1

就任初の新年記者会見のムン・ジェイン大統領が新年の挨拶で慰安婦の再交渉と関連して「歴史問題と両国間の未来志向の協力を分離して努力していく」と述べた。

10日にムン・ジェイン大統領はこの日午前10時、大統領府迎賓館での新年辞で「韓国と日本は文化歴史的に多くの部分を共有しています。 両国が共に努力し、共同繁栄と発展を遂げていかなければなり」とこのように強調した。


続いムン大統領は、「私は先週慰安婦被害者お婆さんを大統領府に集めました。 80年以上前に花の少女一人守ってくれなかった国が被害おばあさんたちに深い傷を抱かた」とし「国家の存在理由をもう一度考えています」と述べた。

また「韓日両国間の公式の合意をした事実は否めません」とし「しかし、誤った結び目は解かなければなり」と強調した。

また、「真実を無視した桁で道を出すことはできません。 真実と正義という原則に戻っていきます」とし「歴史を正しく立て直すことは二度と悲惨ことが起こらないように、人類社会の教訓を残して努力していくことです。 大統領として私に与えられた歴史的な責務であると考えています」と語った。


ムン大統領は「政府は、被害者ハルモニたちの名誉と尊厳を回復していきます。 心の傷を癒すことができる措置を取っていきます」とし「このすべての過程で、おばあちゃんの声を聞いて、聞きました」と伝えた。


引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=025&aid=0002788590


この人、基本感情と左派風味の独りよがりな理想に基づく出たとこ勝負なんだけど、基本的に根性はないですね。

矢面には常に部下を立たせる。昨日もカン・ギョンファに言わせて批判を避けようとしている。

韓国外交部と大統領府の対日政策はやや違うようですから、今後大統領府がどういう手で来るか。

安倍総理の訪韓中止、大使の召還、スワップ再開凍結は当然として、対抗処置を日本がどうするか。

本当なら昨日の時点で、発表直後に大使召還すべきだったと思います。

さて今日は水曜日で、日本大使館前では慰安婦集会開く日ですから、挺対協がどう煽るか。

ここで日本が韓国を煽り、韓国人の冷静さを奪って、韓国側が感情的に破棄を叫べば御の字なんですけどね。

日本が制裁に踏み切るかどうか、それはあなたの官邸への意見次第・・ってところでしょうか。