1

外交部が9日、日韓婦合意処理の方向と関連した政府の立場を発表する予定の中、この日の発表には、合意の再交渉や破棄の措置は追加しない見通しだ。


また、慰安婦和解金10億円(107億ウォン)の処理方向にも言及するものと見られる。

カンギョンファ外交部長官が直接政府の立場を発表する予定である。


政府は、最終報告書を発表後、被害者中心のアプローチに原則に基づいて、政府の立場を言うという点を強調してきた。


これにより、合意に大きい欠陥があったと指摘した最終報告書の発表以来ムン・ジェイン大統領、カンギョンファ長官、チョンヒョンベク女性部長官などは、直接慰安婦の意見を聴取した。

ただし、政治的要素や外交関係などを考慮して再交渉や破棄手順は踏まないと思われる。

この過程で、日本側のフォローアップを要求する可能性が高い。


既に外交部は韓日、日本軍慰安婦の合意の立場を日本に説明したものと伝えられた。

当時、日本が和解金名目で出した10億円の処理するかどうかも関心事だ。

政府は、日韓慰安婦和解金10億円を日本に返還することにしたという一部の主張に対して真実ではないと述べた。

もしこの金額をすぐに返すならば、事実上合意破棄に対応するものである。


すぐの返還はありませんが、示談金名目で支給された10億円で「治癒金」として支給された46億ウォンを政府予備費に充当している金融機関に預ける計画と分かった。


先に慰安婦被害者である金復東祖母はカンギョンファ長官と会った席で「お金から私たちの政府が(予算に)合わせて、日本に返還する」と述べた。

これに対しカン長官は「心配している」とし「韓国政府にそのようなお金がある」と答えた。


引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=421&aid=0003139031


破棄再交渉は回避と言う国内報道と、破棄10億返還と言う韓国報道、どちらが飛ばしなのか。

朝日と韓国ってどっちもどっちの親類だから、どちらが本当か分かりません。

韓国の記事を数年読んでいる1人としては、破棄した大統領府と破棄したくない外交官僚の駆け引きも感じます。

ただ基本的には、韓国としては『破棄と言って断交されたら貰えるもの貰えないから、追加処置と言って、何か引き出して、引き出せたら弱みがあるのを認めたとして引き続き殴って、延々と取り続けよう』というのが本音でしょう。

ただ追加処置と言う時点で、再交渉に他ならない。

韓国は努力目標の慰安婦像の移転も実現させていない中で、韓国的にはまずは日本を叩き続けられる立場をキープしたい訳です。

総理の手紙が実現したら、教科書載せろと言うし、教科書載せたら韓国来て土下座しろと言うし、土下座したら竹島云々とか陛下云々言い出しますからね。

仮に慰安婦全員が満足する事があっても、生活の不満が多く当たり散らす相手のいない一般韓国人の処罰意識が満足しないから終わる事はないです。

ここは日本としては断固として拒絶して、韓国の反日を煽り、結果として反米を引き出したうえで、中国韓国北朝鮮の対立国家と、日米の海洋国家の対立構造に持っていき、将来の礎とすべきと思いますね。

とにかく中国韓国北朝鮮とはどうやっても和解できませんし、価値観からして互いに異物であるので、政治的に袂を分かつ覚悟をして欲しいところです。