1

もう結構数年前のことである。 私金剛山に一度登って見なければならないと思い、旅行代理店に予約までしたが、パスポートの有効期限が切れたことをうっかり忘れていた。

登ることができず、次の機会に先送りたところ、その間に金剛山観光が中断されてしまった。 いつ山に登って見れるようになるのか。

北朝鮮が平昌冬季五輪参加を宣言し、板門店で南北高位級会談が開かれるなど、新年に入って南北関係に嬉しいニュースが相次いでいる。

ミサイル問題と南北関係がしばらく難しい問題が続いだがうれしい。

この際、南北関係がより積極的な方向に進んで、南北経済協力にも新しい扉が開く事が望ましい。

過去2014年にドイツのドレスデンでパク・クネ大統領は、北朝鮮の3代の提案を盛り込んだ「ドレスデン構想」を明らかにし、「統一は大当たりである」という言葉を残した。

率直に言って、その当時この言葉はちょっと不意に聞こえた。

朴槿恵政府の傾向や、朴元大統領の普段の言動を見ると、南北協力に積極的とは言いにくかったからだ。

後で分かってみれば、その演説を作成した人が朴元大統領ではなく、国政壟断に拘束された人との話もありますが、誰が書いたかではなく、演説に盛り込まれた真正性が重要なはずである。

朴元大統領の意図が何であれ、私は統一は大当たりと信じる。

統一が大当たりである理由は、統一の反対である分断のコストが大きすぎるからである。

より正確に言えば、分断による南北間の葛藤と緊張のコストが非常に大きい。

したがってすぐに全面的な統一は難しいけれども、南北関係が改善され、朝鮮半島の緊張が緩和されると、それだけ大ヒットだ。


分断の費用がどのくらい大きいか簡単に計算しましょう。

突然の開城工業団地の閉鎖による韓国企業の被害規模は、政府試算でも1兆ウォンに達する。

野党、つまり今の与党は、その規模を1兆5000億ウォンと言う。

ところが、いざ開城工業団地から撤退した企業は、直接的被害と間接被害を合わせれば、なんと10兆ウォンに達すると主張する。

サード(THAAD)の配置は、南北関係より北米関係で出てきた問題であるとしなければなら正しいだろうが、とにかく朝鮮半島の緊張が高まって、北朝鮮が核の脅威に乗り出し、起こったことである。

ところが、サード配置の不通が間違った場所に広がって、中国政府が韓国の団体観光を禁止した「限り領(限韓令)」の措置を下した後、韓国を訪れた中国人観光客の数が70%近く減少した。

中国の観光客で活況を享受した免税店と東大門などお店の被害額数18兆ウォンまで増えて雇用40万個消えることができるという話も出ている。

最近、中国ができるだけ規制を緩和すると発表してよかったが、南北間の緊張のコストが非常に大きい。

北朝鮮の核問題がまだ解決されるどころか、解決の糸口さえも作れずにいるが、南北関係の改善はあまりに性急な風ではないかと反問する方もたまにある。

しかし先進政府の対北朝鮮政策が葛藤と緊張の中で進んだ理由は、南北問題を進めなければ皆無というふうにアプローチしたからである。

何の法的根拠も、政府省庁同士の議論もなしに大統領の即興的な口頭指示一言で構成される開城工業団地撤収もそうだ。

すぐに核を放棄し、白旗を持ち上げなければ何の会話もしないようでは、脅威はなくならず、本当に何の問題も解決することができない。

統一は大当たりだ。 しかし、一日の朝に統一が行われるものと信じほど純真な方はいないおられる。

南北問題はすべて、または皆無ではなく、忍耐を持って一歩ずつ進まなければ正しい。

だから一歩進めば一歩だけ大当たりであり、二歩を進めば二歩分の大ヒットだ。

すぐに金剛山観光から再開し、開城工業団地の問題をはじめ、南北経済協力を回復していけば、統一も今からスタートする。



引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=082&aid=0000772512


この方は米朝の事を、朝米と書いてますね。これの意味すること分かりますね?

アメリカより北朝鮮を上とみているという事。

まぁ100年単位で見れば、半島統一は大当たりなのは間違いないが、この方は数多くのデメリットを無視して、短期的なメリットだけを見ているタイプですね。

北朝鮮の社会インフラ整備費用も、共産主義に染まった人々の民主化教育にかかるコストと時間も無視してる。

北と統一すれば、ロシア中国と国境を接し、その時は米軍は撤退してる。どうやって国防を担うのかのコストも無視してる。

ただそれは韓国が北を併合すると考えるからで、朝米と言う方なら北朝鮮が韓国を併合する統一朝鮮を思い描いているのかもしれない。

または核保有した北朝鮮の傘の下に入る同盟関係でも似たようなもの。

どちらにしても世界が団結して北朝鮮の核を排除しようとしている中で、韓国人の意識はこの程度という事である。

彼らは西側の人間でない事が、文面からにじみ出ている。