d407c08f0b86ac5a029517b3cff23b08

2009年5月25日未明、烽火山フクロウ岩の下にいた。

ノ・ムヒョン前大統領の自殺取材チーム長に派遣された現場で目撃した赤黒い鮮血は韓国政治史の悲劇だった。

草の葉や岩のあちこちで凄惨な痛みと焦燥が伺えた。

その死を思い、血は雨水に洗い流されただろうが、親盧(親ノ・ムヒョン)グループの胸に染まった血痕は簡単消えないようだった。


キム・クァンジン前国防部長官が国軍サイバー司令部政治工作関与の疑いで11日逮捕された。

巷では、検察の刃が、当時最終指揮権者李(MB)前大統領に向かっているという観測がある。

イ・ミョンバク元大統領は12日、バーレーンに出国し、「過去6ヶ月間の積弊清算を見ながら、これが果たして改革か、感情的な政治報復かという疑問を持つ」と述べた。

パク・クネ大統領は犯した罪の代価として刑務所に閉じ込められ、親盧グループは、イ・ミョンバクの拘束を望んでいるという分析が掲載される。

ムン・ジェイン政府に入って、能力のある職員も次々閑職に追いやられている。

イ・ミョンバク政府と朴槿恵政府でよく尽くしたという理由で反逆者扱いを受けている。


米国やフランスなどでも保守と進歩があり、進歩の保守政権が交代すると、報復対象と範囲が限度を超えているというため息が公職社会に満ちる。

朝鮮半島情勢は韓国戦争以降、64年ぶりに新たな段階に入っている。

ベトナムのダナンで10〜11日に開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議では、韓半島周辺4強が北朝鮮の核問題をめぐりどの水面下の議論をしたのか語られている。

レックス・ティソン米国務長官は、北朝鮮圧迫と制裁でキム・ジョンウン政権が動揺していると指摘した。

ロシアRIAノーボスチ通信は「先月列国議会同盟総会で北朝鮮代表団がアメリカを核兵器で攻撃するという脅威が込められた手紙を、ロシアのプーチン大統領に伝えた」と11日報道した。

中国人民解放軍は、キム・ジョンウン政権急変事態時、北朝鮮の領土の内部進入線を数㎞に設定するか検討に入ったというニュースも聞こえてくる。

しかし、韓国は、複数の罠に閉じ込められ国力を集めていない。

国の目と耳である国家情報院は、元院長らに対する捜査で、事実上麻痺状態だ。

臨界点を超えると状況が変わる。


すべて団結して、韓半島大転換の時代を準備して作って行かなければならない。

廃族の無力感に包まれた親盧グループは、すでに権力を占めていなかった。

今では過去の過ちを恨んで、分裂を招く状況ではない。


引用元 https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&tl=ja&u=http%3A%2F%2Fnews.naver.com%2Fmain%2Flist.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dsec%26sid1%3D110


ちょっと翻訳が難しかったから、細かいところはちょっと違うかも。

韓国の政権は・・中国もだけど、基本的には王朝の交代だから、政権交代後の粛清をするなっていうのは無理な話。

一応は疑わしき疑惑を探し出して、ざっくりと予定調和の司法手続きしてるだけましじゃない?

首に縄付けて銃殺したいところだろうけど、流石にそこまでしてないんだから、北朝鮮よりは近代国家を模倣してる。

とはいえ一審判決が結審もしてないのに、有罪ありきでやっちゃうところが韓国だけど。

韓国の場合、外交も安保も基本は国内政治の派閥闘争の具だから、国外なんて別に二の次なんだよね。

幕末に殺し合ってた討幕派と佐幕派が、外圧の軍事力を見て『こりゃいかん。国内でやってる場合じゃなか』と開化に方針転換したのとは逆。

朝鮮戦争で北から猛烈に攻められてるのに、団結どころか内部で『お前アカだな、いやお前がアカだ』と殺し合ってたんだから。

韓国の恨・・ハンとは、叶えられない望みや夢に対するもどかしさや無力感、どこにぶつけていいかわからない不満と言えるんだけど、それをわかってる人が出て、生贄を見つけると一気に表面化する。

高度成長に置いていかれた中流以下、既得権益に届かない若者、そういう不満がパク・クネ前大統領というニンジンに飛びついて止まれなくなってる。

ムン・ジェインもコントロールしようとしてるけど、当選するまで『やれ、もっとやれ』と焚きつけていたから、無理に止めれば刃が自分に向くとわかってる。

前にも書いたけど、韓国人の願望を突き詰めるとキム・ジョンウンになる事だから、全国統一韓国人『恨』トーナメントが終わるまで待った方がいい。

その時、相手は一人になってるからね♪