1

[アンカー]


今日(8日)の単独報道で開始します。 まず、慰安婦の合意後続対策の単独報道です。

前大統領府は明後日水曜日に予定され、大統領の新年記者会見頃に入場を出すと明らかにしたが、JTBC取材結果、大統領府は、日本側が渡した支援金10億円を日本に戻って返すことの方針を最終確定したことが確認された。


事実上、日韓慰安婦の合意は、破棄されることです。


ガンギョンファ外相は明日婦合意処理の方向を発表するとしたが、すぐこのような内容が含まれていると思われます。


ジョンジェユン記者です。

[記者]

慰安婦被害おばあさんはこれまで慰安婦の合意に基づいて、日本に10億円を返して与えるよう求めてきました。

【金復東/慰安婦被害おばあさん(1月4日):おばあちゃんは、(日本政府が与えた)が慰労金を到底得ることができない。]

大統領府は被害者ハルモニたちの意見を尊重し、このお金を日本政府に返還する方針を立てたことで確認された。

青瓦台側は「まだ公式発表はなかったがそのような基調は確定した」と言いました。

これは、最終的に事実上の合意破棄を意味します。


日本が受けない場合には、残りのお金を使用せずに預託しておくという立場です。

青瓦台の関係者は、「日本が見せてきた立場で見た場合に返されませないとする可能性が高い」とし「(10億円を)預託しておいて、後日韓関係が解ければ、返還を再度議論をするとされている」とし「日本がどのように出ようかかわらず、私たちの立場を伝えたい」と明らかにした。

すでに慰安婦たちに支給したお金も、政府の予算に変えるだろうが関係者は付け加えました。

政府はまた、既存の合意が国際人権基準に達していないという点を強調することにしました。


引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=437&aid=0000171964


いま21時40分。これは韓国で20時の報道。速報翻訳です。

ヤフーニュースは『破棄はない方向』と書いてますが、韓国は破棄で決まったようです。

全面対決だ。

追加あれば、また載せます。続報出てます。0時更新で。