1

政府が9日、12・28日韓慰安婦の合意について、真の解決策になることができないながらも、日本には再交渉や破棄などの要求をしないことにした。


これは、日韓関係の重要性を考慮すると同時に、日本軍慰安婦被害者の意見を聴取した「折衷」の次元と分析であるが、一部では、日韓慰安婦の合意を「密室・拙速合意」に規定していた慰安婦TF結果に満たない結論との議論も頭を持ち上げる姿だ。

カンギョンファ外交部長官は同日、政府の立場を発表し、「日本に再交渉を要求しない」と明らかにした。


彼女は「被害者である祖母の意思を反映していない2015年の合意は、日本軍慰安婦被害者問題の真の問題を解決することができない」という点を明らかにした。


しかし、「2015年の合意が両国間の公式の合意だったという事実は、否めない」と日本政府に再交渉を要求しなかったという点も強調した。

代わりに「日本が自ら国際普遍基準に基づいて真実をありのまま認めて被害者の名誉、尊厳回復と心の傷の治療のための努力を続けてほしい」と促した。

日本政府が出演した和解治癒基金10億円を全額、韓国政府の予算で充当することにして、今後この部分について、日本政府と協議していくことを明らかにした。

日韓慰安婦の合意の批判的な立場を維持しながらも、実質的に再交渉や破棄はないという点を明確にしたものである。

政府としては、隣接した国家として密接な関係を結んでいるうえ、北朝鮮の核危機など域内の懸案引き続き協力していくことが、日本との関係が悪化する事をできるだけ避けようとしていたものと思われる。

したがって、日韓慰安婦の合意の不当と被害者の主張を認めるが、日本に積極的に要求するよりも合意を通じて国内的傷を癒すに向かって焦点を当てたものである。


先にムン・ジェイン政府は慰安婦の合意など歴史問題やその他の韓日関係の発展と両国間の協力を並行推進するという「ツートラック」戦略を明らかにした。

破棄や再交渉宣言をした場合、韓日関係に迫ってくる余波の悩みがこの日の発表に如実に現れたものと思われる。


外交部当局者はこの日、立場を発表した後、記者たちと会って10億円を韓国政府が用意するということは、最終的に慰安婦の合意を続け履行しないというのか」という質問に「ない」とし「その部分を悩んでいくだろう。これからどうするかは日本側と基本的に協議していくことで詳細を確認しなければならないだろう」と答えた。

しかし、一部では、このような「折衷案」用意を置いて批判も出ている。

合意の不当性を認識しながらも、当事者である日本側は事実上、実体的な要求をしていないからである。 韓国側が要求した「責任ある措置」の場合、日本側が受け入れない可能性も大きい。

慰安婦TF調査結果によると、韓国政府は、慰安婦の合意前、日本政府内閣次元の謝罪や安倍晋三首相の謝罪の手紙など様々な追加措置を要求したが、日本が拒否し合意はそのまま進行されたことがある。


ヤンギホ聖公会大日本学科教授は、CBSノーカットニュースと通話で「10億円を返すのは、「日本と協議していく」として和解治癒財団解散については、「世論を聴取する」とするとし「結局、韓国政府としては国内的措置だけで、日韓関係争点化することはありませんという宣言だ」と分析した。

両教授は、「日本と議論していくとすると(最終的には日本が受け入れる可能性がほとんどなく、)被害者と支援団体の立場では、原点に戻ったことになる」と付け加えた。

すぐに日韓慰安婦の合意の無効化を主張していた慰安婦被害おばあさんたちと、被害者団体の間では「欺瞞行為」とは、批判が強まっている。

日本も反発している。 河野太郎外相は記者会見を開き、韓国政府のこの日発表について「韓日慰安婦の合意を実行していないことを日本として受け入れることができない」と強調した。

続いて「韓日の合意は、最終で不可逆的に合意されたもので、国際社会でも高く評価されている」と従来の日本政府の立場を繰り返した。


引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=079&aid=0003053399


他の報道見ると『破棄すると日本側が硬化してまずいので枠組みだけは残すが、履行せず無視する方法』という表現がありました。

要は韓国人は慰安婦の為と言うより、反日に使える慰安婦という道具を手放すのが『今回も』惜しくなったという事です。

韓国人は『道徳的優位性と言う絶対権』を信じていますので、合意で終わりという事に耐えきれない。

日本は合意で黙らせるが韓国は一方的に殴れる権利が欲しかったのに、それが出来ずに地団駄踏んでる。

河野外相も一切応じないと切り捨てましたし、あとは日本側の拒否を持って、韓国側で挺対協が反日意識を盛り上げ、韓国側から破棄と言わざるを得ない状況を作った方がいい。

挺対協の目標は、日韓離間ですしね。

また韓国での会見では、『破棄せず合意続行という事なら少女像は移転するのか』と聞かれて、言葉に詰まる場面もあったようですから、韓国側の努力義務をいかに無視して、日本側だけを叩く理由を見つける言い逃れを今後考えてくると思います。