1

日本の海上自衛隊の最大護衛艦出雲(いずも)が、米軍艦艇保護の任務のため、1日神奈川県の横須賀基地を出港する。

NHKはこの日、海上自衛隊が安全保障法に基づいて、北朝鮮に対する警戒活動を行っている米軍艦艇を守る任務を初めて実行すると報道した。

また、稲田朋美防衛相が、米国側の要請を受け、海上自衛隊の米軍補給艦保護任務を命令したと伝えた。


日本のこのような動きは、朝鮮半島有事の際、日本の自衛隊の戦争支援を準備する措置という点で関心を買っている。

1万9500t級軽空母出雲は1日午前、横須賀基地を離れ、米国海軍補給艦を守りながら房総沖から四国海域まで航行する。

米軍補給艦は北朝鮮の弾道ミサイル発射などを警戒する目的で、日本近海での情報収集活動などをする太平洋艦隊所属の軍艦に材料を提供する予定である。

カールビンソン空母に材料を支援する可能性も大きい。カールビンソン空母は、北朝鮮の追加挑発を抑制することが目的で、東海で韓国海軍と合同演習に突入した。

平時の米国軍艦防護は、昨年3月に発効された安全保障法に基づく自衛隊の新たな任務である。

南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加した陸上自衛隊部隊に付与した「出動警護」に続く任務であり、米軍の武器や装備などを保護する自衛隊員が必要な最小範囲で武器使用が可能である。

最近になって、日本の朝鮮半島危機に乗じて、自衛隊の活動の拡大に拍車をかけている。


日本政府は、4月28日の閣議で、北朝鮮がサリンなどの化学兵器を搭載した弾道ミサイルを日本に発射する場合には、自衛隊がミサイルを迎撃して化学兵器を無力化させることができるという内容の答弁書を採択した。

答弁書は「政府としては、すべての事態に万全の準備をしなければならないので、サリンなどの化学兵器が搭載された弾道ミサイルの取り組みについても絶えず検討している」と述べた。

日本は第二次世界大戦後、外国から武力攻撃を受けたときにのみ防御次元の攻撃だけ認める専守防衛の原則を固守しているが、北朝鮮の脅威論を名分に、自国が攻撃を受ける前にミサイル発射など異常兆候が発生した場合、相手国を先制打撃することができる「敵基地攻撃能力」を備えなければならないという主張が自民党を中心に出ている。

安倍首相はこれに関連し、「自衛隊が敵基地攻撃能力を保有する計画はない」と言いながらも、「日米同盟全体の抑止力強化のためには、常に様々な検討をする」という言葉に肯定的に検討することを示唆したことがある。


引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=003&aid=0007927562



当然ですけど、大統領選挙まで約1週間となり、内政ニュースは大統領選一色。

外交ニュースは、トランプ大統領のサード予算要求の批判記事が圧倒的に多い。

ぽつぽつと日本批判もありますが、サード予算は突っぱねたい・・でも突っぱねたらFTA等の報復が怖い・・かとって受け入れられない・・今回は中国に付くにも今更受け入れてもらえない。

サード予算要求は日本が悪い!とは言えないし、あと1週間待てば新大統領が解決すべきだって雰囲気に見えますね。

トランプ大統領発言で、自主防衛を叫ぶムン・ジェインは支持されてますし、中道や保守は政策がばらばらで候補一本化は難しく時間も無い。

ムン・ジェインが当選としても、トランプ大統領相手にどこまで突っぱねられるか。

先日、『中国に韓国は小国ではないと言ってやる』と息巻いてた韓国の政治家が、中国に行ったら『韓国は小国ですので』とペコペコした事が判明し批判されてますので、ムン・ジェインが突っ張れられるかも疑問。

半島危機も遠ざかったように見えますが、北に核がある限り問題は解決せず、いずれ再燃する。

秋になるのか、2年後か、備え始めた日本を批判して、当の韓国は『戦争になんかならない』と不感症。

1週間後、ムン・ジェインが当選したら米中に対して強気の攻勢は掛けられませんから、おそらく日本批判で幕を開けるんだと思いますが、安倍政権がどう対応するかは、日本人が安倍総理の背にちゃんと手を添えて援護できるかにかかっている気もしますね。