1

政府が韓日間の外交論争を引き起こした2015年「12・28日本軍慰安婦問題の合意」の処理方向を発表した。

カンギョンファ外交部長官は昨日、「2015年の合意は、真の問題を解決することができませんが、両国間の公式の合意だったという事実は、否定できない」とし「日本政府に再交渉は要求していない」と明らかにした。

韓国の信頼を毀損する合意破棄に至っていないのは幸いなことだ。


日本政府が被害者支援のための和解・治癒財団に出演した10億円の場合、韓国政府の予算で充当するもの今後の日本と基金の処理問題を協議することにしたのは、韓日葛藤を憂慮した選択だった。

政府は和解・治癒財団の運営に対しては該当部署で、被害者は、関連する団体、国民の意見を広く収束して後続措置を設ける方針だ。

外交部長官直属で発足した「韓日、日本軍慰安婦被害者問題の合意検討タスクフォース(TF)」は、先月27日、慰安婦の合意に「大きい欠陥がある」という内容の報告書を発表して韓日間外交の波長を呼んだ。 ムン・ジェイン大統領まで出て「内容・手順すべて間違っていた」と指摘した。

そうした政府が日本政府に、最小限の追加要求もしていない急いで合意してしまった。

「こうしようとTFレポートを作ったのか」という批判が出ている。

北朝鮮の核・ミサイル挑発で韓半島の安保が重篤時点で適切な行動と見ることができない。

河野太郎日本外相は、韓国政府の発表が出た後、「絶対受け入れることができない。 すぐに抗議する」とし「韓日の合意は、国家間の約束であり、政権が変わったとしても実現されなければならない」と反発した。

自国の恥ずかしい歴史を直視するなら出てくることができない反応である。

慰安婦蛮行は、日本が百回謝罪しても足りない反人倫的犯罪だ。

今日も日本大使館前で、日本の反省を促す需要集会が開かれる。 1992年以来、1317回目だ。

政府に登録された慰安婦被害おばあさんのうち生存者は31人しか残っていなかった。

日本は一度も応答しなかった。 慰安婦の合意をした後には、傲慢に妄言もためらわなかった。

日本は手遅れになる前に、真正性のある謝罪と行動をしなければならない。

歴史の結び目がほどけてこそ韓日両国が未来に向かって進むことができる。



引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=110&oid=022&aid=0003240809


韓国ブログの読者には承知と思いますけど、韓国の反日・・正しくは侮日は終わりません。

半島統一でも終わらない。むしろ強くなる。

半島の日本に対する侮日が終わるとしたら、日本人か韓国人どちらかが絶滅した時だけでしょう。

韓国の言う日韓融和と言うのは、日本が韓国に永続的に全面譲歩し続ける事で、最終的には日本が自滅する事。

何度も書いてますが、韓国が目指すのはアメリカと中国、それぞれの北東アジアでのパートナーナンバー2になる事。

米中どちらかに絞る事はないです。米中の正妻として、日本をいびり倒したいというのが韓国の本音。

時折、街にまだ世間に出ず一人立ちしてないのにゴロをまく若者がいますが、それと同じで理不尽な暴力や容赦しない暴力を経験せず、何を言っても衆人環視の中で殴られるはずがないという甘え。

韓国人を100万以上殺した中国には何も言わず、味方し続けた日米の大使館前では国旗を焼く。

これを一部の韓国人の行動と言う人もいますが、それは基本的には誤りです。

日本もアメリカも韓国を甘やかしすぎた。80の親に甘え続ける50歳のニートのようなもの。

部屋から引きずり出し、道路に打ち捨てて『あとは一人で生きていけ』とドアを閉め、泣き喚こうがドアを開けるべきじゃない。

日本はドアを開けるべきではないです。決して開けるべきではない。