をすると昼食または夕食につながるのが一般的である。

特に、政府は、今回のユニットソン長官の訪韓を「VIPの訪韓」と見て、これに合わせて格と日程を調整してきたことが分かった。

しかし、ティソン長官は公式訪韓にもかかわらず、プライベートディナー協議のために公式晩餐をしないことしたのだ。


それだけでなく、韓国を訪問する直前に立ち寄った日本との違いも明確に比較される。

過去22日午後10時頃、日本に到着した彼は、翌日の午後、日米外相会談、共同記者会見、安倍晋三首相と会見、岸田文雄日本外相との夕食会日程を順番に消化した。

これに対して外交がでティソンが公式訪韓でディナーをしていないのは、最近、韓国の政治状況を考慮したという観測が出ている。


ある外交安保専門家は、「ティソン訪韓は今回の韓・中・日歴訪日程で重要度が低いことを端的に示す事例」とし「次期政府が入るまで、現政府とは深みのある会話をしないという意味」と評価した。

また、他の専門家は、「会談後の晩餐をするということは、将来を約束するという意味であるが、現在の韓国政府とは不要であると判断した」とし「韓国では、最小限の形式だけ守ること」と述べた。

公式晩餐会の要求を拒否したユニットソン長官が、韓国で誰に会うかも注目される。

彼は韓国で政界関係を会わないと公式に発表している。

これ米国の軍当局との晩餐協議を進めるだろうという観測が提示される。

来る18日、すぐに中国に向かい、王毅外交部長と習近平との予定だけで、米国単独でサード関連交渉戦略を議論する可能性が大きいということだ。

ギムドンヨプ慶南大極東問題研究所教授は「ティソン長官が日米外相会談後の記者会見で、韓国が政権が変わっても、慰安婦の合意を責任を持って実施しなければならないと、日本側の主張を受け入れたのは、韓国の次期政府に「サード合意」を履行するように無言の圧力を加えたことでも解釈される」とし「サド問題も、米国政府が決定するというメッセージと解釈される」と述べた。


引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=003&aid=0007833760


ふつー、閣僚クラスが会談して、記者会見する時は、会談後に『今日こんな事話したんだよ』と発表する。

だが今回はアメリカ国務長官の会談では、会談前の記者会見。

あれこれ相談する前に『今日は何しに来た。韓国は大切な国だ(棒)』と話してから、ユンユンと話すだけ、中身は発表しない。

まずこれで『日本と比べて扱いが低い。馬鹿にされてる』と韓国人は感じてる。

次に『では食事しながらでも・・』と言ったら、『要らない。別に食べたいもんなんかないし』と拒絶。

これね、文中の格ってところを読み解いて欲しいんですけど、ココが韓国人ポイント。

安倍総理が韓国に行った時には『韓国の要望を飲み、慰安婦で譲歩したら昼飯出してやる』と言って、総理が拒絶して、焼肉食べに行きました。

これは韓国が上という示威行為で、韓国に従わなければ歓迎しないという意味合い。

ところが今回は格上のアメリカに『格を考慮して歓迎準備した』のに拒絶された。

で・・これはヤバいんじゃないか・・と感じてるという事でしょう。

大統領候補は日韓合意を破棄、サード延期か破棄と言っており、いまさら転換できない。

在韓米軍撤退論もあり、進退窮まったというところでしょう。







日韓断交に向けて1日1クリックお願いします


賛同出来たらリツイートお願いします m(_ _)m
更新情報はこちらでもお知らせします (゚ー゚)ニヤリ